「浦和が優勝できない理由」を潰す 遠藤航が始めたチーム改造計画【170216】

1 :2017/02/16(木) 20:40:35.76

 沖縄キャンプ中、遠藤航の練習での気迫がすごかった。

 どんな練習も一切、手を抜かず、100%。やろうとしてもなかなかできることではないが、遠藤はキャンプの期間中それを徹底していた。

 そのせいか、練習後の表情には出しきった疲れが色濃く出ていた。

 「レッズ2年目で心の余裕はできたけど、体の余裕はまったくないっすね(苦笑)」

 そう言ってバスに乗り込む毎日だった。

 なぜ、練習からそこまで自分を追い込んでいるのか。

 「レッズが優勝するために必要なことだから」

 遠藤は、そう言った。

 「昨年は年間勝ち点1位になって、ルヴァン杯を獲って、ひとつ結果を残した。でも、チャンピオンシップで鹿島に逆転負けをして、悔しさが残るシーズンになりました。大事な試合で勝てるチームになるというのは、僕が来る前からレッズの課題だと思いますが、自分が1年やってきた中で、優勝するためには何が足りないのかを感じることがあったんです」

湘南時代に経験した練習は、今より厳しかった。

 遠藤が1年間、戦って気づいたレッズが優勝するために必要なものとは、いったい何なのだろうか。

 「厳しさです。ひとつひとつの練習を厳しく、手を抜くことなくやっていかないと試合でもルーズになったり、なぁなぁになったり、ちょっと気を抜いてやられてしまうことにつながる。だから常に練習から厳しく、100%でやるってことです」

 湘南時代、曹貴裁監督の練習は厳しいことで有名だった。300m走などでも厳しいタイムが設定されていた。選手はもちろん苦しいが、その必死さがフィジカル強化につながり、試合の中で生きることを経験した。そうして常に100%で練習する大切さを学んだ。

チームで走るときは、先頭に出てペースを引っ張る。

 浦和の練習では走る際にタイムの設定がなく、選手たちは自分の感覚で走る。手を抜こうと思えば抜けるし、そうなればフィジカル強化にもならない。また、チャンピオンシップで鹿島に負けたのは、戦略的にというよりも細部への厳しさが足りなかったという思いがあった。その甘さを、日々の練習の取り組み方を変えることでクリアーできると遠藤は考えていたのだ。

 「だから走りの練習とかは前に出て、自分が一番ぐらいの感じで走っているし、自分で自分を追い込んでいます。チーム全員がそういう厳しい中でトレーニングしていくと、レッズはより隙のないチームになる。今年はその厳しさを求めていきたいし、そのために自分が思ったことを言います。細かい部分をあーして、こーしてとうるさがられても勝つために言いますよ。優勝したいんで」

 おとなしい人柄だが、内には燃えるような情熱を秘めている。それはキャプテンの阿部勇樹にもよく似ているが、遠藤は阿部よりもより雄弁に、自分の役割を果たしていく覚悟だ。

「ボランチをやりたい」という阿部・柏木への挑戦宣言。

 覚悟でいえば、遠藤にはもうひとつ心に決めたことがある。

 「ボランチをやりたいです」

 遠藤はキッパリとそう言った。

 これまで、レッズのボランチは阿部と柏木陽介が鉄板。さらに青木拓矢、岡山から矢島慎也らが戻ってきた激戦区だ。3バックの中央であればレギュラーが安泰だが、なぜ今ボランチなのか。

 「レッズに競争という刺激を与えること、そして自分自身の成長のためです。ボランチは阿部さんと陽介さんが絶対的な存在ですが、たとえばACLのアウェーの時とか、カップ戦とか、ゲームによって使い分けてもいい。その時、僕を含めて挑戦してチームの刺激になればいいし、うまく機能すればミシャの選択の幅が広がると思うんです」

代表や海外移籍を見据えるなら、ボランチしかない。

 遠藤のように体が強く、ボールを奪い取る力のある選手はACLや強豪チームとの試合向きである。守備的なポテンシャルの高さは、ハリルホジッチ監督も認めるほどだ。キャンプ地が同じ沖縄だったコンサドーレ札幌の稲本潤一も「遠藤はセンターバックの真ん中の選手じゃないよね。たぶん、本人はセンターバックで物足りなさを感じていると思う。レッズにあそこをやれる選手がいないからそうなっているだけで、彼の守備の強さや縦パスとか攻撃の能力を考えたらボランチでしょ」と評していた。

 「別にセンターバックをやりたくないわけじゃない。センターバックかぁっていう気持ちでやるのもよくないんで、任された以上は割り切ってやります。それにうちは攻撃的サッカ―だからこそ、後ろがしっかり守れるかどうかっていうのが大事になってくる。そこの質を高めたい気持ちはすごくあります。

 でも、個人的にはボランチでやりたい。それはミシャにも言いました。やっぱりもっと成長したいし、プレーの幅を広げたい。リオ五輪はボランチでプレーしたし、日本代表にもボランチとして選ばれた。これからも日本代表でプレーしたいし、W杯にも出たい。いずれは海外でプレーしたい気持ちもある。

 そのためには両方のポジションができた方がいいけど、現実的には自分は海外の大きくて強いセンターバックのようなタイプではないので、難しいじゃないですか。自分の良さを磨いて海外にいくには、やっぱりボランチだなと思っているので」

3バックとダブルボランチには、ほとんど競争がない。

 自己の成長と夢は、プロ選手にとって絶対に必要なものだ。だが、遠藤がボランチを希求するのはそれだけではなく、チームに競争をもたらすという意味合いも大きいように見えた。

 攻撃陣では苛酷なサバイバルが繰り広げられているが、守備陣は槙野智章、遠藤、森脇良太の3バック、阿部と柏木のダブルボランチに競争はほとんど存在しない。連係が深まって阿吽の呼吸でプレーできるメリットはあるが、競争がなくなれば慣れや甘えが出て、プレーに対する厳しさが失われることもある。

24歳で「30歳おめでとう」と祝福されるおっさんぶり。

 おそらく遠藤はそのちょっとした緩みを感じたからこそ、あえてボランチへの挑戦を宣言し、波風を起こそうとしているのだろう。

 「やっぱり優勝したいですし、今年は全部のタイトルを獲りたいですからね。そのためには大事な試合に勝てる勝負強さ、自分への厳しさが必要だと思うんで」

 2月9日に24歳になったばかりだが、チームメイトには「30歳おめでとう」と祝された。普段は優しいおっさんキャラが定着してもいる。

 しかし今シーズン、ピッチではあえて鬼になる覚悟なのだろう。遠藤が浦和に移籍してきた目的は優勝することであり、そのためにチームに貢献すること。24歳だが厳しく、“口うるさいおっさん”的な存在になってチームを引っ張ることができれば、その目的はきっと果たせるはずだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170216-00827455-number-socc&p=1

 

3 :2017/02/16(木) 20:42:16.52

勝利の神は細部に宿るって岡田監督言ってたやん

 

8 :2017/02/16(木) 20:49:12.93

良い意味で言ってることがレッズぽくないね
コメントだけ見ると鹿島向きの選手っぽい

 

10 :2017/02/16(木) 20:49:42.34

まずは長谷部を目指そう

 

12 :2017/02/16(木) 20:49:56.96

>>1
お前が重要な試合でポカするから負けるんじゃね?

 

14 :2017/02/16(木) 20:51:48.69

阿部を超えるのは難しいし
柏木には監督の贔屓がかかってまず無理w

 

15 :2017/02/16(木) 20:52:11.86

家族を背負っている分強いしきびしさがある

これにひきかえ、独身で「なあなあ」の芸能に半分足突っ込んでる「M」君は厳しさ足りんからのう
大事なところで@@@

 

17 :2017/02/16(木) 20:54:34.96

優勝狙うならボランチより森脇槙野のポジ奪った方がいいぞ

 

18 :2017/02/16(木) 20:55:58.61

鹿島じゃ当たり前です
浦和は遠藤や阿部、興梠くらいしか気付けてないがな

 

19 :2017/02/16(木) 20:56:36.49

遠藤からは黄金期の浦和メンバーの雰囲気を感じる
長谷部みたいになって槙野叩き出してほしいわ

 

24 :2017/02/16(木) 21:01:42.85

監督代えろよ

 

25 :2017/02/16(木) 21:03:09.06

浦和は普段の練習で100%やってないってことか
そりゃ練習100%でやってる鹿島に勝てないわけだw

 

26 :2017/02/16(木) 21:04:33.34

永木と遠藤何故差がついたのか?
慢心、環境の違い

 

33 :2017/02/16(木) 21:07:48.19

>>26
年齢無視すると、湘南の時からボランチなら永木のが上
3バックのCBなら遠藤のが上だっただけ
五輪代表のボランチなんて、ロンドンじゃ扇原や山村もいたろ
そういういろいろな制約のなかで選ばれただけで勘違いしてりゃ、扇原なるぞ

 

35 :2017/02/16(木) 21:08:08.44

代表で見る限り
ボランチ無理

 

38 :2017/02/16(木) 21:10:21.87

遠藤はクラブでボランチとしてレギュラー取れれば代表でも呼ばれるだろうし
長谷部の後釜になる可能性もある このままDF続けてたらいい選手のままで終わる

 

40 :2017/02/16(木) 21:14:16.28

当たりの強さとか見てると海外向きの選手だからこそ
さっさと浦和でボランチとしてレギュラー獲って代表常連になって海外いってほしい

 

41 :2017/02/16(木) 21:17:37.75

ルヴァン決勝のPK5人目を蹴りにいったメンタルは評価出来る

 

50 :2017/02/16(木) 21:46:39.14

柏木槙野宇賀神辺りが一番厄介なんだよな
勝てなくてブーイングされても「俺達頑張ってんだからブーイングされる意味が分からん」って言ってるんだもん

 

57 :2017/02/16(木) 22:00:12.51

森脇槇野「あいつ必死すぎだろwww」

 

73 :2017/02/16(木) 22:53:58.20

湘南って強かったっけ。

 

95 :2017/02/16(木) 23:54:43.49

パスセンスがないのがネック

 

101 :2017/02/17(金) 07:40:50.03

まあ、航ボランチ視野に入れての菊池なんだろ

 

106 :2017/02/17(金) 08:26:13.97

ディフェンスはいいが身長が足りないのでCBは無理。だったらボランチだがショートパスのセンスが無い。

 

107 :2017/02/17(金) 08:26:16.97

浦和の2ボランチの
阿部は年齢的に限界
柏木は守備意識が軽くてボランチとしては不適切
本来守備的MFであるはずのボランチの守備力を軽視しての攻撃的にする戦術ではタイトル取れない
川崎がタイトル取れない理由もこれ

監督の戦術思想が根本的に間違ってる

 

113 :2017/02/17(金) 11:22:04.72

武藤って、まるで湘南が優勝を何回もしているような口ぶりだな。
湘南のやり方だったら優勝できるかのような。勘違いも甚だしい

 

115 :2017/02/17(金) 11:41:59.53

先ずは直近のスーパーカップで両クラブの仕上がり具合を要チェックだな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487245235/