ホームで強いジュビロ磐田!名波浩監督に聞くと「俊輔効果」と答えた【170726】 | サカスレ、整えました。

ホームで強いジュビロ磐田!名波浩監督に聞くと「俊輔効果」と答えた【170726】

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

1 :2017/07/26(水) 18:34:35.44

ジュビロ磐田
名波浩監督インタビュー(前編)

昨季はJ1残留争いに巻き込まれていたジュビロ磐田が今季は好調だ。第18節を終えて、勝ち点31を積み上げて順位は7位。上位争いに加わっている。その戦いぶりについて、指揮官の名波浩監督はどう見ているのか、直撃した――。

――J1中断期間前(第18節終了時点)までの成績は、勝ち点31(9勝5敗4分け)の7位です。ここまでのジュビロ磐田の戦いぶりを振り返って、率直な感想を聞かせてください。

「順調と言えば順調だし、もっとやれたと言えばやれた。『取りこぼしたな』と思う試合も、もちろんあります。現段階での5敗が多いのか少ないのか、今の成績がいいのか悪いのかは、シーズンが終わってみないとわかりませんね」

――とはいえ、白星が5つ並んでいる(直近5試合で5連勝)のは気分がいいのではないですか。

「5連勝で中断期間に入るというのは、ちょっと出来すぎだと思いますね。昨季、自分たちは残留争いしているわけだから(最終的には年間13位)、偉そうなことは言えないし、今はちょっと神がかっているようなところもありますから。でも、3連勝くらいなら勢いでポンポンポンと勝つこともあるけれど、それ以上となると、単なる勢いだけでできることではない。一昨季、J2で80ポイント以上の勝ち点(82)を取ったときでも、3連勝が1回と4連勝が1回あっただけで、5連勝はなかった。今のジュビロは勢いだけではなく、何らかの裏づけがあるから負けてないんだと思います」

――その裏づけとは、何だと思いますか。

「やっているサッカー自体はだいぶ確立されてきて、3バックとセカンドラインの守備の連動というものが、ものすごくスムーズに、そしてオートマティックにできるようになってきたことが大きい。もちろん、それによって(選手、チームに)自信が生まれてきたこともありますね」

――しかも、今季はホームゲームですでに5勝を挙げています。1シーズンで3勝しかできなかった昨季とは大きな違いです。

「昨季はあれだけ勝てなかったのにね(苦笑)。そこは”俊輔効果(今季、中村俊輔が横浜F・マリノスから移籍加入)”が大きいと思うんですけど、毎試合チケットがほぼ完売で、満員のお客さんがエンターテインメントとしてのサッカーを楽しんでいるというか、もちろん勝敗にこだわりながらも、ワンプレーごとのダイナミックさだったり、繊細さだったりを見逃さない歓声というものを聞いていると、スタンドの雰囲気も昨季とは違うなというのを感じています」

――中村選手の加入が、スタンドの雰囲気までも変えた、と。

「特にそれを感じたのは、第16節のFC東京戦(2-0)ですね。1-0でリードしていて、(68分に)FWアダイウトンがシュートをバーに当てたシーンがあったんですけど、その辺りから俊輔がちょっと”遊びだした”んです。前向きでパスを受けて、相手が寄せてきたらヒールキックを使ったり、パス交換で抜け出してループシュートを放ったり。それを見ていて、こういうプレーこそ、ジュビロが求めていたものなんじゃないかな、と自分も気づかされた感じがありました。その結果が、スタンドのお客さんもノッてきたなかでの完封勝ちにつながりましたからね。

 実はあの試合、俊輔は肉離れの不安があったので、もっと早く代えるつもりだったんです。でも、足もとに不安を感じていないから、あんなプレーができるわけで、せっかく気持ちよく遊んでいるときに代える必要もないな、と。結局、86分まで引っ張ってしまい、俊輔にはちょっと悪かったなと思いますけどね」

――開幕前には、J1残留を確実にする勝ち点40を目標に掲げていたことを考えれば、ここまでは素晴らしい成績だと思います。振り返って、カギになったゲームを挙げるとすれば、どれでしょうか。

「5連勝のスタートとなった、第14節のガンバ大阪戦(3-0)かな。それまでも、例えば『静岡ダービー』を勝った第5節の清水エスパルス戦(3-1)とか、逆転勝ちした第7節のサガン鳥栖戦(2-1)とか、いいゲームは他にもありました。でも、ガンバ戦がキーゲームだったと思うのは、リーグ戦に限れば、それまで4試合連続で点が取れていなくて、5月は1カ月間勝てなかった(2敗2分け)。そんな状況下で、優勝を狙えるだけの戦力を持ったクラブに完封勝ち。しかも、3-0ですから。選手にとっては、あの試合が相当自信になったんじゃないかと思います」

――破竹の5連勝も、実はかなり厳しい状況から始まっていたわけですね。

「正直、今季の試合日程が発表になったときには、第11節の川崎フロンターレから、柏レイソル、サンフレッチェ広島、ガンバ、浦和レッズ、FC東京と続く6試合は相当キツいなと思っていて、下手をしたら6連敗もあるな、とまで考えていましたから」

――実際、川崎、柏に連敗し、調子のよくない広島にも引き分け。悪い予感は的中しかけていました。

「警戒していた6連戦も、2敗1分けのあとから勝ち続けて、最終的に3勝2敗1分けで終われたことが『これは、紛れもなく力がついてきたな』という気持ちにさせてくれましたよね」

――どんなところで、力がついてきたと感じますか。

「(実際に試合で使える選手が)13、14人のグループだった昨季と違って、今季は22、23人のグループになってきた。使えるメドが立っている選手が増えて、拮抗した展開の時間帯でも、この選手を投入すれば何か仕事をしてくれるんじゃないか、という期待感を持たせてくれるというか、使ってみたいと思わせてくれる選手が多くなってきました。誰を入れても緩まない。そういうメンバー構成になってきましたね」

――先ほど、3バックとセカンドラインの守備の連動がスムーズになったという話がありましたが、基本布陣である3バックが非常によく機能しています。

「『ジュビロは5バックで守っている』と言われることがよくあるんですが、5バックでリトリートするところから守備が始まるクラブとは違い、我々はあくまでも3バックであり、決して5バックではありません。もちろん、仮に浦和が相手であれば、両サイドの選手が高い位置まで出てきますから、最終ラインに(選手が)5枚並ばざるを得ない状況になることもあります。ただ、ボールが動いている最中は必ず『ボールサイドは全部(ボールアプローチに)出ていけ』『ボールサイドが出ていったら、中央と逆サイドは全部ズレてこい』と言っていますし、選手もそれを実践してくれています」

――シーズン序盤は、4バックも併用していました。

「選択肢として、今も4バックはあり得ます。相手によってもそうだし、自分たちの選手の特徴や調子によっては、今後も併用するかもしれません。ただ、今は3バックでこれだけ成功しているんだから、それを変える必要はないかな、と考えています」

――第18節終了時点で総失点15は、横浜F・マリノスと並んでJ1最少です。

「それも、出来すぎでしょうね。公言していた目標は得失点差0以上でしたから(現在の得失点差はプラス10)。失点が少なければ、自ずとプラスが増えていくだろうと思っていたけれど、ここまでやれるとは思っていませんでした。これはもう、選手の努力に尽きますよね。試合後の選手インタビューをよく見るんですけど、『僕たちは監督がいつも言っていることをやっているだけ』と話しているのを聞くと、自分がずっと言ってきたことが頭に入っていて、それをやってくれているんだな、と。それについては、頭が下がる思いだし、よくやってくれていると思います」

――名波監督は試合後の記者会見でも、ボールへのアプローチのアグレッシブさ、横のスライドや縦のマークの受け渡しといったことについて、選手を称えることが多いですね。

「うちの選手たちは、仮に深いエリアに入られたとしても、ボールアプローチの意識がすごく高いから、いいクロスを簡単に上げさせていない。相手選手が一度切り返してくれれば、そのままスパンと入れられるより、1、2秒余計に守備の準備をする時間を稼げますし、切り返しで(対応していた選手がかわされて)深く入られたら怖いけれど、その1、2秒の間に、隣のポジションの選手がズレてきたり、ゴール前の準備ができたりしますから。そういう相乗効果があるから失点を減らせているんだと思います。普段から1対1や2対2の練習のときには、『もっとアプローチを寄せろ』『もう一歩寄せろ』『あと1m寄せろ』と口酸っぱく言っている。ボールに対して(アプローチに)行き切るシーンは増えてきたと思います」

――その結果、第18節のヴァンフォーレ甲府戦(1-0)のように、1点を守り切る試合もできるようになっていますね。

「そうですね。あの試合は、早い時間(14分)に1点は取れたけど、その後は自分たちがボールを回せそうにもなかった。と同時に、選手たちの頭の中には、第10節に小瀬(山梨中銀スタジアム)でやったアウェーの甲府戦が残像としてあったと思う。MF宮崎智彦が退場して、何とか勝ち点1(0-0の引き分け)を持って帰ってきた試合なんですけど、あのときも(宮崎が退場する前の)11人対11人のときでさえ相当ボールを回されていたんです。

 選手たちはその印象もあって、(第18節の試合では)『もう(ボールを保持しなくても)いいか』と守りに徹した。その『もういいか』には大いに賛同するし、昨季だったら、自分も『もっとボールをつないで前へ出ていけ』と言っていたかもしれないけど、それだと、前の選手と後ろの選手の意思がバラバラになって間延びしていた危険性もあった。だから、自分も選手の判断に任せたし、それを黙って見ていました。『ああ、この選手たちはすげぇな』と思いながらね」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010005-sportiva-socc&p=1

4 :2017/07/26(水) 18:42:18.43

名将7733

6 :2017/07/26(水) 18:47:27.21

監督も名波と大岩だし、鹿島と磐田の第2次2強時代はよ

7 :2017/07/26(水) 18:47:47.29

クラブのレジェンドが名将ってサポ楽しそう

8 :2017/07/26(水) 18:48:11.76

名波、俊輔、松井が同チームにいるってなんか素敵やん

10 :2017/07/26(水) 19:00:55.49

よく大袈裟にころんだ名波が何だって?

13 :2017/07/26(水) 19:48:27.84

俊輔獲得は今の所正解だったみたいだな

14 :2017/07/26(水) 20:10:40.80

正解どころか大正解
39歳でここまでやるとは

16 :2017/07/26(水) 20:11:29.35

松井大輔は最近どうなの?

18 :2017/07/26(水) 20:27:18.74

>>16
試合中で俊輔と交代してクローザーとして頑張ってるよ

17 :2017/07/26(水) 20:16:13.92

名波は本当に俊さん大好きだな
また俊さんも楽しそうだしチームの雰囲気も良いみたいだな

19 :2017/07/26(水) 20:37:49.91

>>17
マリノスはマリノスで勝利の円陣とかしてるし
こっちも雰囲気いいんだよなぁ

20 :2017/07/26(水) 20:39:22.37

俊さんの移籍はwin-winだったんだなぁ

21 :2017/07/26(水) 20:44:05.97

>>19
マジでwin-winだな
俊さんはレジェンド扱いとかキャプテンとかより一選手の方が輝くんだろうな

22 :2017/07/26(水) 20:52:15.76

あとは川辺が代表入りすれば完成だな

24 :2017/07/26(水) 20:55:10.70

俊輔は引退したら名波の下でそのままコーチやりゃいいのに

25 :2017/07/26(水) 21:14:36.53

横浜にとっても磐田にとっても中村俊輔は移籍して正解だったんだな
よかったな

26 :2017/07/26(水) 21:36:19.67

でも俊輔はもうマリノスには戻らんだろ

27 :2017/07/26(水) 21:42:03.41

戻らなくて問題ない
本当にお互いにとって良い移籍だった

29 :2017/07/26(水) 21:50:36.24

松井大輔はどんなん?さすがに厳しいか?

30 :2017/07/26(水) 22:22:33.35

>>29
90分は厳しいね
60分ならイケる

31 :2017/07/26(水) 22:33:20.83

プレイスタイル的に衰えにくい事は分かってたけど
まさか40までJトップレベルを維持できるとは思ってなかったわ

33 :2017/07/26(水) 22:46:36.07

ホームチケ売れまくりで入手困難とか誰も予想してなかっただろ

37 :2017/07/26(水) 23:12:39.15

名波は監督として未熟だと自覚してるんだろ
尹の組織的守備と柏のクリスブン投げ攻撃を
上手くかみあわせている
薄い選手層でよく頑張っているよ

42 :2017/07/27(木) 00:07:11.70

川辺は返さんぞ

45 :2017/07/27(木) 01:31:34.36

俊輔が引退したら川崎から憲剛貰い受けて・・・・

46 :2017/07/27(木) 08:29:43.44

俊さん引退したら香川取ったりしてw

47 :2017/07/27(木) 09:35:02.26

>昨季だったら、自分も『もっとボールをつないで前へ出ていけ』と言っていたかも
>しれないけど、それだと、前の選手と後ろの選手の意思がバラバラになって間延び
>していた危険性もあった。だから、自分も選手の判断に任せたし、

しれっと言ってるけど自分が変わったこと自覚してるのな
ほんと去年まで名波がいろいろ無茶や地蔵で試合を壊すこともあったのが今季はなくなってきた 俊さんの存在が名波にも良い落ち着きをもたらしてると思う

48 :2017/07/27(木) 09:52:43.16

着々と名称の階段上り詰めてるな
賞金ゲットして強いチームに戻してくれ

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501061675/



記事のタイトルとURLをコピーする

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

☆購読・フォローはこちらから☆

☆応援クリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

最新情報