中村俊輔の移籍は楽しみでもある、2人の天才はジュビロ磐田で何を作り上げるのか【170111】

1 :2017/01/11(水) 20:16:37.96

シーズンオフを迎えた日本のサッカー界では移籍情報が飛び交う時期となった。とくに、今年は動きが多そうな気配で、中でも中村俊輔の移籍はビッグニュースだった。

移籍に際して、どの選手も離れるクラブのサポーターに向けてのメッセージを残すが、一般的には「○年間ありがとうございました」といった当たり前の表現のものが多い。だが、そんな中で中村俊輔のコメントはちょっと異質だった。

横浜F・マリノスという自分が育ったクラブを離れることについての自らの驚きを語り、そしてこの1シーズン直面していた苦しい状況についての気持を表明したものだ。もちろん、語れない部分も多いのだろう。その真意ははっきりとは分からない。読み方によって、どのようにも読めるようなメッセージだったが、その苦悩の深さだけは伝わってくる。

なにしろ、純粋にサッカーが好きだったはずの中村俊輔が、サッカーで楽しみを感じられなくなっていたというのだから尋常ではない。

一つには、個人的な苦労が大きかったのだろう。この1シーズン、揺れるクラブの中でキャプテンという立場に置かれ、クラブと監督と選手の間に生じた溝を埋めるべく力を尽くしたのだろう。だが、中村俊輔は純粋にサッカーを楽しみたい選手だ。人と人との間に立って、人をつなぐようなことが得意な人間ではない。それが、心理的な負担として彼の中で重くのしかかってきたのではないか。

それでも、ピッチ上で存分に活躍できていたとすれば、苦労もそれほど重くは感じなかったのかもしれない。ピッチ上で結果を出せば、人間関係が改善されることにもなっただろう。

だが、この1シーズン、中村俊輔は負傷がちでピッチに立てない時期が長かった。それだけに、余計にキャプテンとしての役割を果たそうとしてもがき続けたのだろう。

サッカーを楽しむようになるために苦渋の移籍を決断した。そういう趣旨の言葉を残して、中村俊輔は去って行った。

横浜からは、中村以外にもチームを離れる選手が続出している。守備の要であり、今でもチームの中心としてフル回転してきた中澤佑二の去就はどうなるのか? 中村がチームを離れたことが、中澤の決断にどう影響するか……。見守っていくしかない。

いずれにしても、中村俊輔の穴を埋める選手など見つかるわけはない(イニエスタでも採って来れば別だが)のだから、戦力ダウンは避けられない。横浜が、来シーズンは若手主体でどんなチームを作るのか。まあ、エリック・モンバエルツという監督はもともとが若手育成が本職なのだろうし、現に若手は成長しているが、2017年が苦しいシーズンとなることは間違ない。

さらに、横浜にとって中村の離脱は戦力面だけでなく、観客動員の低下やクラブ・イメージの悪化など、影響は計り知れない。

現在の日本のサッカー界の最大の問題。それはクラブ経営だ。選手はすでにプロになって、ヨーロッパでも通用するレベルに達しているし、日本人指導者のレベルも着実に上がっている。次は、クラブ経営面でプロ化しなければならないのだが、毎年のように首をかしげるような人事を行うクラブが多い。とくに、バックとなる親会社の力が強いクラブに問題は顕著のようだ。

もっとも、純粋にサッカーを楽しみたい中立的なサッカー・ファンとしては中村のジュビロ磐田入りは楽しみでもある。

2016年にJ1に復帰した磐田は、名波浩監督の下で危なげなく残留を決めた。それも、なりふり構わず守備を固めて勝点を積み上げたのでなく、チームを成長させながらの残留である。着実にチーム力を上げていけば、古豪復活も夢ではないだろう。

そこに、今でも日本で最もうまい選手である中村俊輔が加わったのだ。とくに、名波監督との関係には期待できる。ともに、稀代のパッサー。天才である。サッカーが大好きで、一日中サッカーのことを考えているそんな2人がここで出会ったのだ。

フットボーラーにもさまざまなタイプの選手がいるが、名波浩も中村俊輔もともに古典的なゲームメーカーである。長短のパス1本で、味方を動かし、ゲームの流れを変えることができる。

それができるのは、ピッチ上を俯瞰的に見る眼を持っているからだ。凡庸な選手は、ボールと周辺の味方が見えているだけだ。相手の情況まで眼が届かない。自らのプレーをしかけていって、つぶされてしまう。名選手というのは、相手の動きを見ながら味方にとってベストであると同時に、相手にとって最も嫌なプレーを選択できる選手のことだ。そして、さらに敵味方22人の動きを把握して、最高のプレーを選択できる選手。それが、本当のゲームメーカーだ(もちろん、そこで選択したプレーを正確に実行できるだけのテクニックが必要なのは言うまでもないが)。

そういう天才がピッチ上で見ている景色は、僕たちには想像することもできない。僕たちは、スタンドの上段から、あるいはテレビ画面で俯瞰的に見ているからこそ、敵味方の配置やスペースの有無などが見えるのだ。平面のピッチ上に立って、しかも敵味方のプレーヤーが交錯しながら動き回るなかで、遠くの敵味方の選手の動きや、生まれかけているスペースがどのように見えるのか……。

名波浩が見ていた景色、中村俊輔が見ている景色。それは、Jリーグレベルの普通の選手にも分からない世界なのではないか。

そんな2人が監督と選手という立場でチームを作ったら、どんなプレーが生まれるのか。自分の感覚をいちいち説明しないでも理解してもらえる監督の下なら、中村俊輔はストレスなく、気持ちよくプレーできるはずだし、自分の感覚を理解できるパッサーをピッチ上に置くことができれば、名波監督は自分のイメージ通りのチームをつくることができるはず。

そんな2人の天才が作り上げる、今シーズンのジュビロ磐田の攻撃が今から楽しみである。

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2017011112463402.html

 

9 :2017/01/11(水) 20:31:04.66

危なげなく残留を決めただぁ?
厳しい状況でヒーヒー言いながら
他クラブのポカもあって何とか残留出来たのが実情じゃねーか。

 

10 :2017/01/11(水) 20:40:11.59

>>1
磐田サポだけど危なげなく残留決めてないっつーの
最終節まで降格の可能性あった
誰だ記事書いてるのJリーグ見てんのかよと思ったら後藤さんだった

 

13 :2017/01/11(水) 20:43:30.47

ネクラ同士が上手くいくんかね

 

18 :2017/01/11(水) 20:49:43.11

ワールドカップとイタリアで爆死したもやしコンビ

 

21 :2017/01/11(水) 20:52:58.22

もちろん聖域にはせず、競争させるんだろうな。

 

24 :2017/01/11(水) 21:00:10.67

実際に選手と監督の関係でやったら衝突しそうな二人という気がしてならないのだが

 

25 :2017/01/11(水) 21:00:51.62

>中村俊輔の穴を埋める選手など見つかるわけはない(イニエスタでも採って来れば別だが)

笑わせようとしてるの?ww

 

26 :2017/01/11(水) 21:07:48.73

名波は監督としては凡人だろ

 

27 :2017/01/11(水) 21:10:45.28

俊さんの穴が埋まんねええええ
ってあれ?w

中村がスタメンのマリノス
6勝6分5敗

中村が非スタメンのマリノス
7勝6分4敗

 

30 :2017/01/11(水) 21:43:43.43

俊輔出場時
8勝6分5敗
勝点:30
勝率62%
得点:30
失点:22
得失点差+8

俊輔不在時
5勝6分4敗
勝率56%
勝点:21
得点:23
失点:16
得失点差+7

 

31 :2017/01/11(水) 21:57:32.86

>>30
大して変わらんのな

 

35 :2017/01/11(水) 22:55:36.57

>>31
そうだね、勝点9も変わったらだいぶ順位変わるし年間換算したら更に変わるけど大して変わら無いね

 

43 :2017/01/12(木) 12:08:36.54

ジェイを交代 → 造反 → 干す → 再起用 → 交代しにくくなった → 機会損失発生

 
このエピソード聞いた時、
監督はサッカーだけ知ってても務まらないんだなと思った。

エースのゴキゲン損ねねば最悪シーズン中の流出もある。
それを軸にチーム作ってたのならなおさらリスク。

 

56 :2017/01/13(金) 00:27:47.94

>>43
難しいよな。人間関係とか
名波も監督として成長していく必要がある

 

44 :2017/01/12(木) 14:03:41.57

アジア杯歴代最強チームだったトルシエジャパンの天才レフティー二人組か… 楽しみではある

 

45 :2017/01/12(木) 14:04:22.28

松井もおるし割と楽しみかな

 

47 :2017/01/12(木) 14:06:55.72

マリノスみたいなサッカーを中村の加入でやれば中位は固いからな
磐田が狙ってるのは残留争いの常連からの脱却であっていきなりのタイトル争いじゃない

 

55 :2017/01/12(木) 20:22:26.29

名波がいるから行ったんだろう
相乗効果はかなり出るよ

 

http://ux.nu/KTqVR