ラ・リーガと提携したJリーグ、スペインから何を得るのか?…最も大きな期待を寄せているのは「育成」【170623】 | サカスレ、整えました。

ラ・リーガと提携したJリーグ、スペインから何を得るのか?…最も大きな期待を寄せているのは「育成」【170623】

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

この記事の所要時間: 337

1 :2017/06/23(金) 12:05:06.68

Jリーグとスペインのプロサッカーリーグ、ラ・リーガとの間で戦略的連携協定が22日に締結され、Jリーグの村井満チェアマン、ラ・リーガのハビエル・テバス会長による調印式が都内で行われた。

 Jリーグが海外のプロリーグとパートナーシップ協定を結ぶのは、オーストラリア・Aリーグなど11例目で、ヨーロッパでは初めて。ラ・リーガにとっても、Jリーグがアジアでは初めての提携リーグとなる。

 まだ記憶に新しいレアル・マドリードの戴冠を含めて、4シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ王者を輩出している、世界トップクラスのラ・リーガと結んだ協定の内容は下記の4つとなる。

(1)両国トップチームの交流
(2)テクニカル及び女子サッカーを含めた育成
(3)インテグリティ(高潔さや品位)
(4)クラブマネジメント及びリーグ運営

 このうち(1)については、終わったばかりの2016‐17シーズンで4位に入ったセビージャが来日し、7月22日に鹿島アントラーズと対戦する『WORLD CHALLENGE 2017』がすでに決まっている。

 セビージャは同17日にはセレッソ大阪と『StubHub ワールドマッチ2017』で対戦することも決定済みで、村井チェアマンも「トップ同士が真剣勝負をする機会を増やしていきたい」と今後の展望を語った。

 もっとも、4つの項目のなかでJリーグが最も大きな期待を寄せているのは、(2)の育成となるだろう。調印式後の記者会見で、村井チェアマンはこんな言葉を残している。

「ラ・リーガでは、トップチームの登録選手25名枠の6割ぐらいが下部組織から上がっている。ホームグロウンが制度化されていないなかで、ここまで下部組織出身の選手がトップチームに輩出されている。これは日本が学ばなければいけない点だと思っています」

 村井チェアマンが言及したホームグロウン制度とは、外国人枠のないプレミアリーグやブンデスリーガなどで導入されている、自国やそれぞれのクラブのホームタウン出身の若手を登録することが義務づけられた制度だ。
 たとえばブンデスリーガでは、各クラブはドイツ国籍を有する12人以上の選手と契約し、そのうち6人以上が各クラブのユースで育成された選手であることが定められている。

 対照的にラ・リーガでは、ホームグロウンが制度化されていない。EU圏外選手枠は「3」と定められているものの、5年居住すれば市民権が得られるため、二重国籍が可能な南米出身選手はEU圏外選手枠から外れることも少なくない。

 それでもレアル・マドリードやバルセロナの2強だけでなく、中堅や規模の小さなクラブも自前で優秀な選手を育てている。同様にホームグロウン制度を導入していないJリーグにとっても大いに参考になるはずだが、もうひとつ、決して看過できない現実も突きつけられていた。

 Jリーグは2015年秋から、ベルギーに本社を置く第三者機関に、J1及びJ2の合計40クラブの育成組織に対する監査を依頼している。「フットパス」と呼ばれる独自のシステムのもと、多角的な監査から弾き出された評価は、誕生から四半世紀を迎えようとしていたJリーグ関係者に衝撃を与えた。

「いわゆる満点が100点とすると、総合点でいうと日本の場合は40点をちょっと超えるくらいでした。ヨーロッパはそれが80点に届くなど、大きな格差があります。特に『個の育成』に関しては、日本は20点台というレベルでした」

 村井チェアマンは危機感を募らせるように、ラ・リーガを理想のモデルとした理由を説明した。Jリーグへの参入条件として下部組織を傘下にもつことが義務づけられたものの、世界と比較すれば差が縮まるどころか、さらに広げられていた。次の四半世紀へ向けて、何らかの改革が必要だったわけだ。

 育成には膨大な時間と資金がかかる。たとえばブンデスリーガのホームグロウン制度は、惨敗した2000年のヨーロッパ選手権が契機となって導入に動いた経緯があり、14年後のワールドカップ・ブラジル大会における、24年ぶり4度目の優勝となって花開いている。

 Jリーグでも、決して育成を疎かにしていたわけではない。たとえば現在暫定首位に立っている柏レイソルは、先発11人のうち8人をアカデミー(下部組織)出身者が占める極めて稀有なメンバー編成で、第7節から破竹の8連勝を達成している。

 ターニングポイントとなったのは2010年。それまで柏レイソルU‐15、同U‐18のコーチ及び監督として「ボールを大事につなぐ攻撃的なサッカー」を浸透させてきた吉田達磨氏(現ヴァンフォーレ甲府監督)が、アカデミー全体を統括するダイレクターに就任したことがきっかけだった。

 吉田氏が標榜するコンセプトを、U‐12からU‐18までの全カテゴリーに所属する指導者と子どもたちとで共有。同じスタイルのもとでプレーするなかで、ボールポゼッションに長けた選手たちが続々とトップチームに昇格し、今シーズンにおける快進撃の原動力となっている。

 ただ、レイソルの場合もコンセプトが統一されてから7年、それ以前に吉田氏が個人で浸透させていた時期を含めれば10年以上の時間を要している。よほどの覚悟と根気がなければできないチームの一大改革であり、なかにはチーム経営に窮してそれどころではなかったクラブもあるはずだ。

 だからこそ、リーグが主導する形で育成大国スペインのノウハウを吸収する。記者会見で村井チェアマンは
「ラ・リーガの下部組織の仕組みや、育成のディテールも含めて学んでいきたい」と将来を見据えた。

 手始めに今夏、育成にまでなかなか手が回らないことの多い、J3クラブの社長たちがラ・リーガを視察することが決まった。もちろん対象とするのは豪華な施設の整ったビッグクラブではなく、中堅以下のクラブとなっている。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

6/23(金) 5:00配信 THE page
https://thepage.jp/detail/20170622-00000002-wordleafs

写真
https://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20170622-00000002-wordleafs/20170622-00000002-wordleafs-03d930ff68e6bb37682273286aeb926b5.jpg

3 :2017/06/23(金) 12:08:17.78

分配金の使途は育成に限定しよう

5 :2017/06/23(金) 12:10:43.19

あっちで引退した育成の名手とかを高額年俸で雇うとか出来れば良いんだがな
いい年金稼ぎになるだろ

9 :2017/06/23(金) 12:13:12.47

>>5
良いアイデアだな
あとは日本の若手指導者の留学制度とかもできるといいな

12 :2017/06/23(金) 12:25:05.08

前にもスペインと何か結んでなかったっけ?
あれは何だったんだろう。

14 :2017/06/23(金) 12:29:08.12

スペインよりブンデスを参考にしたほうがいい気がするけど既に締結してるっけ?

16 :2017/06/23(金) 12:30:42.68

リーガ風の育成とブンデス風のリーグ運営

17 :2017/06/23(金) 12:38:59.42

せやな、育成だけでももっと金かけてやって欲しいな

20 :2017/06/23(金) 12:40:45.81

女子サッカーの交流や
トップチームの交流は良いな。
男子の方は定期的に来てくれるなら二軍でも良いよ。

21 :2017/06/23(金) 12:42:05.76

>>14
育成でスペイン以上の国はヨーロッパにないよ
特に4大リーグの中では図抜けている

40 :2017/06/23(金) 14:15:45.53

>>21
スペインの育成って効率悪いぞ
大量に世界中から青田買いして2人育ったら大バンザイ
って育成だから

47 :2017/06/23(金) 18:56:25.52

>>40
馬鹿だなあ
リーガと比べて他の4大リーグは国内選手の比率が低いこと見ればすぐ気付くはずなんだが
しかもスペインの場合他の国で活躍する選手の数も多いんだぜ
ドイツも含めて選手層の厚さじゃスペインには到底及ばんよ

24 :2017/06/23(金) 12:49:22.77

スペインリーグと提携か、いいね

ただ、結果として目に見えてくるのはまだ先なんだろうな
それこそ10年単位で

25 :2017/06/23(金) 12:51:32.75

体裁だけキッチリ整えてて中身はクソだったって、最近も茨城でそんな事故がありましたね

26 :2017/06/23(金) 12:55:15.02

連携協定というわりにJ側のメリットしか書かれてないが
リーガ側に何のメリットがあるんだ?

29 :2017/06/23(金) 13:01:38.84

>>26
給料安い2部とか移籍で来やすくなる。

33 :2017/06/23(金) 13:20:27.33

>>26
日本側が金渡してんだろ

39 :2017/06/23(金) 14:13:37.50

>>26
Jリーグをリーガの育成リーグに出来る
実質、リーガの傘下に

27 :2017/06/23(金) 12:58:29.98

>『個の育成』に関しては、日本は20点台

20点台は高すぎ、0点もしくは一桁だろ

28 :2017/06/23(金) 13:00:01.47

結局個が低いのに組織のことしか考えてないじゃんw
アカデミーから人数何人とかさw

個の力付ける方は現実逃避してるようにしかみえない

30 :2017/06/23(金) 13:05:46.75

J2やJ3の下部組織は機能してないところは全然機能してないからなぁ
この状況じゃいくら裾野を広げても育成の強化には繋がらない
とにかくクオリティを上げないと

34 :2017/06/23(金) 13:21:27.24

色んな国と提携結んでる気がするけど何か成果があるのかな

35 :2017/06/23(金) 13:44:45.85

(5)協会(JFA)のマネジメント

↑これを早く締結しなさい

36 :2017/06/23(金) 14:00:21.63

>>35
それはもうしてるだろ

37 :2017/06/23(金) 14:02:18.12

他のポジションの育成はいいからGKなんとかしてくれねえかなまじで。
GKまじやばい。外人GK増えすぎだろ。

38 :2017/06/23(金) 14:10:04.97

選手引退して直ぐの若造が子供を教えてる時点で日本の育成は駄目だよ
まともに勉強してこなかった脳筋がまともな指導者に成れる訳が無い

41 :2017/06/23(金) 15:02:40.58

Jを一番評価してないのは日本人なんだろうな。

日本人は自分に自信のない人が多くて、自分に重ねて駄目なリーグだと。

現実はクラブW杯みたく世界と十分戦えるが。

48 :2017/06/23(金) 19:32:44.30

リーガの傘下になるならそれはそれでよくね
Jからリーガ行った選手が活躍してJの海外への注目度上がれば海外からスポンサーついてくれるとこも出て来るかもしれないし
日本人のレベルアップにも繋がる

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498187106/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

記事のタイトルとURLをコピーする

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

☆購読・フォローはこちらから☆

☆応援クリックお願いします☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

最新情報