韓国代表に“リベンジ”したU-20ポルトガル代表がキャンプ地に日本を選んだ理由【170602】

1 :2017/06/02(金) 21:20:11.52

U-20W杯開幕前、日韓W杯時にA代表がキャンプを張った淡路島で再びキャンプを行ったイングランド代表が話題となったが、日本でを合宿地に選んだのはイングランドだけではなかった。ラウンド16で開催国の韓国を破り8強入りを果たしたポルトガルも日本で準備を行っていた。日韓W杯の時は日本ではなくマカオに滞在していたポルトガル代表がなぜ今回、そのマカオでも開催地の韓国でもなく日本をキャンプ地に選んだのか。合宿に密着取材した鰐部哲也氏に、その謎を解き明かしてもらった。

取材・文・写真 鰐部哲也

 U-20W杯のキャンプ地に日本を選んだポルトガル代表は5月11日から15日まで、日本サッカー協会の肝いりの下、7年前にオープンしたナショナルトレーニングセンター「J-GREEN堺」で本大会に向けた最終調整を行った。

 彼らはなぜ、日本を合宿地に選んだのか。ポルトガルサッカー連盟(以下FPF)広報のロドリゴ・ディアス氏に尋ねてみると、なんと「なでしこJAPAN」の活躍が関係しているのだという。

 「アルガルヴェ・カップに日本女子代表が毎年参加してくれるようになったのが大きい。2011年に日本が女子W杯を制したことで、多くの日本メディアがポルトガルに来るようになったし、我われと日本サッカー協会との間にも太いパイプができたんだ。それで今回、日本の施設を使わせてもらうことができたんだ」

 FPFが国内メディア向けに作成した全82ページからなる「MEDIA GUIDE」(下の画像)では、「すべての準備は日本で!」と題して2ページにわたって日本のキャンプ地紹介がされている。練習場となったJ-GREEN堺だけではなく、江戸時代に大阪の呼称であった“天下の台所”をポルトガル語で“コジーニャ デ ナサォン”と正確に翻訳して説明していたり、戦後に堺が阪神工業地帯の一角として工業都市として発展した、といった近代史まで詳しく解説されていたりとかなりの力の入れようだった。

 前述のディアス広報に聞くと「ポルトガルの図書館で日本の歴史を調べたからね」と得意気。が、このガイド、よく見ると堺の位置が能登半島の付け根を指している……。「水を差すようで悪いけど」と間違い指摘すると、非常に悔しそうな顔で「間違いはこれだけだよなぁ」と何度も自分が作成した冊子を見返す姿を見て「言わなければ良かったかな」と猛省した次第である。

日韓W杯での失敗を糧に

 ただ、今回ポルトガルが日本を合宿地に選んだのはただ日本との関係が良好だったからだけではなく、過去の教訓を踏まえての決断でもあったようだ。

 遡ること15年、2002年の日韓W杯で、ポルトガルは優勝候補に推されながらまさかのGS敗退の憂き目にあった。当時主将だったフェルナンド・コウトがこの時の最も大きな敗因として挙げていたのが「合宿地の選択ミス」だった。いわく「韓国で試合をやるんだから、高温多湿のマカオではなく日本の北海道とかで合宿を張るべきだった」。選手たちは各クラブのシーズン終了直後で疲労が蓄積した状態のままマカオで合宿に入り、余計に疲労を溜め最悪なコンディションで大会に臨むことになった、と分析しているという。

 今大会でチームを率いるエミリオ・ペイシェは「フェルナンドの意見には賛成だ。日本と韓国には時差がないし、結果的に時差ボケの解消や選手のコンディション回復はとてもうまくいったからね。練習環境も練習施設も素晴らしかったし、天候も暑過ぎず寒過ぎずで練習するにはもってこいだった。日本サッカー協会の方々のサポートは完璧で、ポルトガルで合宿している時と同様にストレスを感じることなく最高の準備がでたよ」と、日本での合宿に手ごたえを感じているようだった。

 迎えた本大会で、ポルトガルは2試合を終えて1分1敗とスタートダッシュに失敗。数多くのシュートチャンスを作りながらフィニッシュの精度を著しく欠いた2試合だった。さらに、チームの精神的支柱である主将ルーベン・ディアスが2戦目のコスタリカ戦で退場処分を受け、絶対的窮地に追い込まれた。しかし、決勝トーナメント進出に黄色信号が灯った若きポルトガル代表は監督自慢の勝負強さを発揮。運命の3試合目でイランを逆転で下し、第一目標だったGS突破を果たす。ラウンド16ではホスト国である韓国との対戦が決まった。

 日韓W杯で、仁川の地でポルトガルに引導を渡しGS敗退に追い込んだ相手と同じ韓国を舞台に再戦。あの時の“敵討ち”の格好となるが、ポルトガルの日本滞在最終日、よもや韓国と当たるとは思っていなかった段階のペイシェ監督は「我われは過去の“悪い記憶”をいつまでも留めておくことはしない。2002年に韓国でポルトガル代表と不幸な瞬間を共有したのは認めるが、サッカーは屈辱を晴らすような感情を背中に抱えていては未来には向かえない。それを踏まえて“新しい歴史”を創ることが重要で、そうしようと強く思っている」としてリベンジを否定していた。一方、ホテルで雑談した他のテクニカルスタッフは「ポルトガル国民はあの不当な結果は忘れていない。彼の地(韓国)で心に期するものはいつもの試合以上に強い」と本心を吐露してくれていた。

 そうして迎えた大一番で、若きポルトガルイレブンは躍動。3-1の完勝で韓国を下した。試合では、GS突破を決めたイラン戦同様、この日もミドルシュートにこだわったペイシェ監督の采配が的中。先制ゴールを決めたシャダス、初めてスタメンに抜擢され2点目を挙げたブルーノ・コスタといったミドルシューターたちが活躍した。

 ポルトガルにとって、日本をキャンプ地に選んだ吉凶は完全に吉と出た。それも大吉だ。試合終了のホイッスルを聞いた瞬間に、コーチ陣と抱き合いながらピッチに泣き崩れたペイシェ監督の姿が、それを雄弁に物語っていた。「感情を解き放ってしまったチームは次の試合には勝てない」のが短期決戦のコンペティションの常だが、試合後の選手たちは監督よりは喜びの発露は控えめで、うなだれるルーザーたちの手を取って観客の拍手に応える余裕を見せた。それは、ポルトガルが長年の呪縛から解放された瞬間であり、「黄金世代」以来の優勝も現実味を帯びてきた。

6/2(金) 21:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170602-00010000-fballista-socc

 

3 :2017/06/02(金) 21:21:49.73

そうでしょうそうでしょう

 

6 :2017/06/02(金) 21:23:25.58

( ;∀;) イイハナシダナー

 

7 :2017/06/02(金) 21:23:44.52

的確な判断ですわ

 

8 :2017/06/02(金) 21:24:19.25

日本なんて合宿地何度失敗したか分からんのに

 

24 :2017/06/02(金) 21:31:04.99

>>8
これw
日本は合宿地選ぶの下手だな

 

64 :2017/06/02(金) 22:04:14.73

>>24
下手というより色んな利権が絡んでるんだろ
特にリオは酷かったみたいだな

 

13 :2017/06/02(金) 21:24:51.26

韓国で試合するのに韓国でキャンプするという発想が全く書かれてないのが笑える

 

16 :2017/06/02(金) 21:26:58.37

選択肢に韓国での合宿は無かったみたいだねw

 

17 :2017/06/02(金) 21:27:51.84

いつまでも過去に執着は見苦しいニダ

 

19 :2017/06/02(金) 21:28:13.14

02年韓国戦のポルトガルは確かに気の毒だったな。
韓国のバックチャージとかのラフプレイにはカードどころか笛も鳴らず、
ポルトガルの選手が同じようなプレーをしたら一発レッド。2人退場したんだったかな。

 

20 :2017/06/02(金) 21:28:18.79

国民が負ける様に、邪魔して環境最悪にする国と
例え、対戦相手としても、歓迎して応援する国

どっちを選べばいいか、一目瞭然だろ

 

22 :2017/06/02(金) 21:29:27.64

ポルトガルさんを応援します

 

28 :2017/06/02(金) 21:33:32.34

>サッカーは屈辱を晴らすような感情を背中に抱えていては未来には向かえない。

良い言葉です

 

29 :2017/06/02(金) 21:34:14.39

02年のイタリア代表の仙台といいカメルーン代表の中津江村といい やっぱキャンプ開催地として日本はいい場所なんだろうね

 

30 :2017/06/02(金) 21:34:23.88

やっぱりポルトガル人も不当な結果だと思っていたし忘れていなかったな

 

31 :2017/06/02(金) 21:34:27.22

しかもポルトガルはレナトサンチェスがいない2軍

 

35 :2017/06/02(金) 21:36:47.52

日本協会なんて糞の役にもたたん組織なのにパイプなんか作ってもしょうもな

 

38 :2017/06/02(金) 21:38:59.02

堺でキャンプとか何百年の時を超えてロマンを感じない?

 

43 :2017/06/02(金) 21:44:29.98

>サッカーは屈辱を晴らすような感情を背中に抱えていては未来には向かえない。

鬱憤晴らす為にスポーツを利用してる韓国には永久に理解できない話だろうな

 

44 :2017/06/02(金) 21:45:17.78

フェルナンドコウトが地味に北海道の名前出してるのが面白い
そこそこ日本に詳しいw

 

47 :2017/06/02(金) 21:49:47.22

アルガルベカップ
「なでしこ」のおかげか

 

50 :2017/06/02(金) 21:52:04.03

ラツィオが北海道でキャンプ張ってた時はまだコウトは加入前だったと思うがなぜ詳しいのか

 

52 :2017/06/02(金) 21:52:56.18

もう一歩踏み込むと「そもそも紛争地域の朝鮮でなんで試合するんだ?」ってなると思うけどなw
普通に考えたら核実験や国連に反してミサイル実験やってる半島だぞ!

 

53 :2017/06/02(金) 21:54:06.77

国際試合のホスト国に立候補するならせめて練習ぐらいは妨害しちゃ駄目だな
中東も過去に練習場に釘まいたりアジアはめちゃくちゃだよ

 

55 :2017/06/02(金) 21:55:30.89

他のチームはどこでやってたのかしら

 

58 :2017/06/02(金) 21:59:17.36

アメリカも日本じゃないか
今ツーロンに行ってるチームと試合して2-1でアメリカ勝ったらしいし

 

61 :2017/06/02(金) 22:02:10.01

堺のトレセンは海の上だから隔離できるしキャンプするのに最適
ただ真夏はゲリラ豪雨で地獄だから今の時期が一番いいよ

 

63 :2017/06/02(金) 22:03:42.63

暗黒半島に乗り込むにはそれなりの準備が必要だからな

 

66 :2017/06/02(金) 22:08:26.18

ポルトガルに対して遺恨とか言ってたかんこくも合宿地に日本を選択したことへの嫉妬があっただろう

 

69 :2017/06/02(金) 22:18:52.70

02のポルトガルは記憶に無いわ
韓国とGLで当たったの?
イタリア、スペインしか覚えてないや韓国戦

 

71 :2017/06/02(金) 22:25:15.68

02年のイタリア対韓国が
あまりにも酷かったから、どうしてもその試合ばかり
クローズアップされがちだけど
ポルトガル対韓国、スペイン対韓国も酷かったんだよな・・・

 

75 :2017/06/02(金) 22:34:07.05

>>71>>69
勝者のマナーがーと韓国人がいってる今こそ02年アメリカ戦のスケートパフォとやらも忘れちゃいかんよ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1496406011/