頂点を知る「元ガンバトリオ」、 低迷ヴェルディをJ1へ導けるか【170212】

1 :2017/02/12(日) 17:46:18.68

 今季、東京ヴェルディには面白いトリオが存在している。

 昨年7月、ガンバ大阪から期限付き移籍でMF二川孝広が加入。二川は今季もヴェルディでのプレーを決め、そのあとに続くように今季、MF内田達也がガンバからの期限付きで、さらにガンバ黄金期の主力だったMF橋本英郎がセレッソ大阪(昨季終盤はJ3のAC長野パルセイロでプレー)から移籍してきた。

 豊富な経験と高い技術を持つ橋本と二川、そして中堅の内田と、Jリーグの頂点を知る”元ガンバ・トリオ”は、若い選手主体のヴェルディにとって、戦力的にはもちろん、大きな刺激を与える貴重な存在となるだろう。

 二川は昨季、20試合出場1得点と思うような結果が出せなかった。使われてナンボの選手だが、小声なこともあって、要求してもほしいタイミングでボールをもらえず、自分がやりたいプレーができなかった。

 しかし、今年はそんなことはなさそうだ。昨年からの積み重ねもあるが、古巣で長年一緒にプレーしていた橋本と内田の加入が大きい。

「ふたりの加入は心強いですね。ウッチー(内田)とは昨季の序盤戦、一緒にU-23の試合(J3)でプレー(オーバーエイジ枠で出場)して、トップチームでプレーできない悔しさをともに味わった。(内田は)ヴェルディではすでに声を出して積極的にプレーしているし、パスを左右にうまくさばくこともできるんで、(チームにとっても)大きな力になると思う。ハシくん(橋本)は5年ぶりに一緒にプレーしたけど、相変わらず頼もしい。ゲームを落ち着かせてくれるし、いろいろと指示を出してくれるんで、自分も含めて、他の選手は助かると思います」

 二川の言葉どおり、橋本の存在感は日に日に大きくなっていて、内田も今季からチームの指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の要求に応え、徐々に信頼を獲得しつつある。二川も、彼らのプレーに刺激を受けながら、昨季以上の結果を出して勝利に貢献する決意だ。

「『ガンバの3人でやろう』ということはないけど、ガンバでやってきたことを少しでもチームに還元したいと思うし、それはハシくんも同じやと思う。言葉で引っ張るのはハシくんに任せて、自分は攻撃の部分で(みんなを)リードして結果に結びつくようなプレーをしていきたい。背番号が32番なんで、3プラス2で5点は取りたいです。そのためにも、もっと(周囲に)要求していかなあかん。一応、声は出しているんですけどね(笑)」

 橋本や内田がボランチにいれば、うまく使ってくれるだろうし、ほしいタイミングでパスが出てくる回数は増えるはずだ。そうなると、二川がより生きてくるに違いない。

 だが、現状ではまだガンバ時代のすごさを見せられていない。その点は、橋本も同意する。

「フタ(二川)のキラーパスを、それほど見られていないんでね。それが出てくるようになると、調子が上がってきている証拠ですけど。まだ、それに反応してくれるようなタイプの選手がいないんで。なんとか、出てきてくれるといいですけど……。まあ、攻撃の部分はまだ詰めきれていないし、昨年もそこまで決定力がなかったと聞いているんで、フタを含めて攻撃の部分はまだまだこれからかな、と思います」

 チームは、昨季61失点(J2の22チーム中、ワースト6位)と崩壊した守備の整備からスタートしている。攻撃は開幕までに仕上げていくことになるが、二川をうまく生かすことができれば、少なくとも昨季の43得点以上は取れるはずだ。

 一方、橋本と内田の2ボランチは非常にバランスがいい。

「ウッチーと2ボランチを組んだときは、ウッチーがいい感じで前に出ていたし、それが形になっていた。ボランチの序列では、自分はまだ下なので、(内田と)ふたりでやれるように、(やるべきことを)ひとつずつレベルアップしていきたし、チームのために自分のいい部分を出せるようにやっていきたい」

 ボランチの軸には、ヴェルディ在籍6年目の中後雅喜がいる。攻守の要であり、現在の序列は当面変わらないかもしれない。それでも、長いシーズンでは何が起こるかわからない。選手が入れ替わるときもあるだろう。その辺りは橋本も織り込み済みで、ベテランらしく常に自然体でいる。

「長いことやっているんでね。でも、だからって、最初から試合に出ることを諦めているとかはない。フタも、サイドをやったり、ボランチに回ったり、いろいろなポジションをこなして試合に出ようとしている。自分もそういう姿勢を見せて、若い選手に刺激を与え、チームの力を上げていければなって思っています。ガンバもそうやって若い選手が育ってきたんで」

 勝つために要求する姿勢は、ガンバで培った勝者のメンタリティーでもあるのだ。

 内田はガンバ時代、ボールを奪う技術に優れ、1対1での強さがあり、守備能力が高いボランチだった。その力を評価されて、ヴェルディではボランチだけでなく、3バックのセンターでも試されている。

「3バックはやったことがないんです。しかも、センターはミスをしたら終わりなんで、ポジショニングが大事やし、こういうときはこうしろっていう決め事が多くて大変です。でも、それができれば失点がすごく減ると思うんで、もうやるしかないですね」

 3バックのセンターでは、やや窮屈そうにプレーしている内田だが、決して違和感があるわけではない。ただ、ボランチでのプレーを見ていると、そこが本職であることを再認識するほど、内田のよさが際立つ。それは、コンビを組むのが橋本であることと無縁ではない。

「実は、ハシさんとはガンバ時代、ほとんど一緒にやっていないんです。そのとき、僕は試合に出られなかったんで……。今回、一緒にやっていますけど、やっぱりうまい。ここっていうときに顔を出してくれるんで助かりますし、いろいろと指示を出してくれるんでやりやすいですね」

 内田は、2014年11月に左膝前十字靭(じん)帯損傷などの大ケガをして、長い間戦列を離れていた。昨季からリーグ戦での復帰も果たしたが、トップチームでの出場は3試合にとどまった。悔しさを噛みしめ、自分をもう一度輝かせるために移籍を決断した。25歳と、橋本(37歳)や二川(36歳)よりもだいぶ若いが、状況的には彼らと同じだ。

「ヴェルディに来て、ここでダメだと自分のサッカー人生が大きく変わってしまう。今後もサッカーをやっていくためには、この1年間、結果も内容も求めていかないといけない。もう死にもの狂いでやるしかない。ガンバを見返すような活躍をしたいですね」

 橋本、二川、内田――3人は元チームメイトだが、そこに甘えることはない。しかし、ひとたび一緒にプレーすれば”ガンバの遺伝子”が共鳴し、絶妙なハーモニーを醸し出す。また、3人とも「ここで活躍しなければ」という危機感を持ち、覚悟を持ってプレーしている。それが、ヴェルディの選手たちの琴線に触れ、J1昇格への推進力になっていくはずだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00010000-sportiva-socc&p=1

 

3 :2017/02/12(日) 17:47:17.42

二川橋本と内田を同列に並べちゃダメだろ
内田なんてガンバで一度もスタメン取れてた時期ない

 

8 :2017/02/12(日) 17:58:00.15

>>3
代表クラスが顔を揃えたガンバ中盤に割って入るには相当の実力がいるわな

 

5 :2017/02/12(日) 17:50:28.60

>使われてナンボの選手だが、小声なこともあって、要求してもほしいタイミングでボールをもらえず、自分がやりたいプレーができなかった。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

13 :2017/02/12(日) 18:04:54.13

5点?それだけ?

 

14 :2017/02/12(日) 18:07:47.64

内田てプラチナ世代のCBだっけ??
身長低かったよな

 

15 :2017/02/12(日) 18:10:16.22

スペイン人監督なんだっけ?
機能するようになったら面白そうなサッカーしちゃったりして

 

19 :2017/02/12(日) 18:19:29.29

橋本、山口いなくなってからガンバは本当に弱くなった
いつかスタッフとして戻ってきて欲しいよ

 

22 :2017/02/12(日) 18:32:00.46

そんなに30代いて大丈夫?

 

29 :2017/02/12(日) 19:10:32.46

なぜかヴェルディって良い外人と元代表集まるよな

安月給でもプレイしたい何かがあんだろうな。特に二川なんか実力じゃJ1主力余裕なのに

 

35 :2017/02/12(日) 22:34:43.30

Jが開幕してヴェルディに3年カモにされ続けてたガンバの選手がここまで言われるようになるとはねぇ
っていうかヴェルディが没落しすぎてるのか

 

36 :2017/02/12(日) 22:40:59.83

遠藤への布石

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486889178/