浦和レッズ 目を疑った!「アイコンタクト失敗」一体どっちが悪い?【170806】

 

1 :2017/08/06(日) 08:44:32.90

[J1リーグ20節]浦和 2-2 大宮/8月5日/埼玉

 浦和レッズは興梠のPKで先制したあと守備に重心を置いて試合を進め、大宮アルディージャにチャンスらしいチャンスを一度も与えずにいた。実に4月16日のFC東京戦(〇1-0)以来、リーグ戦では14試合ぶりとなる無失点試合達成が現実味を帯び出してきた時、目を疑うようなミスから大宮にゴールを与えてしまった。

 66分、ホームチームが自陣の左サイドで得たFK。この日、本来ウイングバックが主戦場であるが、槙野の出場停止もあり左ストッパーで先発していた宇賀神がボールをセットして、中央の遠藤にパスを出す。

 ところが、遠藤はボールから目を離していて、このパスに気付かない。その隙に、先に動き出したマルセロ・トスカーナにインターセプトされ、横パスを受けたマテウスにあっさり振り切られ、左足のシュートを叩き込まれてしまったのだ。

 その後、両者1点ずつ奪い合い、2-2で引き分けた。ホームチームはこの4万5000人以上を集めたさいたまダービーでも悪い流れを断ち切れず、しかも……また再び不用意な自滅から失点した。

 パスの受け手だった遠藤は振り返る。

「ウガくんは『早くリスタートしようとしていた』と言っていたが、自分はゆっくり時間を使って始めればいいと考えていたために起きてしまった。審判のリスタートの笛と同時にパスが出されたが、そのタイミングでは始まらないだろうと思ってしまい……見ていなかった。もったいなかったです」

 66分という、リードしているチームは時間を使うべきか、早く攻撃に向かうべきか、ちょうど判断が分かれる時間帯であったことも関係したようだ。遠藤は唇を噛み締めた。

「ちょっとマテウス選手が(近くに)いたこともあり、最初(宇賀神からパスを)受けようとしたが、そこでゆっくりポジションを取り直そうとしたところで起きてしまった」

 一方、パスの出し手だった宇賀神も「前半から相手にノーチャンスだった。自分のイージーなミスさえなければ、勝てていた……。90分間、もっといい試合運ぶができていた」と、肩を落とした。

 そして、失点シーンについて説明した。

 宇賀神は1プレーずつ反省するように語った。

「セットしたあとロングボールばかりになっていたので、僕の意識としては、早めにリスタートして、後ろで一旦しっかりつなごうと……。だから早く切り替えて始めようとした。(遠藤)航のほうを一瞬見て、その時は大丈夫だと思ったけど、出した時には見ていなかった。そこは本当にイージーなミスだった」

 浦和の背番号3は、悔やんでも悔やみきれない様子だった。

「(課題だった)守備の部分はある程度改善されたが、そこに意識を持っていきすぎて、もう少し魅力的な攻撃をしていかなければならない。僕みたいにイージーな失点がなければ、勝点を積み上げられる。その手応えは感じられる試合になった」

 あまりに単純なミス。アイコンタクトをしたはずだったという思い違い。遠藤がボールから目を離していたというのも、現在のチーム状態から考えれば、絶対にしてはいけなかった「油断」になるだろう。

 堀新体制を白星で飾ることはできなかった。ここから浮上するためには、まずはそういった心の隙であり甘さを徹底して払拭したい。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

2017年8月6日 8時0分 サッカーダイジェストWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13437019/

動画

 

11 :2017/08/06(日) 08:49:02.10

後ろで一旦繋ぎたいなら急いで再開する必要ないじゃん。宇賀神ってアホ?

 

13 :2017/08/06(日) 08:49:11.21

>イージーな失点がなければ、勝点を積み上げられる。その手応えは感じられる試合になった

ミスした本人がこんな発言をしているようでは今後もお先真っ暗だな

 

18 :2017/08/06(日) 08:51:31.25

昨夜はとにかく蒸し暑くて、あの時もリスタート時に何人も給水してて準備してなかったにも関わらず、周りを確認せずあまりにも軽率にプレー再会した宇賀神が悪いよ

 

19 :2017/08/06(日) 08:51:49.70

向こう側で水飲んでる馬鹿は誰だよw

 

22 :2017/08/06(日) 08:52:54.22

こんなふたりが日本代表

 

23 :2017/08/06(日) 08:53:22.35

宇賀神「最終ラインでパスをゆっくり繋ごうと」

なら遠藤の足下に出してやれよw

 

24 :2017/08/06(日) 08:53:27.04

リスタートの笛が鳴ってるのに遥か遠くピッチ外で水飲んでたDFの責任は?w

 

27 :2017/08/06(日) 08:55:22.38

数的に2対2の局面であそこにボール晒す時点でどうかと思うが
遠藤が前向いて受けてたとしても窮屈な状況
宇賀神にも戻せず、西川に出すにしてもターンしなきゃならない。

 

33 :2017/08/06(日) 08:58:13.15

ひどいミスだけど
最終的に2対2の状況から決められてるし
普通に力負けしてる面もあるよね

 

36 :2017/08/06(日) 08:59:40.05

集中力切らしてた遠藤も問題だろうが、
抑々リードしてる場面で何であんな急いで横に蹴りだす必要あったんだろうか
しかも味方が複数人給水している状況で

 

41 :2017/08/06(日) 09:00:39.80

試合中にタラタラ水飲んでるからこうなるんだよw

 

44 :2017/08/06(日) 09:02:15.36

>遠藤がボールから目を離していた

これに尽きる

 

47 :2017/08/06(日) 09:02:51.99

どっちも悪いが最終ラインにあの2人を使った監督が悪いんじゃね?
DFは1つのミスが失点に繋がるんだから集中力切らす奴は最終ラインに使っちゃダメでしょ

 

49 :2017/08/06(日) 09:03:52.74

横に出した判断もアレだけど
パスの質も酷いからな
相手にどうぞ獲ってくださいってパスだからw
せめて遠藤のとこに蹴れよ

 

57 :2017/08/06(日) 09:07:11.16

ボケッと背を向ける遠藤も、あんなとこに蹴る宇賀神もアホ
だらけてる守備陣だこと

 

63 :2017/08/06(日) 09:12:48.88

遠藤が自ゴールに向かって歩いてるとも謎だよな
相手選手と距離を置こうと思ったって全然離れてたじゃん
もうね、バカばっかw

 

64 :2017/08/06(日) 09:13:25.84

宇賀神の判断は悪かったかも知れんが遠藤はプロ失格で選手失格レベルのポカ
そこでボールから目を切るのは怠慢でしかない
自分に出される可能性が一番高いのに何故目線切ってだらだら歩いてる

 

74 :2017/08/06(日) 09:18:17.67

このパスミスもひどいけどその後2対2の数的同数であっさり点とられてるのも問題だと思うんだが
マルセロには遠藤がいってたのになんで宇賀神まで寄せにいったのか

 

75 :2017/08/06(日) 09:18:18.90

浦和ってつまらない失点をするようになって勝てなくなったよなー
こういうのは直そうと思っても難しいんだろうな

 

77 :2017/08/06(日) 09:18:32.94

給水でピッチに8人しか味方がいないのに何で始めんだよ。
こりゃパサーが馬鹿なんだよ。

 

87 :2017/08/06(日) 09:23:22.67

しかも2対2の状況でディレイとか
イエロー覚悟で潰せよ

 

89 :2017/08/06(日) 09:24:07.62

チームにもよるが、サイドから真ん中のDFにボールを渡さないことを徹底しているところもあるね。

 

97 :2017/08/06(日) 09:26:10.67

遠藤が集中切らしてボールを見てないというなら宇賀神が出す前に声かければいいだけ
プレー切れて再開時なんだし
このミスの根本的な問題ではない

 

98 :2017/08/06(日) 09:26:27.80

パスミスがへぼいのはへぼいとしても、シュート上手いな

 

105 :2017/08/06(日) 09:28:46.51

ていうか宇賀神本人が自分のミスと言ってるな

 

114 :2017/08/06(日) 09:36:04.11

しかしすごいシュートだ

 

123 :2017/08/06(日) 09:39:04.30

逆サイドの森脇と関根は外に出て二人で給水中で遠藤は西川に向かって
歩いて行ってる状況でなんで急いでプレイ始める必要があったのか
こんなんが代表に選ばれてたとかぞっとするわ

 

136 :2017/08/06(日) 09:45:20.48

>>123
後ろ向いて歩くCBとか論外だから

 

169 :2017/08/06(日) 09:58:00.98

どっちが悪いとかやめろよ。
どちらも劣頭なんだから。

 

172 :2017/08/06(日) 09:59:06.84

なんか別のこと考えてたんだろうな

 

173 :2017/08/06(日) 09:59:39.98

日本選手はアイコンタクトもろくに出来ないのか
とアイコンタクトの練習から始めたオフト

あれから四半世紀が経とうとしているが何ら進歩していない日本サッカー

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501976672/