王者・鹿島のレッスンで得た教訓――2-0からの逆転負けが清水にもたらすモノとは?【170320】

王者・鹿島のレッスンで得た教訓――2-0からの逆転負けが清水にもたらすモノとは?【170320】

☆気に入りましたらシェアお願いします☆




1 :2017/03/20(月) 16:22:21.88

鄭以外に点を取る選手がいないという懸念があった中で…。

「2-0は1点取られるとひっくり返るということを、今日はまざまざと……」
 
 鹿島に2-3で逆転負けを喫した試合後、そう振り返ったのは、清水の小林伸二監督だ。71分に2点目を取るまでは、流れは明らかに清水にあった。だが、相手は昨年のJ1王者。J2では2-0から逆転されることはなかっただけに、あらためてJ1の恐さ、厳しさを味わされるゲームとなった。
 
 火曜日にACLのブリスベン戦を戦った鹿島は、2月18日のゼロックス・スーパーカップからACLの3試合も含めて4週間で8試合目。その疲労や、金崎夢生とレオ・シルバをベンチスタートにさせた影響もあって、エンジンのかかりが遅くなったのは間違いない。だが、それを差し引いても、清水は自信を持ってパスを回し、攻守の切り替えの速さで上回り、鹿島と対等以上に渡り合った。
 
 それでも球際の1対1では、やはり鹿島が一枚上手。選手同士が交錯してもつれ合いになったときに、最終的に鹿島の選手が足にボールを引っかけて確保するシーンが、攻守ともに目立った。それはフィジカル面の差だけでなく、スキルの差という面もある。今後、清水が磨いていくべき課題のひとつと言えるだろう。
 
 その分、前半の中頃から鹿島が盛り返していったが、流れが変わりかけた41分に金子翔太が大きな一仕事を見せる。GKからのロングボールを鄭大世が頭で後方にフリックし、そのボールを植田直通がクリアしようとしたが、そこに素早く詰めた金子がキックを身体でブロック。こぼれ球を自ら豪快に蹴りこんで、自身のJ1初ゴール。チームに自信を与える貴重な先制点をもたらした。
 
 たとえ無駄足に終わっても、休むことなく前線からのチェイシングをひたすら繰り返してきた金子。そのご褒美として与えられた1点と言えるかもしれない。
 
 後半は、鹿島が左SBを山本脩斗から西大伍に代えて反撃に出たが、逆に速い攻撃でチャンスを多く作ったのは清水。62分に鄭のヘッド、68分に金子のシュートで決定機を迎えた後の71分、カウンターから鄭がゴール前にボールを入れ、こぼれ球をキープした金子が裏にパス。2列目から飛び込んだ白崎凌兵が左足で流し込んで、王者から2点のリードを奪った。

 CBがふたりとも日本代表で、GKは韓国代表という堅守の鹿島から続けざまに決定機を作り、流れの中から2得点。21歳の金子と23歳の白崎が今季初ゴールを決め、「あのふたりが点を取ってくれたのはありがたい。チームにとって大事なゴール」と鄭も振り返る。これまで鄭以外に点を取る選手がいないという懸念があった中で、非常に大きな収穫だった。

客観的に試合内容を振り返れば、清水も自信を失う必要はない。

 そのまま無失点で試合を終えられれば、清水にとって理想的なゲームとなったが、それを許さないのが鹿島の鹿島たるところ。65分に金崎、76分にレオ・シルバを入れて主導権を奪い返し、本格的な猛反撃に出る。
 
 ただ、それ以上に大きく流れを変えたのは、清水のミスだ。74分の右FKの場面で、遠藤康からファーサイドにボールが入ったところにGK六反勇治が中途半端に飛び出してしまい、犬飼智也もあっさりと競り負けて植田のゴールを許してしまう。それも2点目からわずか3分後というのが痛かった。
 
「もう少し失点せずに我慢できれば、相手の勢いも一度止まって、自分たちの流れがもう一度来ていたかなと思います」と白崎も悔しさを滲ませる。せめて10分間我慢できれば、残りは10分。鹿島の焦りを誘って、過去2試合のようにリードを守り切ることができたかもしれない。
 
 だが、早めに1点返したことで鹿島が一気に勢いづき、3点ともリスタート絡みのクロスボールから決めて、王者の力を見せつけた。
 
“勝ち切る力”という面で鹿島と明確な差があったことは否定できない。だが、それはこれまでの実績や経験値を考えれば当然のこと。客観的に試合内容を振り返れば、清水としても自信を失う必要はない。
 
 球際の技術を磨くこと、リスタートやクロスに対する守備、ミスを引きずらないこと……いくつか浮き彫りになった課題を修正しながら前向きに自分たちのサッカーを続けていけば、チームとしての成長は継続され、自ずと結果にも結びついていくはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170320-00023642-sdigestw-socc&p=1

4 :2017/03/20(月) 16:31:21.05

2対0は危険なスコア

6 :2017/03/20(月) 16:38:05.03

鹿島の交代選手
西、金崎、レオシルバ
清水の交代選手
村田、ミッチェルデューク、長谷川

これが全てだろ 鹿島がベストメンバーで最初から来てたら虐殺されてたな 清水は新外国人に期待だな

13 :2017/03/20(月) 17:22:37.62

鹿島のスイッチ入ったらなす術なく三失点だもんな
鈴木優磨もガチガチにマークされてたのによく点取るわ

15 :2017/03/20(月) 17:25:02.96

1失点目ゴールガラ空きにするGK見事だったな

17 :2017/03/20(月) 17:27:33.50

昔のイメージは鹿島は清水が苦手で負けてた気がするんだけどな。
どうしてここまで差がついたんだろ。
組織力なのかな。

19 :2017/03/20(月) 17:35:01.45

清水エスパルスはセットプレー攻守が酷すぎる
今シーズン失点全てセットプレーって

22 :2017/03/20(月) 17:58:49.14

清水は水撒きすぎだろ怪我人が出るぞ

23 :2017/03/20(月) 18:13:28.08

>>17
鹿島に勝ったシーズンに降格したので相性はあまり関係ない気もする

28 :2017/03/20(月) 19:31:27.03

>>17
最近も五分五分だよ

32 :2017/03/20(月) 20:52:41.40

ガキの頃、沢登とかシジマールいた頃の清水は好きだったわ
今は見る影もないな

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489994541/

あわせて読みたい