アスルクラロ沼津、好機生かせず今季2度目のスコアレスドロー 吉田監督「攻撃の変化は今日は出ていた」【171105】

沼津ドロー J3リーグ第30節

 J3リーグは5日、各地で第30節の8試合が行われ、沼津は相模原と0―0で引き分けた。

 (2)愛鷹(2分け)▽観衆2911人
 沼津 15勝9分け4敗(54) 0(0―0 0―0)0 相模原 8勝10分け10敗(34)

 ■沼津のFW陣 好機生かせず
 沼津はチャンスを生かせず、8月の福島戦以来、今季2度目のスコアレスドロー。シュート数は相模原の3に対し沼津は10だった。後半2本のシュートを放った青木は「FWの(攻撃の)精度の低さが出てしまった」と悔しげに語り、攻撃陣の決定力が課題として浮かび上がった。
 身長180~190センチ台の相手DFとの競り合いにも苦しんだ。前半11分、薗田からの左クロスを中村が頭で合わせるもDFに阻まれ枠外。同41分の太田のヘディングも決まらず、後半も惜しい場面が続いた。中村は「どんな相手であっても決めきれる力を付けなければならない」と厳しい表情で語った。
 吉田監督は「どうやってペナルティーエリアに入っていけるかを、トレーニングしていきたい」と力を込めた。

静岡新聞アットエス 2017/11/6 08:10
http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/azul_claro/423811.html

[ 吉田 謙監督 ]
いつもたくさんの方に支えていただいて、心から感謝しています。勝利を届けられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。全員でゴール方向に矢印を向けて戦いましたが、ゴールを割れませんでした。これを乗り越えるには、練習しかありません。また練習でいろんなことに挑みながら、チーム全員で乗り越えていきたいと思います。

競技スポーツなので、1センチ、1秒、いろんなことに根を詰めてやっています。その1センチ、1秒を常日頃から意識していきます。挑戦していかない限り、そこは埋められません。挑戦することで、学び、成長ができます。またチーム一丸となり、信じ合って、協力し合って戦っていきます。

--相手が背の高い選手を揃えていた。
そういった選手を揃えていても、われわれの前へ進む信念は変わりません。トレーニングしてきたのは、相手の背後を狙うこと、その中でも低いボールを入れて前を向くこと。実際にいくつか、その手段で惜しいシーンはありました。攻撃の変化は今日は出ていたと思います。

https://www.jleague.jp/match/j3/2017/110514/live/#coach

試合データ
https://www.jleague.jp/match/j3/2017/110514/live/#live

 

 

741 :2017/11/05(日) 16:04:55.86

優勝争い終戦したかと思ったが栃木が負けたことで首の皮一枚繋がったな
それにしてもあの相手キーパー堅すぎんよ

 

743 :2017/11/05(日) 16:51:14.94

>>741
栃木負けたか。最終節に直接対決で勝った方が優勝なんて展開を期待
秋田の結果次第で3位転落もあるなんてことになるとさらに盛り上がりそう
で、調べてみたら最終節秋田はあのとりぎんだった…

ところであの相手キーパーって川口能活さんのこと?

 

744 :2017/11/05(日) 17:29:44.91

3位後退とはいえ首位とは縮まったのか、しかしなんでこういうときに勝てないかな。

 

745 :2017/11/05(日) 19:59:40.16

>>743
そう川口能活、元日本代表らしい
今日勝ってれば首位立てただけに薗田がゴールした時の青木のファウルが痛すぎる
焦る必要が無いとはいえ試合で出た課題は着実に潰して土台にしねーとどっかでまた躓くぞ

 

746 :2017/11/05(日) 20:48:45.32

>>745
らしい…
そういう世代が出てきたかw

 

747 :2017/11/05(日) 21:11:45.86

>>746
世代も何もサッカー見始めたのは今年からなんだが

 

748 :2017/11/05(日) 21:54:34.21

サッカーファンが増えてるようで何より

 

749 :2017/11/05(日) 22:49:29.10

>>747
日本代表歴代No.1キーパーを目の前で見ることが出来たってのは幸せなことだよ。

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1497834517/