ハリルを改めて評価する 日本をW杯に導いた“嫌われ者のリアリスト”【170907】

1 :2017/09/07(木) 19:26:18.40

 2010年から2014年までアルベルト・ザッケローニが率いた日本代表は、「ロマンの時代」を過ごしている。ボールゲームへのこだわりを極め、「左で崩し、右で仕留める」という攻撃を確立。主導を握ってアジアを制し、イタリアを苦しめ、広がる夢があった。しかし、肝心のブラジルワールドカップでは、そのロマンを打ち砕かれるように惨敗(1分け2敗でグループリーグ敗退)した。

 上積みであれ、転換であれ、変化が必要になった。

「引き分けも狙える」

 そういう勝負の駆け引きができる指揮官として新たに監督に就任したのが、ハビエル・アギーレであり、ヴァイッド・ハリルホジッチだったのである。

 では、ハリルホジッチは託されたミッションを果たせたのだろうか?

 正直、人気の高い監督ではない。

 ボスニア系フランス人指揮官は、慎重さを欠いた発言でさまざまに物議を醸してきた。それは一部メディアとの闘争にまで発展している。「Jリーグ軽視」「結果を出している選手を選出しない」「選手の名前を覚えられない」など批判要素は豊富にある。なにより、彼が選択している戦術は(体格的に劣り、ボールテクニックには優れる)日本人に合うか、という議論は燻る。

 ロマンを追ったザッケローニとハリルホジッチはプレーコンセプトが真逆。ザッケローニの戦略は主体的、アクションでボールを持つことに基本があったが、ハリルホジッチの戦略は受け身、リアクションでボールを持たせ、その隙を抉ることにある。サッカーは90分間で局面は入り混ざるモノだが、基本路線が異なる。

「リアリストの時代」

 ハリルホジッチは「ロマンの時代」を捨て、そこに向かっている。現実的な戦略デザインを決めた指揮官は、W杯出場という結果を出した。

 批判を受けながらも、ハリルホジッチは成果を上げている。昨年10月、11月のオーストラリア、サウジアラビア戦で戦術的に優位に立ち、着実に勝ち点を獲得。前線からの強烈なプレスとリトリートを併用し、鋭いカウンターを繰り出した。まさにリアリスティックな采配だった。今年8月のオーストラリア戦でも、敵のポゼッションを完全に標的にし、会心の勝利を収めている。

 不可思議なメンバー選考もあったが、「申し子」と言える選手も生み出した。プレーインテンシティの高い原口元気、久保裕也はその筆頭格だろう。今年8月のオーストラリア戦では、井手口陽介、浅野拓磨が華々しい活躍を示した。大迫勇也、昌子源の二人も先発に定着。乾貴士の選出などは遅すぎた感はあるが、着実に戦力を高めている。

 一方で、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司らザック時代の主力に依存しないチームを作った。長谷部誠の代役を見つけられていないのはマイナス点だろう。直近のサウジアラビア戦も、不在の在を感じさせた。ただ、ハリル色を打ち出しつつある。

「チームを変貌させている」

 その点は正しく評価すべきだろう。それは「人間的に傲慢さが鼻につく」「サッカーが面白くない」とは別問題。リアリストの指揮官として、W杯出場という大きな仕事をやり遂げた。

 もっとも、真価が問われるのはW杯本大会になる。3試合+1試合=決勝トーナメント進出することができるか。そこでリアリストの時代の答えが出る。

小宮良之
1972年生まれ。スポーツライター。01~06年までバルセロナを拠点に活動、帰国後は戦うアスリートの実像に迫る。代表作に「導かれし者」(角川文庫)、「アンチ・ドロップアウト」3部作(集英社)、「おれは最後に笑う」(東邦出版)など。3月下旬に「選ばれし者への挑戦状」(東邦出版)を刊行

16:00配信 アエラ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00000052-sasahi-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170907-00000052-sasahi-000-5-view.jpg

 

3 :2017/09/07(木) 19:27:25.03

なんで嫌われ者って事にしたがるの

 

4 :2017/09/07(木) 19:28:04.73

はいはい 小宮小宮

 

5 :2017/09/07(木) 19:28:16.36

小宮に言われなくないだろハリルも

 

9 :2017/09/07(木) 19:30:15.01

一部にしか嫌われてないし、批判の内容はどの監督も言われた来たことだろ

 

10 :2017/09/07(木) 19:30:51.65

小宮てめええ
柴崎に謝ってこいや

 

18 :2017/09/07(木) 19:34:48.69

Jリーグ軽視って批判がどこから出てくるんだかわからない
ちょっと苦言を呈されてムカついたとかそんな感じかね
実際にはJリーグの選手が予選でも活躍してるのに

 

20 :2017/09/07(木) 19:37:12.43

>>18
ザックだってパススピードとか散々ディスってたのにな

 

51 :2017/09/07(木) 20:10:26.86

>>18
Jリーガーは海外組に比べて劣ってる、みたいな発言があったらしいが、当たり前の話だよな
むしろ乾を呼ばずにガンバの宇佐美とか呼んでたからイライラしたわ

 

22 :2017/09/07(木) 19:39:00.43

代表監督はリアリストで当たり前だろ。
一体今までどれだけ余計なものが多かったんだろうな。

 

24 :2017/09/07(木) 19:39:44.55

基本的にはフィジカルある弱者の国で結果出してるからアジア予選だと間逆
だからわりとよくやったほう、最初はそこらへんの認識甘くて無茶な要求多かったけど学習した

 

26 :2017/09/07(木) 19:40:28.94

フィジカル強化、一対一の強化、守備の間合いをもっと詰める
ハリルが言ってるのはブラジル惨敗の教訓を言ってるだけだわな
こんな当たり前のことを言われて批判するやつは本当にアホ

 

32 :2017/09/07(木) 19:45:29.43

ザッケローニもアギーレも最初は速くゴールを狙うサッカーやってたのに
いつの間にか本田を中心とするオレ達のサッカー派に取り込まれてポゼッション型になっていった。
自分のサッカーを貫けてるホジッチは凄いよ。

 

33 :2017/09/07(木) 19:45:42.83

ちゃんと戦術分析やってるのかね
どちらかと言ったら最先端の戦術だろうに

 

36 :2017/09/07(木) 19:49:15.27

本田香川外した事だけは評価するけど、イラク戦の糞采配は絶対忘れない

 

37 :2017/09/07(木) 19:50:54.60

お前の方が嫌われてるだろ、小宮良之

 

39 :2017/09/07(木) 19:52:15.01

ハリルと違うただの嫌われ者が偉そうだな

 

44 :2017/09/07(木) 20:06:15.56

>>1
傲慢なのは結果だしてるのに
批判してるお前らマスゴミだろ

 

45 :2017/09/07(木) 20:06:44.82

ハリルに傲慢さなんてあるか?
ただ正直なだけだろ
マスゴミへの毒舌も、外から見てる分にはむしろくだらんマスゴミの質問にも一々丁寧に答えてるように見える

 

46 :2017/09/07(木) 20:07:28.00

勝ち負けより強化のみに専念できるこの先の用兵を見て再評価すべきだな
中途採用でWカップ予選を通過したのは評価しよう

 

49 :2017/09/07(木) 20:08:48.28

リアリストなら調子の悪い選手は使わないんだけどな

 

53 :2017/09/07(木) 20:12:03.10

小宮は傲慢

 

54 :2017/09/07(木) 20:13:40.11

予選でいきなり小柄な大島を使ったこと
イラク戦で何もできないまま疲弊し、乾を投入できなかったこと

これは忘れてはならないな

 

55 :2017/09/07(木) 20:16:33.83

最初の大島以外は十分っしょw
変わりに井手口使えるようになったしな
スポンサー制限があるし代表監督は難しいな

 

57 :2017/09/07(木) 20:17:53.18

ハリルって途中就任だからなw
普通もう1年準備期間があったからねえ

 

59 :2017/09/07(木) 20:19:51.87

ハリルに不満があるのは気候に応じた柔軟な戦いができなかったこと
サウジ戦でもUAE戦と同じ失敗を繰り返した

しっかり反省してW杯ハリルで挑んで欲しい

 

62 :2017/09/07(木) 20:23:01.02

個人的には傲慢な人とは思わないけどな
GLの結果如何で世間の評価の明暗が別れると思うわ
GL突破を決めれば監督としての仕事をしたと評価され、勝ち星を挙げられなければダメ監督の烙印を押される

 

76 :2017/09/07(木) 22:12:51.02

傲慢さが鼻につく、ねえ…
選手選考の理由を1人1人詳細に説明して、呼んだ選手にも呼ばなかった選手にもゲキを飛ばす監督なんて初めてだけど

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504779978/