東アジア覇権奪回へ、12月にEAFF E-1サッカー選手権を控える日本代表…国内組にとってはロシアへの登竜門に【171014】

1 :2017/10/14(土) 11:28:38.67

10月にニュージーランド、ハイチとのキリンチャレンジカップ2017に臨んだ日本代表。苦しみながら勝利したニュージーランド戦、そして香川真司の劇的な同点ゴールで何とか引き分けたハイチ戦は、それぞれチームの課題が見えたものの、新戦力のテストという意味でも“消化不良”の感が否めないシリーズだった。

ただ、出場権獲得から本大会までの9カ月間を“第三段階”と位置づける日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、キリンチャレンジカップの2試合に向けたメンバー発表の前段階から、年内にある3つのシリーズをチーム強化の一つのセットとして捉えている。つまり10月の2試合、11月の欧州遠征、そして12月に日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権にそれぞれテーマを設けたわけだ。

10月の2試合は左利きの左サイドバックである車屋紳太郎を初めて招集した一方、これまであまり起用できなかった選手や組み合わせのテストを重視した。11月の欧州遠征はブラジルとベルギーという世界屈指の強豪と対戦できることから、現在のベストメンバーをぶつけて世界仕様の課題を確認する。さらに12月のE-1で多くの国内組にチャンスを与え、来年の残る準備期間に向けた候補の絞り込みをするというプランだ。

ここでE-1の開催意義を過去の大会を振り返りながら整理したい。これまでE-1は東アジアにおける男女のサッカー強化と交流を目的に置き、2003年に東アジア選手権として日本開催でスタート。2013年大会から東アジアカップと改称され、韓国、中国との持ち回りで開催されてきた。そして今年12月8日から16日にかけて行われる第7回大会はEAFF E-1サッカー選手権とさらに名称が変更され、日本が会場となる。

男女の大会が同時期、原則的に試合日をずらす形で行われることが一つの特徴となっている。男子は日本、韓国、中国がシード国となり、もう1カ国は予選で決まる方式。女子はFIFAランキング上位の日本、韓国、朝鮮民主主義人民共和国がシードされ、当初はもう1カ国を推薦で選んでいたが、2008年大会からは男子と同じく予選が行われるようになった。ちなみに韓国開催の時はシードが中国と入れ替わっている。

女子にとっては世界的にも上位国がそろうことから、ワールドカップやオリンピックに直結する絶好の強化となってきたが、男子の場合はFIFAのインターナショナルマッチウィークに該当しないことが大会の位置付けを独特なものにしている。つまり海外組を招聘できないため、基本的に国内組でチームを編成しなければないわけだが、見方を変えれば国内組をテストする格好の機会になっているのだ。特に日本の場合は海外組がチームの過半数を占める中で国内組がアピールできる貴重な場となり、この大会がA代表デビューになる選手も少なくない。

中国・武漢で行われた2年前の大会では1分2敗の最下位に終わり、指揮官が国内組のパフォーマンスを嘆いていたが、今年10月のニュージーランド戦とハイチ戦で2試合連続ゴールを決めた倉田秋が代表デビュー。翌年のリオ五輪で中心メンバーとなる遠藤航や浅野拓磨も同大会でハリルホジッチ監督の高い評価を得るなど、その後につながる収穫もあった。

そして今年12月に行われるE-1は、W杯本大会に向けたテストという意味で、前回よりさらに重要な意味を持つ。韓国で行われた2013年大会は翌年のブラジルW杯に向けたチーム編成に大きな変化をもたらした。それまでチームに組み込まれていなかった選手たちの台頭だ。最終予選を“メンバー固定”で戦ってきた当時のアルベルト・ザッケローニ監督は予選で出場機会の少なかった国内組に加え、一度も招集していなかった選手も大量に招集した。

 

2 :2017/10/14(土) 11:29:04.23

[東アジアカップ2013日本代表メンバー]※所属クラブは当時
GK
林 卓人(仙台)
西川周作(広島)
権田修一(FC東京)

DF
駒野友一(磐田)
栗原勇蔵(横浜FM)
千葉和彦(広島)
森脇良太(浦和)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
鈴木大輔(柏)

MF
青山敏弘(広島)
高萩洋次郎(広島)
高橋秀人(FC東京)
山口蛍(C大阪)
扇原貴宏(C大阪)
柴崎岳(鹿島)

FW
豊田陽平(鳥栖)
山田大記(磐田)
柿谷曜一朗(C大阪)
齋藤学(横浜FM)
工藤壮人(柏)
大迫勇也(鹿島)
原口元気(浦和)

ザッケローニ氏が就任当初から目をつけていたが、「なかなかテストするチャンスがなかった」というMF青山敏弘を始め、前年にロンドン五輪でベスト4に進出したメンバーからもDF鈴木大輔やMF山口蛍、FW齋藤学といった選手が初めてA代表に選ばれた。

当然ながら個々の選手にとって格好のアピールの機会とされたが、Jリーグのレベルを証明するという目的も相まって、合宿からチームの一体感が高まり、初戦こそ引き分けたものの2試合目で中国に勝利。最後は開催国の韓国に2-1で勝利して優勝を成し遂げた。青山の縦パスに柿谷曜一朗が抜け出して決めたゴールを覚えている方も少なくないだろう。

それ以降ザッケローニ監督は最終予選でのメンバー固定がウソのように東アジアカップ(現E-1)組をテストし、チームに組み込んでいく。最終的に国内組から8人がブラジルW杯メンバーに選ばれ、そのうち4人(柿谷、青山、齋藤、山口)は同大会で代表デビューを飾った選手だった。W杯前年の7月、つまり残り一年となった時期に開催された2013年大会に比べると、今回は残り半年というシビアな状況でのテストになる。だが、裏を返せば、ここで良いパフォーマンスをした選手は、勢いでフルメンバーに割って入りやすいシチュエーションでもある。

まず選手たちには“Jリーグの代表”として未勝利に終わった前回大会のリベンジを果たし、自国開催での優勝を目指すことが求められる。各選手が監督の要求に応えながら各自の持ち味を発揮できれば、その先に代表定着の道が開ける。

このE-1を終えると、年明け3月に海外組を含めた最終選考が行われ、5月の本大会メンバー発表へとつながっていくことになる。国内組の選手にとっては、まさにワールドカップに向けたラストチャンス。普段、日本代表よりJクラブを中心に見ているファン・サポーターにとっても、高いモチベーションで挑む国内組の選手たちに注目するべき意味のある大会となるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00010002-goal-socc

 

5 :2017/10/14(土) 11:31:47.98

サッカーどころやないやろ

 

11 :2017/10/14(土) 11:36:41.95

怪我に気をつけないといけない罰ゲーム

 

12 :2017/10/14(土) 11:38:21.65

もう中国より弱い韓国外してオージー呼べよ

 

14 :2017/10/14(土) 11:41:06.77

いつまでやんのこの罰ゲーム
中韓のレベルも下がったし価値無いだろ

 

16 :2017/10/14(土) 11:46:45.61

韓国はロシアに負け、トルコに負け
すっかり負け癖がついたな
ここ4ヶ月勝ちがない

 

18 :2017/10/14(土) 11:47:48.29

失礼トルコでなくモロッコだった

 

22 :2017/10/14(土) 11:55:29.12

東口は外国人のシュートスピードやタイミングに対して経験無さすぎで反応が遅れて3失点

車屋はファールで失点の起点、一対一の場面での球際で奪われまた失点の起点

杉本は動かないせいで味方が縦パスが入れられない。シュートも下手くそ

 

24 :2017/10/14(土) 12:23:31.99

北朝鮮は入国出来るのか?香港とかに話つけておいた方が…

 

28 :2017/10/14(土) 12:47:17.51

いちおう女子ものせときます

[東アジアカップ2013なでしこ日本代表メンバー]
GK
福元
山根
海堀

DF
有吉
石清水
熊谷
宇津木
田中明日菜
山崎
長船
北原

MF
川澄
阪口
宮間
安藤
中島
上尾野辺

FW
大野
大儀見
高瀬
岩渕
菅澤
丸山

 

29 :2017/10/14(土) 12:53:10.04

中国と北朝鮮にとってはワールドカップみたいなもんだから

 

30 :2017/10/14(土) 13:00:15.78

>>2
ここから本大会でメンバー入りしたのは

西川、権田、森重、青山、山口、柿谷、斎藤、大迫

試合に出場したのは
森重、青山、山口、柿谷、大迫

大迫以外はアジア予選に出場してなかった

 

32 :2017/10/14(土) 13:10:32.09

ここ選ばれる選手楽しみだが、果たして無事開催されるのだろうか

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507948118/