“来季昇格できない”沼津がJ3首位に!彼らはなぜ熱く、勝利へ邁進できるのか【170919】

“来季昇格できない”沼津がJ3首位に! 彼らはなぜ熱く、勝利へ邁進できるのか

4位・富山との上位対決は2-0の勝利。

 J3に『下からの風』が巻き起こっている。23節を前にして、17チーム中の首位はブラウブリッツ秋田で、2位がアスルクラロ沼津。いずれも2018シーズンのJ2ライセンスを取得する見込みが立っていないクラブだ。J3からJ2への自動昇格枠は『2』だが、両クラブがこのまま走れば昇降格枠は『0』になる。

 沼津は2014年に地域リーグからまずJFLに入会。J3発足によってクラブが抜け、JFLの枠が空いたことによる昇格だった。昨季のJFLで年間3位の成績を収めて昇格し、今季はJ3初年度を迎えている。とはいえチームを取り巻く状況は吉田謙監督が「Jリーグ全体の中でも下位の下位の下位の悪環境」と語るレベルだ。午前中にボールを蹴り、午後は仕事に向かうというサイクルで、選手たちは生活している。
 
 17日の23節、沼津は愛鷹広域公園多目的競技場にカターレ富山を迎えた。富山は沼津から勝点5差の4位。こちらにとっても4年ぶりのJ2復帰に向けて、上位を叩かねばならないという大一番だった。
 
 台風18号の影響でスタジアムには強烈な風が吹き荒れており、ピッチサイドの看板はすべて撤去。バックスタンドと両ゴール裏の芝生席は入場禁止で、チームフラッグも掲揚されていなかった。
 
 風上を取った沼津が、試合の立ち上がりからラッシュをかける。沼津の先制点は開始45秒。相手のパスを中盤で奪って右サイドに運び、白石智之がクロスボールを送る。上手く裏を取った青木翔太が、ボレーを合わせた。
 
 吉田監督の妙手が先制点につながった。クロスを上げた白石智之は「左で出るはずだったけれど、相手が(中村)亮太の対策をしてきたので右サイド(MF)に入った」と振り返る。空中戦の強い中村に対して、富山は左SBに柳下大樹を起用する対策を採っていた。その裏を突いた試合直前の『サイド入替』が先制点につながった。
 
 後半は逆に強い向かい風を受けることになったが、押し込まれつつ隙を見せない試合運びで逃げ切った。経営規模や「J2で6年戦ったクラブを倒した」という事実を見ればジャイアントキリングかもしれないが、沼津が戦術と内容の両面で上回った2-0の完勝だった。

27年の歴史があるクラブ。「子どもたちの見本になるんだ」という想いで。

 殊勲の白石はチームメイトの薗田卓馬とともに『富士山ドリームビレッジ』という企業に勤務している。「放課後のデイサービスで学校まで迎えに行って、障害児に勉強を教えたり、一緒にサッカーをしたりしている」という大卒2年目の選手だ。
 
 彼は残る10試合に向けて、優勝への思いをこう口にしていた。「2位と優勝は違う。優勝して東部の皆さんに夢を与えて、J2・J1にこのチームで行きたいと思っている。まずは昇格圏内で終わって名を轟かせたい」
 
 繰り返しになるが沼津には昇格の資格がない。ただ群馬県出身、前橋育英高OBの白石にとっては、こんな『モチベーション』もある。彼は苦笑気味にこんなことを明かしてくれた。
 
「僕はザスパを毎試合見ていますが、今調子が悪くて落ちそうという中で、もし沼津と秋田が1位2位でフィニッシュしたら降格はなくなる。少しモチベーションにもなっています。僕はザスパのことばかり言っているので、すごくみんなにいじられるんですよ」
 
 もちろんザスパクサツ群馬が自力で順位を上げれば何の問題もないのだが、J2の降格圏内にいるクラブの関係者やサポーターにとって、沼津と秋田の奮闘は決して小さくない後押しだろう。
 
 それにしても沼津はなぜそんな環境で勝てるのか、戦えるのか――。それを問うた記者に対して、吉田監督はこう語り始めた。
 
「悪環境の中で反骨心がすごく強くて、向上心も持っている。こちらが言わなくても上を目指すんだ、優勝するんだという思いがある。それがプレーに直結している」
 
 記者はこう問い直した。
――その思いは元から選手たちに備わっていたのか? それともそういうカルチャーがあるのか? 何か特別なアプローチをしているのか?
 
指揮官はこう続けた。
「僕らのクラブは今年初めてJリーグに参入していますけれど、27年の歴史があって、子どもたちの見本になるんだという思いでやっている。プレーも美しいものではなく、しっかりボールを追いかける、取られたら取り返すという本質の部分を要求しています。それができる選手しか獲得していませんし、チームに根付いたものでもあると思います。これからもそういう選手を獲っていきたいとも思いますし、沼津はそういうチームだと思ってもらいたい」

静岡県の東部地区には専用スタジアムがない。

 吉田も元々は育成年代の指導者だった。2011年には吉田はジュニアユース(当時の名称はACNジュビロ沼津)を率いて夏の全国大会に出場している。上原力也(磐田)や長沢祐弥(明治大)、塩谷仁(関西大)といった好プレーヤーを擁していただけでなく、スキルを重んじるスタイルだった。
 
 ただトップチームの監督として、彼は180度違うスタイルを実践している。右サイドバックで先発した河津良一は富山戦をこう振り返る。
「奪ったらまず相手の嫌なところ、例えば背後を狙う。それが受け手にも出し手にも、共通認識としてある。何か難しい戦術があるかと言うとそうじゃない。単純に相手の嫌なことをやり続けた」
 
 シンプルだからレベルが低いということではない。沼津はボールを奪った『次』の動きが抜群で、複数の切り替え、動き出しが早い。しかも突くべきスペースのイメージを共有し、連動できている。だからロングキックが単なるクリアにならず収まるし、良い位置にフォローがいる。そこは1試合見ただけで彼らの強みだと分かった。
 
 白石に沼津の強みを聞いたらこんな答えが返ってきた。
「サボる人がひとりもいないですね。出られない選手も、ゴンさんのようなベテランの選手も絶対に手を抜かない。そういうのがチームに浸透している」
 
 中山雅史、伊東輝悦といったレジェンド級のベテラン選手はなかなか試合に絡めていないが、彼らもそういった姿勢でチームに貢献している。
 
 試合前には中山や、累積警告で出場停止だった尾崎瑛一郎が『愛鷹改修及び新スタジアムに関する署名』の陣頭に立っていた。愛鷹のスタジアムはゴール裏やバックスタンドが個席化されておらず、収容人員も1万人。J2ライセンスの確保に向けて、スタジアム問題が最大の壁になっている。
 
 吉田監督はこう説明する。
「静岡には素晴らしいサッカーの歴史があって、日本平、ヤマハ、都田、藤枝とサッカー専用スタジアムが多い。でも静岡県の東部地区だけそういうスタジアムがない」

地域の人の心に火を灯すために――「勝つ以外の近道はない」

 沼津や三島、函南といった東部地区も小野伸二や高原直泰、内田篤人を輩出した『新サッカーどころ』だが、施設面は中西部に後れを取っている。じっと時を待つのも手かもしれないが、彼らは自力で地域住民を巻き込み、静岡県を動かす「風」を起こそうとしている。
 
 吉田監督はこう力説する。
「地域の人が熱く盛り上がれるようなスタジアムを作るには、そういうサッカーを続けていくことが必要。いかなる理由があろうと、勝つ以外の近道はありません。悪い環境の中でも、全力で勝ち続けることが、地域の人の心に火を灯すだろうと信じて、スタジアム建設に向けて走り続けていきたい」
 
 秋田が1-2でYS横浜に敗れたことで、沼津はついに暫定首位へと浮上した。富山戦は嵐の吹き荒れる中、1574人の観衆が集まった。Jリーグの熱き新参者が静岡県の東部から風を起こし始めている。
 
取材・文:大島和人(球技ライター)

サッカーダイジェストWeb 2017年09月19日
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=30126

 

6 :2017/09/19(火) 12:17:42.23

いろいろ真っ黒すぎる群馬がここで助かっても来年落ちて死ぬと思うw

 

8 :2017/09/19(火) 12:20:42.07

昇格基準満たして無いクラブはどうやってモチベーション保ってるの?

 

25 :2017/09/19(火) 12:29:19.78

>>8
スタジアムの新設or改修する為の交渉材料としての実績を積む為

 

9 :2017/09/19(火) 12:21:27.13

早くスタジアム作ってくれ
悲しいよ

 

10 :2017/09/19(火) 12:21:53.13

沼津は空気読まないよな

 

12 :2017/09/19(火) 12:22:22.53

前沼津いったら異様だった
アニメだらけ

 

14 :2017/09/19(火) 12:23:09.11

どの昇格基準を満たしていないのか書いていない…
多分スタジアムの規模とかなのかな?
ていうか他の項目も全然なんだろうけど

 

18 :2017/09/19(火) 12:25:22.90

>>14
J3→J2の場合は、ほとんどの場合スタジアム
JFL→J3ならそれ以外(財務・観客動員)で引っかかるところも多いけど、J2J1になるとスタジアムが一番のネック

 

19 :2017/09/19(火) 12:26:10.18

>>14
沼津はスタジアム

http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/azul_claro/303217.html
J2に昇格するには固定の観客席1万席が、J1では1万5千席が条件となる。愛鷹の固定席は5千。バックスタンド側は芝生席で、固定席に改修しなければ昇格に必要なJ2ライセンスの取得すらできない。

 

17 :2017/09/19(火) 12:23:43.35

優勝目標ならそれなりのモチベーションはあるだろう
選手個人も個人昇格にもつながる

ライセンス持ちはJ2という目標はあるが、昇格したらどうせ選手入れ替えるんだろ・・・な選手もいるだろうな

 

63 :2017/09/19(火) 12:59:20.44

>>17
秋田も沼津も主力は全員昇格するまで残る
「俺は昇格させたい!」って選手ばかりだから

 

71 :2017/09/19(火) 13:13:36.26

>>63
そういう一体感が他のチームより順位が上の要因にもなってるけど
沼津に関しては2年そこらでなんとかなる話じゃないから、気持ちはありがたいが巣立ってほしい面もあるね
TVとかで首脳陣はお前ら上がっていけみたいなことは言ってたが。

スタジアムは事実上土地の問題だね
金はイザとなったらなんとかしてくれそうだけど、土地ばかりは・・

 

20 :2017/09/19(火) 12:26:27.64

あのクソ知事にもめげず、秋田は頑張っているよ
沼津は攻撃力だけなら、J2でも上位かも?

 

21 :2017/09/19(火) 12:27:10.77

しかし27年も歴史あるのか?本当か?

 

43 :2017/09/19(火) 12:34:44.61

>>21
トップチームは地域で細々とやっていたけど、
中学生年代までの育成は元々日本でもトップレベルといっていいくらい(磐田や清水のユース選手の供給源)

いくら静岡とはいえ、トップチームでJ目指そうって時に観客動員クリアできたのもそういう土壌があったのもある

 

26 :2017/09/19(火) 12:29:56.34

監督他スタッフが優秀なんだろうな。
来年は監督スタッフ達が個人昇格するんじゃないか?

 

27 :2017/09/19(火) 12:30:01.85

秋田も当然スタジアム
http://www.sanspo.com/soccer/news/20170630/jle17063017120006-n1.html
サッカーJ3ブラウブリッツ秋田は30日、J2昇格に必要なスタジアムの要件が満たせなかったとして、来季のJ2ライセンス申請を断念したと発表した。今季は負けなしで首位に立っているが、昇格は見送られることになった。

一方で、秋田県と秋田市がスタジアムの整備を計画していることを踏まえ「整備方針が示されることを前提に、来年はライセンスを申請し、最短で2019年にJ2で戦いたい」と強調した。

 

29 :2017/09/19(火) 12:31:12.56

目新しいので鹿児島や秋田に頑張ってほしいんだが
秋田はライセンスないのか

 

34 :2017/09/19(火) 12:32:27.94

>>29
鹿児島はJ2ライセンス持ってるの?

 

45 :2017/09/19(火) 12:36:40.44

>>34
調べたら鹿児島もまだないみたいだね

 

30 :2017/09/19(火) 12:31:29.20

J3クラブのほとんどは基準を最低限まで緩めることでやっとJリーグに属することができてる
これ以下はないんだよ

 

31 :2017/09/19(火) 12:31:35.79

秋田は知ってたけど沼津も上がれないクラブなのか
J3はどのクラブが上がれるのかよく分からん

 

57 :2017/09/19(火) 12:50:25.81

>>31
今季開幕前はこんな感じ

◆ギラヴァンツ北九州 Jライセンス:J1
◆栃木SC Jライセンス:J1
◆AC長野パルセイロ Jライセンス:J2
◆ブラウブリッツ秋田 Jライセンス:J3
◆鹿児島ユナイテッドFC Jライセンス:J3
◆カターレ富山 Jライセンス:J1
◆藤枝MYFC Jライセンス:J3
◆FC琉球 Jライセンス:J3
◆G大阪U-23 Jライセンス:-
◆F東京U-23 Jライセンス:-
◆SC相模原 Jライセンス:J3
◆C大阪U-23 Jライセンス:-
◆グルージャ盛岡 Jライセンス:J3
◆福島ユナイテッドFC Jライセンス:J3
◆ガイナーレ鳥取 Jライセンス:J2
◆Y.S.C.C.横浜 Jライセンス:J3
◆アスルクラロ沼津 Jライセンス:J3

■J3順位表 ★昇格資格あり
1位 沼津(勝ち点45/得失点差+32)
2位 秋田(勝ち点44/得失点差+20)
3位 栃木(勝ち点43/得失点差+14)★
4位 鹿児(勝ち点38/得失点差+6)
5位 富山(勝ち点37/得失点差+9)★
6位 長野(勝ち点35/得失点差+7)★
7位 北九(勝ち点33/得失点差+10)★
8位 琉球(勝ち点32/得失点差+6)
9位 藤枝(勝ち点30/得失点差-4)

 

33 :2017/09/19(火) 12:32:04.49

選手は個人昇格もある
J2で点の取れてないチームは沼津の選手の獲得に動いた方がいいよ

 

42 :2017/09/19(火) 12:34:26.92

>>33
二桁得点がすでに五人もおって、どれ選べばいいかわからない…

 

37 :2017/09/19(火) 12:33:44.46

いや、群馬の問題は他にもあるから

 

39 :2017/09/19(火) 12:33:55.72

ラブライブ盛り上がってるうちには昇格無理そうか

 

40 :2017/09/19(火) 12:34:11.90

スペインじゃ収容人数5000人程度のスタでも1部で頑張ってるクラブがあるのにな

 

41 :2017/09/19(火) 12:34:11.94

J3で「ジャイアントキリング」って、違和感が…
まあ相対的な比較だからそうなんだろうけど

 

46 :2017/09/19(火) 12:36:43.39

ずいぶん施設の基準のハードル高いな

 

48 :2017/09/19(火) 12:37:57.13

静岡県じゃ無理だろうなぁ磐田と清水があるので
他の地域に移転したらどうか
うまく行けばスポンサーがつくかもよ

 

50 :2017/09/19(火) 12:38:45.30

まあどうせ頑張っても5000人くらいしか入らないんだしJ2基準は盛っても1万人で良さそうだよな

 

54 :2017/09/19(火) 12:43:04.34

スルガ銀行がスポンサーってのも大きいんじゃないか?

 

60 :2017/09/19(火) 12:56:45.04

1万のスタ作ったところで1万人も集まってるJ2クラブが何チームあんの?って話

 

61 :2017/09/19(火) 12:56:53.01

鹿児島は最短で今年J2ライセンス出る可能性ある
改修の進捗次第なところもあるけど

秋田はスタジアムが5000しか入れない
沼津はメインスタンドは立派だけどそれ以外は芝生席
しかもどちらも照明が足りないから夜開催できない

それでもJ2に行ってほしいけどな

 

64 :2017/09/19(火) 12:59:42.81

勝つことで、スタジアム増設に向けての動きが活発にできる
無駄にはならんよ

 

72 :2017/09/19(火) 13:14:23.73

一時的にエコパか草薙陸上競技場をメインスタジアムにする案もあるにはあるな。
あそこは2万に以上入るのにどこも本拠地にしてないしもったいないw

 

78 :2017/09/19(火) 13:36:42.66

>>72
沼津のメインスタが袋井のエコパとかホームの意味がないw

 

87 :2017/09/19(火) 14:50:32.80

>>72
藤枝が年2~3回エコパ(メインのみ)使ってる

 

74 :2017/09/19(火) 13:19:08.28

草津とか前はいいクラブだったけど、いまはメチャクチャ
降格やライセンス剥奪はいい制度だと思う

 

80 :2017/09/19(火) 13:38:19.08

地域にあった箱があれば充分だろうに

 

82 :2017/09/19(火) 14:26:32.35

群馬が残留するのは何か納得出来ないから
栃木に頑張って貰うしかないな

 

83 :2017/09/19(火) 14:34:58.60

群馬は関東2部の図南に現在進行形で乗っ取られつつあるのがな・・・
GMの管原(こいつが元凶)は県協会の実力者で誰も止められないのもアカン

 

88 :2017/09/19(火) 15:05:48.22

何でそんなに人が来ないのにスタジアムの基準はあんなに厳しいの?

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505790907/