ラース・リッケン氏インタビュー 日本人選手に足りないのはヘディングとシュートの技術【170618】

 

1 :2017/06/18(日) 14:49:20.78

ラース・リッケン(ドルトムント育成コーディネーター)

7月15日、2年ぶりに来日を果たし「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」で浦和レッズと対戦するドルトムント。その来日に先がけて日本を訪れ、視察や会見出席など精力的に活動をこなした育成コーディネーターのラース・リッケンが、多忙を極める日程の合間を縫ってインタビューに応じてくれた。現役時代はドルトムント一筋のキャリアを送り、引退後はユース選手たちの育成に携わるドルトムントのレジェンドに、日本の印象や現在の役職、育成者の視点から見た日本人選手の印象などについて語ってもらった。

インタビュー・文 久保佑一郎(footballista編集部)

――7月、日本で浦和レッズと対戦することが決まりました。まずは率直なお気持ちを聞かせてください。

「非常にうれしく思っています。日本にはたくさんのドルトムントファンがいて、SNSのフォロワー数ももの凄く多いですから、今回のツアーはそんなファンの方々と交流を深められるいい機会だと思っています」

――ドルトムントは2年前にも来日しています。ビッグクラブが日本を訪れる機会が少なくなっている中で、それだけ日本を重要視してくれていることの表れだと考えてもいいのでしょうか?

「その通りです。(日本人の)香川真司が所属しているというのも理由の一つとしてはあります。ですが、彼が一度クラブを離れた後でも多くのファンが我われドルトムントについてきてくれました。そんなファンのみなさんと交流を深めるのはとても大事なことだと思っています。マーケティング的な側面から見ても、5つ日系企業がドルトムントをサポートしてくれています。日本とドルトムントの関係はとても深いですよ」

――あなたご自身にとって、日本の印象はいかがですか?

「4回目の来日となりますが、街は来るたびに発展していて非常に驚かされる一方で、街を出てみると緑が多く自然豊かな面もあり、みなさん礼儀正しいと来るたびに感じています」

――日本人サッカー選手についてはどんな印象を抱いていますか?

「まず、メンタリティがドイツ人と日本人は非常に近いと思います。規律正しいサッカーを行うことと、ネバーギブアップの精神で決してあきらめない部分ですね。その上で、テクニックに優れているところや素早さ、スピードがあるところが日本人選手の特長だと思っています。一方で、問題が2つあります。一つは、ドイツの選手に比べてヘディングが得意ではありません。そしてもう一つ、香川は例外ですが、テクニックでもシュートに関する技術が足りないと感じます。ただ、ケガをしない、ケガに強いというのはストロングポイントですし、2部を含め多くの選手がプレーしているドイツに限らず、欧州サッカーマーケットの中で非常に重要な存在だと感じています」

――元ドルトムントの丸岡満選手が帰国後のインタビューで「日本とドイツの守備の仕方の違いに苦しんでいる」と答えていたのですが、日本人選手の守備能力についてはどのように見られていますか?

「香川や丸岡はいずれも攻撃的な選手ですし、ドルトムントというチーム自体が勝つ時には8-4で勝つような攻撃的なサッカーを志向しています。ですから、そこまで気になるようなことはありませんでした」

――現在はクラブの育成コーディネーターを務められているとのことですが、どんな仕事しているのか聞かせてもらいますか?

「主な仕事はその名の通りユース選手の育成になります。ただ、時間を割いて作業しているのは契約業務ですね。有望な選手には15歳になるともう代理人がついています。ドルトムントは近くに有力なクラブがたくさんありますので、そこにいる選手と交渉したりするのは大変な作業です。また、15歳の選手は3年スパンで見て、18歳になったらトップチームに上れるかどうか判断したりもしています」

――ドルトムントはトップチームも若い選手の獲得に力を入れています。その交渉に関わることはないのでしょうか?

「ユースチームとトップチームは非常に近い関係にあり、連動して動いています。あるプレーヤーと契約する際にはトップチームの監督をはじめスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク、チーフスカウトやU-19チームのコーチが集まって話し合いを持つのですが、そこに私も参加しています。また、こうしたミーティングが月に1回行われています」

――2年前に監督がユルゲン・クロップからトーマス・トゥヘルに変わりトップチームのプレースタイルに変化がありましたが、監督が代わるとユースの育成方針にも変化があるものなのでしょうか?

「監督が変わりましたが、それによって育成のコンセプトやトレーニングの内容が変わったということはありません」

――以前、ドイツ人選手と言えば屈強なイメージでしたが、最近は技術に優れた選手が増えてきました。ユース世代の指導はどう変わってきたのでしょうか?

「インフラの整備が進んだことはまず挙げられますね。現在では天然芝と人工芝のグランドがそれぞれ設置されていますし、『フットボーナウト』のような機器によって効率的な練習ができるようになりました。また、コーチの育成に関して今では5年の研修が義務づけられるようになり、(ライセンスの)取得が難しくなった分、質が高まったのも大きいですね。さらに、ユースコンペティションの充実も選手のレベルの向上に寄与しています」

――育成部門に関わっている立場から、将来香川選手のようにドルトムントでのプレーを夢見ている日本のユース選手たちにアドバイスをお願いします。

「まずはサッカーをプレーするというのは素晴らしいことですから、サッカーに対する情熱や愛を大切にしてください。それと同時に大事になるのが、一つひとつのプレーや試合に一生懸命に打ち込むこと。それによって上を目指す、何かを成し遂げる勝者のメンタリティを身につけることができるのです」

写真
https://www.footballista.jp/wp-content/uploads/2017/06/lars_ricken_main.jpg

6/18(日) 13:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010000-fballista-socc

 

4 :2017/06/18(日) 14:50:52.04

シュートが下手wwwwwwww

 

5 :2017/06/18(日) 14:50:58.63

テクニックもスピードもないぞ

 

7 :2017/06/18(日) 14:52:00.89

スピードないのになんでスピードって言われるのかまったくわからん

 

9 :2017/06/18(日) 14:52:52.33

スピードこそ日本人に一番足りてないともうけどな。
アジリティこそあれど、ロングスプリント力とそれを繰り返すスタミナが圧倒的に不足してる。

 

17 :2017/06/18(日) 14:55:54.44

ヘッドでクリアしたボールが全く味方につながらないっていう状況を何十年も見てるけど
代表レベルでもほんとヘッド下手だよなぁ。

 

20 :2017/06/18(日) 14:57:54.86

リッケンて10番様?

 

26 :2017/06/18(日) 15:00:37.29

ヘディングやシュートって結局は肉体的なパワー不足ってことだと思うけどね
瞬間的に爆発的なパワーをボールに伝えることが出来てないっていう

 

27 :2017/06/18(日) 15:01:09.06

FWでヘディングの印象は高原くらいか

 

30 :2017/06/18(日) 15:03:09.79

ドルトムントの人
レッズの誰かに興味持ってるって言ってなかったっけ
誰だろう

 

31 :2017/06/18(日) 15:03:51.94

>テクニック優れ、素早さ、スピードがある

特に誉める所が無い国を誉める時によく使われる言葉

 

32 :2017/06/18(日) 15:03:53.61

スピードのある日本人選手が海外にいくことが多いから日本人はスピードがあるって思うんだろうね

 

34 :2017/06/18(日) 15:04:30.23

ドイツ移籍した選手がヘディング練習すげぇやらされるって話はよく聞く
でもそれと同じ事日本人がやって強くなるのかというと難しいとこだな

 

36 :2017/06/18(日) 15:04:32.56

えヘッドはザキオカさんだろ

 

51 :2017/06/18(日) 15:09:57.92

>>36
プレミア優勝の金字塔立てた最強選手のくせに影薄いな

 

38 :2017/06/18(日) 15:04:45.20

要点 香川シュート下手

 

42 :2017/06/18(日) 15:05:30.00

久保竜彦みたいなシュートセンス持ったCFやらアタッカーども普通に出てくれば勝つる!!

 

43 :2017/06/18(日) 15:05:34.23

シュート練習が足りないんだよ 代表クラスでも酷いのばっかじゃないか

 

44 :2017/06/18(日) 15:06:04.57

王子様か、懐かしい名前
CL決勝のゴールは覚えてるぜ

 

49 :2017/06/18(日) 15:09:25.63

1997年CL決勝ドルトムント対ユベントス戦のリッケンのループシュートは素晴らしかった

 

52 :2017/06/18(日) 15:10:21.99

テクニックとスピードも練習においてはだろインテシティが限定された

 

54 :2017/06/18(日) 15:12:48.69

プレースキックはうまいと思うよ
ただドリブルしながらやトップスピードでのシュートが絶望的に下手

 

57 :2017/06/18(日) 15:13:10.22

肝心な能力なくてワロタ

 

62 :2017/06/18(日) 15:16:20.52

シュート技術がダメってwww
点取りゲームのサッカーには致命的な弱点だなwwww

 

63 :2017/06/18(日) 15:17:09.85

ずーっと言われてることじゃん

 

70 :名2017/06/18(日) 15:18:49.78

鄭大世ぐらいだなヘディングの技術とミドルの技術があるのは

 

80 :2017/06/18(日) 15:22:09.21

>>70
ドイツでは通用しなかった
大迫はよくやってるが

 

73 :2017/06/18(日) 15:19:06.55

10番様じゃないか!懐かしいな

 

81 :2017/06/18(日) 15:22:23.51

20年以上同じ事言われてるなぁ。

 

82 :2017/06/18(日) 15:22:38.84

シュートにいくまでの技術や判断力がない
原口とかその典型

 

85 :2017/06/18(日) 15:23:39.38

ヘディング嫌い多いよな

 

87 :2017/06/18(日) 15:23:59.11

ヘディングは単純に身長高い方が有利
ここはドイツ人より上手くなるのは無理だろ
シュートは謎だな、テクニック有る選手が単純にシュート上手い訳けじゃ無いし
得点力高いって訳じゃない

 

92 :2017/06/18(日) 15:25:27.66

シュート力は、パワー不足が1番の原因でないのけ

 

95 :2017/06/18(日) 15:26:51.89

シュートに限らず、中盤でもヘディングの時は誰もプレスに来てないのに適当に弾いて相手に渡すことが本当に多い

実はこの中盤でもヘディングパスは香川が抜群にうまいんだよな

 

97 :2017/06/18(日) 15:27:26.27

リッケンが新しいドイツ代表の皇帝になると思っていたこともありました

 

102 :2017/06/18(日) 15:29:21.93

まぁヘディングやシュート技術もあるけどメンタル面の改善も必要だわ

 

104 :2017/06/18(日) 15:29:57.20

リッケンて誰だよ
偉そうに言えるほどの選手なのか

 

111 :2017/06/18(日) 15:34:00.54

若手時代はラウル、リッケン、デルピエロなんて並び称されたこともあったな

 

112 :2017/06/18(日) 15:34:35.85

>>104
元ドイツ代表の10番でドルがビッグイヤー獲得した時の選手だが

 

114 :2017/06/18(日) 15:35:10.23

「小さいからすばしっこい」

これ当たり前の事だから褒められる事でもなんでもないのよね

 

117 :2017/06/18(日) 15:38:12.16

サッカーに一番大切なシュートの技術がないのが致命的過ぎる

 

120 :2017/06/18(日) 15:39:50.34

外人の日本人プレーヤーの総評って皆判を押したように「スピードがある」だよね。
よくわからんなら褒めなくていいのに

 

121 :2017/06/18(日) 15:40:58.58

組織力だけじゃねえか
あとは何にもねえよ

 

125 :2017/06/18(日) 15:48:43.00

シュートが下手なのは、外人よりシュートレンジが短くて
自分のシュートレンジの外で打つ事が多いから入らないじゃない?
原口なんかまさにそう。

 

130 :2017/06/18(日) 15:48:11.71

ワールドクラスはキーパーの裏をかいて簡単なコースへシュート
日本人はキーパーに読まれても取られない難しいコースへシュート

 

139 :2017/06/18(日) 15:52:08.41

Jリーグ見てても、最近の選手はみんなキック力あるよなその点では明らかに韓国人に負けてた
やっとインステップキックの蹴り方が分かってきたんかなw

 

141 :2017/06/18(日) 15:52:40.40

スピードについてはよく言われるけど日本人はスプリントで考えてるから劣ってると考えがちだけど
瞬間のスピードの話じゃなくて一定以上のスピードを開始から終了まで
ひたすら維持できることが外国人からすると驚異的らしいな

 

146 :2017/06/18(日) 15:54:51.68

スピードねえ…
その割にスペース空いたサイドを爆速ドリブルでぶち抜いたり、バイタルエリアをスルスルいくプレーヤーがでてこない。
特に後者なんてチビにしかできないような芸当なんだが

 

152 :2017/06/18(日) 15:57:29.18

清武や乾もよく言われてたな
シュートまでは完璧なのに最後が台無しとか

 

157 :2017/06/18(日) 15:59:11.23

小回りが利くというだけで言うほどテクニックに優れてるとまで言える選手っていないんだよな
乾レベルが沢山いて選び放題だったら優れてるでもいいが

 

164 :2017/06/18(日) 16:05:00.88

日本の場合、指導者の問題もあるみたいだからね
自らいってシュートしたりミドルシュートをする選手を嫌う人もいる
チームプレーを優先させるためプレッシャーなくシュートできる可能性が高い人にパスをするよう選択させる人もいる。シュート練習も試合中ではあり得ないユルユルの守備を相手に練習したりする。そりゃ下手だろうよ
その癖が抜けないから日本代表もゴール前でパスばかり

 

168 :2017/06/18(日) 16:07:43.10

今のところ個で劣るから組織で埋め合わせるしかないってレベルだからな

 

169 :2017/06/18(日) 16:08:05.23

フィジカルは手足の長さが全然違うから、逆立ちしても日本人は勝てない
ただドイツ人のヘディング練習は取り入れるべきだ

 

170 :2017/06/18(日) 16:08:44.90

トルシエが監督の時代に日本代表をフランスのスポーツ研究所に連れて行って
身体能力テストをしたら白人と変わらなかったらしいね

身体能力テストってのは例えば
反復横飛び数分やったら直ぐに脈を測ったりみたいな事らしいけど
パワーや体幹の強さは白人に負けてるだろうなあ

 

171 :2017/06/18(日) 16:10:26.73

日本人が優れてるテクニックって、止まったボールの扱いの話だろ
中田も遠藤もそこは指摘してるよな
動きの中でのボール捌きはスペイン人とはかなり差がある
日本人は練習でのボール回しが上手いだけ

 

172 :2017/06/18(日) 16:11:39.99

テクニックというか小学生の頃から鳥かごみたいな事をやってるから
そういった短いパスで繋いだりするのは上手いかも

あとフィジカルよりはスピードをいかしたプレーを優先してやるしスピードはまあまあな傾向やろな

 

177 :2017/06/18(日) 16:16:58.54

ゴール前に持ち込んだ途端
余裕がなくなる感じ

 

183 :2017/06/18(日) 16:19:50.85

シュートすべきところでパスする判断の悪さが一番気になる

 

184 :2017/06/18(日) 16:21:46.12

正直今の選手でテクニックあって素早さあってスピードあるのなんて香川ぐらいだろ
まあだからこそドルみたいなビッグクラブで試合出てるんだろうけど

 

189 :2017/06/18(日) 16:28:06.24

中田はシュート上手かったよな
ゴール前で慌てないからなんだろうが

 

194 :2017/06/18(日) 16:31:14.79

仮にもプロって呼ばれてる人たちが、ノーマークでなんでゴール飛び越えちゃうの?ねぇ、なんで?

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1497764960/