磐田で控え、世代別代表ではエース 小川航基は前園、清武級になれるか【170422】

2017年5月7日

1 :2017/04/22(土) 08:15:21.74

 日本の「エース」を名乗るのにふさわしい回答だった。

 小川航基(磐田)は、U-20日本代表候補合宿最終日のジェフ千葉との練習試合(30分×3本)で2ゴールを挙げた。このゴールとこれまでの代表チームでの実績を踏まえて来月、韓国で開催されるU-20W杯を戦う日本のエースとして国際舞台に立つことになる。

 カテゴリ別代表チームには、かならずといってもいいほど同世代の選手に一目置かれ、認められた選手がいる。アトランタ五輪で言えば前園真聖であり、ロンドン五輪では清武弘嗣がまさにそういう存在だった。彼らは一様に技術レベルが高く、チームを引っ張れる選手だったが存在そのものが中心になっていたのだ。

 小川は、代表チーム結成時から主力としてプレーし、昨年のU-19選手権でも3ゴールを挙げて優勝に貢献。3月のドイツ遠征のデュイスブルグ戦ではハットトリックを決めるなど国際舞台で常にゴールを挙げてきた。

点を取れて、リーダーシップも発揮しようとする。

 その得点力に加え、技術が高く、観察眼も鋭い。千葉との試合の2点目は相手の高い守備ラインを見極め、前半からDF町田浩樹(鹿島)にパスを要求していた結果、ロングパスで抜け出すことができた。その際も直線的な動きが多かったことを反省し、斜めに入ってもらうことでGKを前に出にくくするなど動きの質を変えている。こうした駆け引きや読みは天性のものがあるのだろう。それがこれまでの多くのゴールにつながっている。

 また、小川の意識には「チームの状況が悪い時に声掛けができるリーダーシップを取っていきたい」と、チームを牽引する自覚もある。チームメイトも点が取れるエースを信頼している。「ここって時に点を取ってくれるのはもちろん、守備でも貢献してくれるうちのエース」とキャプテンの坂井大将(大分)は小川を絶賛している。小川はU-20日本代表で、かつての前園や清武的な存在になりつつあるのだ。

昨季はジェイ、アダイウトンの壁を超えられず……。

 ただ、これまでも小川に不安がなかったわけではない。これは内山篤監督も常々気にしていたが、最大の懸念は磐田で公式戦出場の機会に恵まれず、試合勘を失ってしまうことだった。昨季から4-2-3-1のシステムを敷く磐田ではジェイやアダイウトンの壁を超えられず、リーグ戦は出場ゼロに終わった。ルーキーとイングランドでプレーし、2015年はJ2の得点王になったジェイとの実力差は認めざるを得ないが、あまりにも出番が巡ってこなかったのだ。

 ただ、小川はそれでも腐らなかった。

 「ボックス内の動きとシュート数にこだわりを持つように」と名波浩監督から指令を受け、ボールを呼びこんでシュートを打つ意識を高めた。それが前述したU-19選手権での3ゴールという形になって表れた。

 それでも不安はつきまとっていた。昨季後半から同世代の三好康児(川崎)らが公式戦に出場し始めたことで「みんなが試合に出始めているのを気にしています」と自分の中に焦りと葛藤を常に抱えていたのだ。

久保建英らの招集もあって、安穏とはしていられない。

 今回の合宿には今シーズン、鳥栖で結果を出して頭角を表し始めた田川亨介が新たに入ってきた。「天才」と言われる久保建英(FC東京U-18)の招集もあり、ウカウカしていられない状況だ。

 ただ、小川も今季に入ってから徐々に試合に出場できるようになってきた。第4節の神戸戦でリーグ戦デビューを果たし、第7節の鳥栖戦にも途中出場した。ルヴァン杯では仙台戦でスタメン出場を果たしている。

 小川は「まだ少しの時間ですし、ゴールを決められていないですけど」と前置きしつつも、手ごたえをつかみつつある。

 「試合に絡み始めて自信にもなりますし、それを代表にも還元して自信をもってやれている」

今季もまだ川又のサブだが、出場機会は増えている。

 磐田では川又堅碁の牙城をまだ崩すまでには至っていないが、昨年とは異なってチャンス自体をもらえるようになったのは一つの進歩だ。U-20W杯まで残り1カ月の期間で、少しでも出場機会を得て、ゴールを決めることができればコンディションも上がるだろうし、さらに自信をもって韓国で戦えることになるだろう。

 その中で小川にとっての課題は、体の線がまだ細いことだ。昨年9月のU-19日本代表合宿で大学生と練習試合をした時、小川の後方から激しくチェックする相手に負けるシーンがあった。

 小川自身もそれを自覚しており、「まだ体が細いし、後ろから“ガッ”ときたときに耐えられないんで、もっと筋肉をつけて体を大きくしていかないといけない」と語っていた。

「筋肉がつきにくい体質」でもフィジカル負けせずに。

 ただ、今回の合宿ではその時よりも体が大きくなり、締まっているように見えた。

 「見た目よりも体脂肪が多いので、それを2、3%落として調子が上がりましたね。でも、筋肉がもっとついてほしい。けっこう筋トレとかをやっているんですけど、筋肉がつきにくい体質なので」

 世界大会に出場してくる選手は同世代とはいえ、フィジカルはアジアより強い。当然、背後からの当たりもさらに強烈になる。そうした当たりの強さにどう対応していくのか。

 また、グループリーグは中2日で3試合を戦う。U-19選手権も同様のスケジュールだったので「不安はない」と小川は言うが、アジアとは相手の質が違う。90分を戦うゲーム体力がどのくらいあるのかも、未知数である。

「自分の名前を世界に知ってもらう機会になる」

 すべての不安や課題を一気にクリアして大会に臨むことは難しいが、大会を戦いながら相手の強い当たりに慣れて成長していくという考え方もできる。そうしたところでも小川は今後、東京五輪でもエースになり得るかどうかが試される。

 小川は、入れ代わりが多いカテゴリー別代表チームでずば抜けた活躍をしてきた。クラブで活躍ができても違う環境になる代表では活躍できない選手はいるが、その逆はなかなかいない。それはイコール潜在的な能力が高いということでもあろう。今後、磐田に試合に出始めて、さらにどう進化していくのかは楽しみではあるが、現時点で代表との相性は抜群にいい。

 「1次、最終予選と積み上げてきて、いよいよきたなというワクワク感が強い。大会は自分の夢の大会ですし、自分の名前を世界に知ってもらう機会になる。やってやるぞという気持ちですね」

 奇しくも前園も清武も五輪という大舞台を前に同じ言葉を語っていた。

 世界に自分の名を知らしめる。

 そのためにはチームを勝たせる役割を果たすことが最も重要である。それを彼らは理解していた。U-20W杯、小川はエースとしてゴールでその役割を果たすことになる。

(「話が終わったらボールを蹴ろう」佐藤俊 = 文)

Number Web 4/22(土) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170422-00827911-number-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170422-00827911-number-000-view.jpg

 

3 :2017/04/22(土) 08:16:50.70

期待してるよ

 

4 :2017/04/22(土) 08:17:04.40

J3辺りにレンタルへ

 

5 :2017/04/22(土) 08:19:59.53

ほんとに上手い選手なら
19歳でも20歳でも起用されるだろ
と思いたいのだが監督が名波だったら
基本的に選手を見る目が怪しいからどうだろうね

 

23 :2017/04/22(土) 09:10:18.02

>>5
広島でベンチだった川辺を覚醒させたのは名波

 

6 :2017/04/22(土) 08:21:53.17

名波は小川を潰す気か??

 

8 :2017/04/22(土) 08:23:16.23

ルヴァンで仙台にすらあれだったしな

 

9 :2017/04/22(土) 08:23:27.51

なぜ育成レンタルを活用しないのか

 

10 :2017/04/22(土) 08:25:18.45

今日の鹿島戦出る?
相手は高卒ルーキースタメンらしいけど

 

17 :2017/04/22(土) 08:49:51.29

>>10
あのルーキー、ありゃメンタル化け物だで

 

21 :2017/04/22(土) 09:00:52.69

>>10
先週の仙台鹿島戦でも、佐々木は先発で面白い攻撃を連発して、会場沸かしたで。

仙台自体はボロ負けですけどね。

 

11 :2017/04/22(土) 08:27:49.88

来シーズン完全移籍した方がいい。
名波のもとでは無理だ。名波が信用していない。

 

12 :2017/04/22(土) 08:30:37.09

ルヴァンじゃ、U19に呼ばれなくなった佐々木のほうが1G1Aで目立っちゃったし

 

13 :2017/04/22(土) 08:37:39.67

今年ルーキーの原が新潟で
ここまで全試合出場している
ことを見ればチーム選びを
間違えたと言わざるを得ない

 

14 :2017/04/22(土) 08:40:40.49

比べるなら高原だろ。タイプ的にもにている。

 

16 :2017/04/22(土) 08:41:59.02

前園みたいに落ちぶれるの?

 

20 :2017/04/22(土) 09:00:38.95

そういや、ジェイって退団してもどこも取らなかったな。

どっか手を出せばいいのに。問題児ってほどでもないだろう

 

22 :2017/04/22(土) 09:07:27.14

小川は現状大した選手じゃないというか
高校時代やたら持て囃されてたけど
そこまでポテンシャル感じないし
総合力が劣ってても光るものがあればいいがそれもない
名波が使わないのもそら当然だろとしか
阿部祐太郎以上田原豊未満

 

28 :2017/04/22(土) 11:24:42.75

>>22
育てる気がないなら高卒取るなって話だけどな

 

24 :2017/04/22(土) 09:16:07.11

前節途中から出てただろ

まだまだオフザボールの動きが解ってないみたいだが
俊さんの調教に期待するしかない

 

29 :2017/04/22(土) 11:28:43.02

小川はまじでいい選手だよ
身体能力高いしテクニックもあるしチームを引っ張ってる
ジュビロに入ったのは失敗だった

 

30 :2017/04/22(土) 11:40:20.45

ジュビロは戦術が酷い
並の日本人で1トップが務まるわけがない
今の大迫クラスならできるだろうけど
ツートップなら小川もスタメンのチャンスあるだろうに

 

32 :2017/04/22(土) 11:52:35.53

ユース世代代表で中心だけどクラブだと控えの選手より、代表ではないけど
クラブでは実績を積みはじめてる選手のほうが最終的には伸びるんだよね。
正直二十代前半くらいまでは試合に出ないと伸びない。

 

34 :2017/04/22(土) 12:23:06.39

U-20世代がレギュラーって相当な選手だけだからな。凜

 

35 :2017/04/22(土) 12:27:14.04

凜とか十年ぶりくらいに見たわw

 

36 :2017/04/22(土) 12:28:06.32

>>34
J1で試合出ないで練習してるだけならJ2で
試合出てた方が成長する

下手したら大学行った同級生に抜かれる
可能性もあるけどな

 

37 :2017/04/22(土) 14:46:03.04

水面下でのレンタルオファーならもうとっくに来てると思う
夏には出してみてほしいね、もうジェイみたいな生きた教科書的な選手もいないんだし

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492816521/