浅野は決定機生かせず不発も…シュツットガルト、2連勝で単独首位に浮上【170207】

浅野は決定機生かせず不発も…シュツットガルトが2連勝で単独首位に浮上

[2.6 ブンデスリーガ2部第19節 シュツットガルト2-0デュッセルドルフ]

 ブンデスリーガ2部は6日、第19節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームでデュッセルドルフと対戦し、2-0で勝利した。6試合連続スタメンの浅野は3試合連続のフル出場。細貝はベンチ入りしたが、出番はなかった。

 シュツットガルトが立ち上がりから主導権を握る。前半10分、FWカルロス・マネのスルーパスに抜け出した浅野のシュートはGKの好セーブに阻まれたが、同13分、左サイドからのDFエミリアーノ・インスアのアーリークロスをFWシモン・テロッデが頭で叩き付け、先制点を奪った。テロッデは今季11得点目。先制後も地力でまさるシュツットガルトが試合を支配した。

 浅野は前節のザンクト・パウリ戦(1-0)に続き、FWシモン・テロッデの背後でシャドー気味の左インサイドハーフに入った。テロッデ、マネら前線の選手と好連係を見せ、ドリブル突破からチャンスを演出。自らも果敢にゴールを狙った。前半16分にはDFティモ・バウムガルトゥルの縦パスをキープしたテロッデがヒールで右サイドのスペースに流し、駆け上がってたマネが中央にクロス。浅野がゴール前に走り込んだが、一歩早くGKがキャッチした。

 シュツットガルトは今冬の移籍市場で加入したFWジュリアン・グリーンが左ウイングで先発すると、前半20分、MFアント・グルギッチの浮き球のパスをPA内左から左足ダイレクトで振り抜き、ゴール右隅に突き刺す追加点。21歳のアメリカ代表FWが加入2戦目で移籍後初ゴールとなり、2-0とリードを広げた。

 浅野は前半41分、右サイドのスローインからテロッデの横パスを受け、PA内に切れ込んで右足を振り抜いたが、シュートは相手選手のブロックに阻まれ、5試合ぶりのゴールならず。後半27分からはマネに代わって投入されたFWダニエル・ギンチェクが左インサイドハーフに入り、浅野は右ウイングにポジションを上げてフル出場した。3点目こそ奪えなかったが、2-0で完封勝利。シュツットガルトは中断明けから2連勝を飾り、勝ち点38で単独首位に浮上した。

ゲキサカ 17/2/7 08:31
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?209016-209016-fl

 

299 :2017/02/07(火) 06:18:34.26

得点なかったけどアッサーノめっちゃ良かったな、スタメンフル

 

300 :2017/02/07(火) 06:57:24.34

試合見てないけど、浅野もマネもグリーンもテロッデもスタメンてどゆこと?

 

301 :2017/02/07(火) 07:41:02.60

まだまだ鈴木様の足元にも及ばないがそろそろコイツ師匠認定していい?

 

304 :2017/02/07(火) 10:45:00.85

順位表見てみたら首位だし得失点差も一番多いじゃん
試合に出続けて昇格なら評価もされるし来季は最低でも一部でやれる

 

305 :2017/02/07(火) 11:58:11.06

浅野よかったぞ
あとは決定力だけだw
このままだと乾2世になっちゃうぞ

 

308 :2017/02/07(火) 21:05:54.39

前線からプレスを掛けてのショートカウンターと、引いて守ってロングカウンターと、いろいろなプレーで見せ場作ってる。
いいチームに移籍したと思う。

 

http://ux.nu/UJBVR