代表正GKは、川島永嗣でしかあり得ない。専門家がみる3つの理由【170830】

1 :2017/08/30(水) 20:24:16.60

明白な差があるものを、説明することは難しい

勝てばロシアW杯出場が決まる、運命のオーストラリア戦を31日に控えるサッカー日本代表。その正GKである川島永嗣には、常にファンからの毀誉褒貶がつきまとってきました。いわく「ミスが多い」「技術が低い」……しかしあるGKの専門家は、そうした視点を真っ向から否定。「正GKは川島以外あり得ない」とまで言い切ります。その根拠は何なのか? 元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣氏にお話を伺いました。(文:山野陽嗣)

■明白な差があるものを、説明することは難しい

明らかに差があるものについて、改めて「どう差があるのか」と説明するのは難しい。「川島永嗣と他の日本人GKの差を説明してほしい」と言われたときの心境は、こうしたものだった。

それほど川島の持つGKとしての能力(技術、フィジカル等)、経験、実績は、他の日本人GKと比べ明らかに上回っている。川島とその他日本人GKとの間には、ちょっとやそっとでは埋めがたい差が存在する。「見れば分かる」「見ても分からない者には、どんな説明をしても分からない」そういうレベルの「大きな差」だ。

岡田武史、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァヒド・ハリルホジッチ……4人の監督が全員一様に、正GKに川島永嗣を選択し続けてきた。川島と、それ以外の日本人GKとの間に「明らかな差」がない限り起こりえない現象である。

決して、「僅差」ではない。仮に「僅差」だとすれば、かつての日本代表のライバル同士だった川口能活や楢崎正剛の時代のように、監督やその時の調子、チーム状態やスタイルなどによって、正GKが代わったはずだ。ところがこの8年間、誰が日本代表監督になっても、どんなチーム状態であろうと、どんなスタイルのサッカーであろうと、川島永嗣一択できたのだ

では、その「差」とは具体的に何なのか。4人の日本代表監督とそれぞれの監督についたGKコーチたちの目線に立ち、日本代表のGK陣が彼らの目にはどのように映り、どう評価して川島を正GKで起用し続けてきたのか……GKを語る上で重要な「3つ」の要素…1「技術」、2「フィジカル」、3「経験と実績」から、「川島と、川島以外のその他日本人GK」を比較したい。

GK川島永嗣の技術は、突出して高い

まず、「技術」。多くのサッカーファンが「川島は派手なスーパーセーブを見せるが、ミスが多い。技術は決して高くない」と思っている。しかし、それがそもそもの間違いだ。もし本当に技術が低ければ、4人もの日本代表監督やGKコーチたちが、川島を正GKで起用するわけがない。

スーパーセーブや反応の速さばかりが目立つが、川島はGKとしての細かな技術も他の日本人GKと比べ頭一つ抜けて高い。それは、日本代表のGK練習を見ても明らかだ。川島は、他のGKがキャッチできないボールでも、難なくキャッチする。例えば柏の中村航輔は今、Jリーグで最も注目されている日本人GKの1人であり、巷では「川島より上」という声もある。だが日本代表のGK練習を見ると、川島が難なくキャッチできるボールも、中村はファンブルしてしまうシーンが目立つ。

技術的な話をすると、正面からやや離れた位置にボールがきた際、川島は手だけで取りにいくのではなく、しっかり足を運んでボールに正対し、最後までボールを目で見てキャッチする。これが1本1本のキャッチングの成功率を上げるのみならず、キャッチしそこなった場合でも、ボールに正対しているので体が「壁」という保険となってゴールを守ってくれる。川島は何でもないキャッチング練習から、1本1本そこまで考え、計算してプレーしているのが伝わってくる。

逆に中村は、ボールに対して足を運んで正対せず、その場から「手のみ」でのキャッチにいってしまう癖が見られた。この癖により、ファンブルが生まれてしまっていた(ファンブルの要因はそれだけではないが、重要な要因の1つ)。

他にも「差」はある。ボールを受ける前の「構え」。川島は上、下、横……どこにボールがくる時も、股を大きく空けずに構えている。これは、股下を抜かれる危険を常に警戒し準備している事を意味する。また、この構えだからこそ、セービングへの一歩目やステップもスムーズかつ速くできる。

逆に中村は、肩幅より股を大きく空けて構えている事が多い。この状態だと、股下に速いボールが突然きたら、股下を抜けてゴールに入ってしまう。また、この構えからは一歩目が出にくい上、ステップも踏みにくい。実際、練習でも一歩目やステップが上手くいかないために、その後のキャッチングやセービングにまで悪影響が出てしまい、ミスしてしまうシーンが見られた。

他にも技術的な差はたくさんある。GK練習の最中、日本代表GKコーチのルグシッチは、何度も中村に対して技術的な間違いを指摘していた。それくらい、一流のGKコーチから見たら「明確な問題点(改善点)」が中村には多々あるということだ。

プレジャンプの動作が大きくなり過ぎてシュートへの対応が遅れて失点してしまうGKも日本では多いが、川島はその技術も洗練されている。ポジショニングのミスも非常に少ない。パンチングの飛距離も日本人GKの中で群を抜いている。

もちろん、前述の「ボールに足を運んで正対してのキャッチ」も「構え」も、川島がこれだけ細かなところまで徹底してプレーしていても、それをさらに上回るシュートがきたらキャッチできなかったり、股を抜かれてしまう可能性はある。だが重要なのは、どんなに簡単(そうに見える)技術練習であっても、1本1本の技術を行なう際には必ず「失点のリスク」から逆算し、1%でも失点する確率を減らすプレーをしているかどうか…という点だ。監督やGKコーチは、そういう細かなところまで見て評価を下している。

川島のフィジカルは、日本人GK最高レベルにある

2つ目の重要な要素、「フィジカル」。仮に、全く同じ身長・体重・反応速度・技術をもつGKが2人いたとする。そして、両者の唯一の差は「フィジカル」だとする。すると、どうなるか? 

フィジカルが強い方のGKは、単純に飛べる飛距離が長く、守備範囲が広くなる。身長、体重、反応速度、技術が全く同じなら、より遠くに飛べるGKの方が、より多くのボールを止められるのは、当然である。

また、とてつもなく速くて重いシュートがきたとする。ここでも、フィジカルが勝負を分ける。フィジカルが弱いGKなら、例え反応が間に合ったとしても手を弾かれて失点しまう。だが、フィジカルが強いGKなら、ボールの速さと重さに負けず、しっかりと処理できるので失点は生まれない。「技術」で述べた「川島は他の日本代表GKたちがキャッチできないようなボールも、難なくキャッチする」理由は、川島は高い技術のみならず、こういったフィジカル面の「強さ」も兼ね備えているからだ。

「速さ」に対応する上でもフィジカルは重要である。速いボールに対して、どれだけ速い速度で届くか(触れるか)で失点するか、失点しないか…の運命が分かれる。ボールにより速い速度で届く(触る)ためには、ジャンプする際の踏み切る脚の強さなど、フィジカルの「強さ」が不可欠だ。

これらの「フィジカル」を「日本人GK最高レベル」で備えているのが、川島だ。川島は他の日本人GKよりも速く遠くに飛べる(動ける)ので、守備範囲がずば抜けて広い。その上で、前述したように「技術」でも川島は日本人GKの中で「頭一つ抜けている」のだ。

経験と実績において、川島は他を圧倒する

3つ目の重要な要素に、「経験と実績」がある。「技術」や「フィジカル」に関してはGKの専門知識が必要で、一般のファンの方々には分かりにくいだろう。だが、「経験と実績」に関しては、データで明確に出ている。ある意味、誰にでも分かりやすい要素と言える。

そして経験と実績において、川島は日本サッカーの歴史上唯一、自国開催以外のW杯でベスト16進出を果たしたGKである。W杯に出場した総試合数7試合も日本人歴代GKで最多。南アフリカW杯では出場4試合でわずか2失点。これは南アフリカW杯の全出場国の中で、2番目に少ない失点数であった。

さらに、あの川口能活でさえレギュラーはつかめなかった欧州において、ベルギーやスコットランドなどで長年に渡ってレギュラーを務めている。日本人GKとして史上初となる、欧州トップリーグでレギュラーを掴んだGKなのだ。しかも、長年に渡って。

昨年からは日本人GKとして史上初となる欧州5大リーグのリーグアン、メスに所属。昨季終盤にはスタメンの座も掴み、日本人GKとして史上初となる欧州5大リーグ出場まで成し遂げている。トゥールーズ戦ではPKを止めるなどスーパーセーブを連発し、降格の危機にあったメスを救った。その節のベストイレブンに、カバーニ、ファルカオ、ムバッペなど世界トップクラスの選手たちと共に選ばれている。しかも、その節の採点は彼らをも上回る最高点の「9」だった。これもまた、日本人GKとして史上初の快挙だ。

川島が日本代表や欧州で残してきた実績と、他の日本人GKの実績では、歴然とした差がある。東口順昭、中村航輔、西川周作…川島以外の日本人GKは誰1人として、欧州トップリーグ(1部リーグ)で活躍していない。活躍しない…というか、「所属さえできない」「オファーすらこない」というのが現状だ。

この話をすると必ず「川島は語学ができるから欧州でプレーできるだけだ!他の日本人GKが実力で川島に劣っている訳ではない!」と言う人が出てくる。ただ、Jリーグを例に考えてみて欲しい。果たして、ジュビロ磐田のGKカミンスキーは、日本語が話せるだろうか?今は日本語も多少は習得したかもしれないが、少なくとも磐田が獲得する前に「ペラペラ日本語が話せていた」という事はないだろう。

では、磐田は「カミンスキーは日本語が話せないから、獲得はやめよう」となるだろうか?なるわけが、ない。現になっていないからこそ、カミンスキーは日本語ができなくても磐田に獲得されて活躍しているし、他にもあれだけ大量に韓国人GKやその他の国の外国人GKたちがJリーグでプレーしているのだ。海外のチームに「獲得されるかどうか」に、「語学」は関係ない。「獲得されるかどうか」を決めるもの…それは「実力があるかどうか」である。

試合に出ないGKは、ミスすらできない

よく「川島はミスが多い!」と批判されるが、誰よりも多く代表戦に出ているのだから、「ミスが起こる確率」も、当然、誰よりも高くなる。そもそも試合(代表戦)に出ていないGKは、ミスが起こる可能性すらないのだから。

数年前までは「西川待望論」がずっと続き、現在では「中村航輔待望論」が起こっているが、この現象の「からくり」は、「日本代表で試合に『出ていない』からこそ、ファンはそのGKがハイレベルな代表戦の中どれだけやれるか、ミスが起こる可能性がどれだけあるか…
などが分からないため、何となく出ているGK(川島)よりも『もっとやれるに違いない』という『根拠のない期待』を抱いてしまう」事が起因している。

ファンの場合は自分が推していた選手が実際に試合に出た時に良いプレーができなくても「手の平返し」しておけば済むが、日本代表監督たちは選手起用が間違って負けてしまえばクビが飛ぶ。だから、自分の目(プロの目)で見て「最も良い選手」「最も勝つ確率が高い選手」=「川島」を試合で起用するのは当然である。

それに、他の日本人GKたちも、長く出場を続けているJリーグでは、何度もミスを犯している…という事実も忘れてはならない。代表戦はJリーグの試合よりもハイレベルで、かつプレッシャーも比べものにならないほど大きい。今現在もJリーグでミスが起こっているGKが、よりハイレベルでプレッシャーも大きい代表戦に出場したら、川島以上のミスが起こってしまう…そう日本代表監督や日本代表GKコーチたちは見て評価しているはずだ。

要するに、日本代表の監督たちが「川島以外のGKを正GKにしよう」と思う理由が「ない」のだ。日本代表の監督やGKコーチたちからしたら、ごくごく自然に「川島以外の選択肢は、ない」という結論になる。こうして、どの監督も「当然のごとく」川島を正GKに選び続けてきたという訳だ。

GK練習の中で見える「技術」の「差」を説明すると、決まって「練習で上手いGKが良いGKとは限らない!いくら川島が練習で上手いからといっても、試合で活躍できなければ意味がない!」と言う人がいるが、3つ目の重要な要素「経験と実績」を見ても、川島が「試合」でも日本人GK歴代最高レベルの「結果」を出し続けてきたのがお分かり頂けるだろう。

GKには他にも「ブレイクアウェイ」や「ディストリビューション」といった重要な要素があるが、それらも含めたGKとしての「総合力」が、川島は「日本一」なのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00010001-victory-socc&p=1

 

6 :2017/08/30(水) 20:28:11.75

それでも
川島はゴメンです

 

7 :2017/08/30(水) 20:29:05.40

完全スタメン掴んで、西川も亡き今にこんな記事書かれてもね

 

78 :2017/08/30(水) 21:45:47.10

>>7
この人は西川くんがクラブでブイブイ言わせてた頃に
西川君の足りない部分として、同じような評論をブログに上げてた

その結果、異常な浦和サポに何年も粘着されて
元職場(ホンジュラス協会)にまで誹謗中傷FAXが送られるようになって
一部浦和サポに苦言呈してた

 

11 :2017/08/30(水) 20:30:22.80

割と真面目に曽ヶ端のがよくね?

 

13 :2017/08/30(水) 20:30:53.55

三流クラブで第一GKですらないって批判するやつ多いがその海外で定着するってハードルを越えられた日本人GKが川島以外皆無だからな

 

15 :2017/08/30(水) 20:31:35.44

西川や東口は頼りないからな
あとは中村がどこまで成長するかだな

 

16 :2017/08/30(水) 20:32:30.65

一つ間違いがあるね。
川島のフィジカルはフィールドプレーヤーも含めてもトップ。
そればかりか過去の名だたる日本代表たちの中でもだ。

 

17 :2017/08/30(水) 20:32:34.01

西川チャンスいっぱいあったのにダメだったしな

 

23 :2017/08/30(水) 20:36:43.92

曽ヶ端でもいいと思う。
最近好調だし世界一とも戦ってるから
川島より劣るとは思えん。

 

26 :2017/08/30(水) 20:41:30.71

パンチングの飛距離はめちゃめちゃ重要
足元とかどうでもいい

 

27 :2017/08/30(水) 20:41:35.78

何でまず東口と比較しないのかがわからない

 

30 :2017/08/30(水) 20:46:55.59

川島は何年も見続けてるけど弱点がハッキリし過ぎてるからなぁ

手が短いのか知らんが空中戦を必ずパンチングで逃げるのと
フィードがまともに味方のとこに飛ばないのはGKとしてはきつ過ぎないか

 

37 :2017/08/30(水) 20:58:57.16

川島って専門家から見たら凄いんだぞ!っていう記事が時々出るけど
わざわざ競合するキーパー貶してるのがマイナスイメージだわ。

現状筆頭は川島。サブに東口。世代交代枠に中村。これでいいじゃん。
西川は……とりあえず浦和の守備について槇野森脇と話し合っててくれ。

 

45 :2017/08/30(水) 21:04:50.18

>>37
でも川島より東口や中村の方が上って真面目に言ってる奴がいるからなあ
マイナスイメージってか現実はこうだよって言ってるだけかと

 

38 :2017/08/30(水) 20:59:02.93

ポジショニングとフィードの精度に不安があるんじゃなかったっけ?

 

42 :2017/08/30(水) 21:02:51.31

ただ、確かに股抜きで決められるシーンは
ほとんどみたことないなぁ、とは思った。

 

44 :2017/08/30(水) 21:03:46.73

ゴールマウスの中でシュート止めることも可能

 

46 :2017/08/30(水) 21:07:32.13

一時期は無職かってとこだったのによく持ち直したと思うわ

 

48 :2017/08/30(水) 21:08:07.24

微妙な経歴の専門家ですね
何を言おうが記憶に残る凡ミスをするタイプなので早く退いてほしい
川島が固定されたことは日本サッカー界にとってマイナスでしかなかった

 

55 :2017/08/30(水) 21:16:01.45

半年前のここのニワカ共「西川くんを使えええええええええええええええええええええええええええええ」

 

58 :2017/08/30(水) 21:18:56.56

>>1
100%言語だろ
外人が日本でプレーする場合は実力が抜きん出てるから言語はどうでもいい
日本人GKはどんぐりの背比べていどたから
監督が外人の日本代表は言語で選ばれている

 

60 :2017/08/30(水) 21:23:34.09

>>1
川島はほとんどプレステップを踏むから、静止状態の「構え」の評価は意味がない。
そして、川島はプレステップのタイミングが遅いから、脇下や股下をよく抜かれている。
スロー再生で確認してみろと言いたい。

中村については詳しくないが、オリンピック前のブラジル戦で、股下シュートに対して、瞬間的に足を閉じて防いだのには感心した。

 

66 :2017/08/30(水) 21:28:20.45

>>60
中村は清水戦で股抜かれて失点したよ
あれは相手が上手かったけどな

 

61 :2017/08/30(水) 21:24:18.12

予選終わったらすぐ中村にしろや

 

63 :2017/08/30(水) 21:25:58.77

ニアに弱い

 

65 :2017/08/30(水) 21:27:39.11

今年の磐田大躍進にカミックは不可欠だけどなんだかんだDF陣と試合中の連携がうまくいくまで
2年近くかかってるだろ
1年目なんて個人の能力だけでやってたようなもんだぜ
今日本人GKで一番凄いのはアゴだろ
昨年のCWCでベンゼマがビビってたしこの前東口との1対1にも楽勝だったろ

 

72 :2017/08/30(水) 21:38:55.55

不動の守護神でいられたのは対抗がヘタレ西川しかいなかったのもあるけどな

 

75 :2017/08/30(水) 21:41:58.13

後ろから鼓舞できるのがでかいと思うんだが違うのか

 

80 :2017/08/30(水) 21:47:48.75

2度に渡ってリーグアンで正GK奪ったってのは普通に凄いと思うよ

 

82 :2017/08/30(水) 21:49:38.56

東口今シーズンミスしまくりだぞ、代表レベルじゃない

 

83 :2017/08/30(水) 21:51:02.89

フィードだけは西川の勝ち
というか川島下手くそだろ

 

86 :2017/08/30(水) 21:57:17.71

メスでも4節にして初出場(フル)だったが、フランスメディアから0-1負けでMOMに選ばれてたな
特に地元紙からは絶賛されてて、次のパリS戦のスタメンは確実と評されてる

やらかしのイメージはあるが、やっぱ日本人GKの中では頭2つ分くらいは抜きん出てる

 

87 :2017/08/30(水) 21:58:00.98

現代表組との比較じゃなくて、
川口ほどは奇跡を信じられず、楢崎ほど信頼おけないというイメージの問題なんだけどな

 

93 :2017/08/30(水) 22:03:51.16

川島はPKのとき顔から身体から全身に力入れてガチガチで動き鈍くなってて見てられん

 

96 :2017/08/30(水) 22:13:12.82

川島は確かに技術も経験もある
だけどメンタルが弱点なんだよ
すぐかっとして冷静さがなくなる

 

108 :2017/08/30(水) 22:54:29.06

西川はどうでも良いが東口はもう少しチャンスあげても良いな…

 

113 :2017/08/30(水) 23:17:02.86

専門家で川島よりも西川の方が上だって専門家いるの?。日本代表の
監督でザック、アギーレ、ハリルと三代続けて川島>>>西川の評価だから
ここまでくると川島の方が上だと認めるしかなかだろ。西川は、足元上手いけど代表戦で見るとセービングに難があるように見えるし。

 

116 :2017/08/30(水) 23:39:20.26

>>113
しかも西川にも歴代監督が何度もチャンス与えてるからな
それでいて最終的に川島を選択しているのが全てを物語ってる

 

119 :2017/08/31(木) 01:58:08.31

吉田とお見合いしたりいつだったか正面のシュートはじいて失点しても川島が一番なんですかね?
塩田レベルだろこいつ。

 

121 :2017/08/31(木) 02:21:10.21

川島は若い頃にイタリアに留学してキーパーの基礎を学んだのが良かったな
中村に基礎がないのはそこの差

 

122 :2017/08/31(木) 02:21:50.84

川島が能力実績共に優れてるのはわかる
実際川島スタメン復帰で救われたシーンもあるし

ただ川島がトップフォームを5年後のW杯まで維持できる可能性が低いから次の正GK候補が叫ばれているだけの話
川島が楢崎からポジションを奪った時のような期待を中村に求められてるしそうなって欲しいとも思ってる

 

123 :2017/08/31(木) 02:25:46.01

>>122
オレも中村には期待してるけどなあ
今日本の下の年代には欧州で育てられたGKが二人いるだろ
そいつらどんなプレーをするか興味津々なんだわ

 

126 :2017/08/31(木) 03:12:14.20

いやいやこいつのやらかしを何回見たか
スーパーセーブなんかほとんど無いだろ
嘘ばかり書くな

 

127 :2017/08/31(木) 03:21:11.96

ゴールキーパーは一度不調になると長引く傾向があるからねえ
スタンダールでの不調からようやく脱却したかって感じ

 

130 :2017/08/31(木) 03:31:20.04

ベルギー戦のバンザイも高徳がクリアしてたらあそこまでネタにされなかったのにね

 

133 :2017/08/31(木) 03:37:21.25

この人、川島が海外で居場所失った状態で代表正GKが西川だった頃にも「実力は川島が上」と言ってて
実際今のような形に落ち着いてるわけだから見る目はあるんだと思う

 

135 :2017/08/31(木) 04:37:24.17

時々確変するけどそうじゃない時が不安すぎるw

 

136 :2017/08/31(木) 04:40:35.14

川島だったらこの予選を苦戦するきっかけになった
UAE戦のフリーキックを止めただろうか

 

148 :2017/08/31(木) 10:17:59.59

W杯予選が終わったら
17年12月に東アジア杯を日本でやるから
東口や中村をそこで試すんじゃないかな。

 

149 :2017/08/31(木) 10:18:22.63

西川どこ行ったよw

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504092256/