ヴァンフォーレ甲府 「実は昨年も監督就任を打診していた」吉田達磨新監督の招聘にこだわった本当の理由とは【170109】 | サカスレ、整えました。

ヴァンフォーレ甲府 「実は昨年も監督就任を打診していた」吉田達磨新監督の招聘にこだわった本当の理由とは【170109】

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

1 :2017/01/09(月) 21:23:45.67

「甲府の今までのスタイルを考えると、どうなのか? という方もいると思うけれど…」(佐久間副社長兼GM)

 甲府にとっては2017年シーズンが通算8季目、連続5季目のJ1となる。ただ直近の4年間は15位、13位、13位、14位とすべてぎりぎりの順位だった。昨季も佐久間悟副社長兼GMが「4シーズン連続のJ1残留を、ある意味で奇跡的に果たすことができた。シーズン当初は主力の相次ぐ移籍、シーズンに入ると負傷者の続出、シーズン途中にはエースストライカーの移籍と様々の苦難があった」と説明するように、極めて厳しい1年だった。
 
 今季の甲府は吉田達磨新監督を迎え『進化 プロヴィンチアの挑戦』をスローガンに掲げてスタートを切る。
 
 佐久間GMが吉田監督を招聘した理由として挙げるのは以下の5点だ。
1「J1のレベルを十分に理解している」
2「自らのスタイルを持っている」
3「育成年代で十分な経験を持っている」
4「アカデミーのダイレクターや強化育成部長を歴任し、クラブマネジメントも含めて社会性を持っている」
5「将来性/Jリーグが進める国際戦略の中で言う国際感覚」
 
 吉田新監督は15年に柏、16年に新潟で指揮を執っていた。ただし柏の監督を1シーズンで退任し、新潟も4試合を残して解任されている。いわゆる「ポゼッション型」の指揮官でもあり、甲府がJ1の4シーズンで積み上げてきたスタイルとはフィットしないタイプにも思える。
 
 佐久間GMは「昨年も実は吉田監督に監督就任を打診していた。甲府の今までのスタイルを考えると、吉田監督にお願いするのはどうなのか? という方もいると思うけれど、私どもからすると既定路線」とその登用を説明する。残留は果たしてもそれ以上の展望を描けなかったチームにとって、進化を託す人選ということなのだろう。
 
 佐久間GMと吉田新監督が整理をしたという補強ポイントは下記の5つだった。
1「左利き」
2「チーム全体の若返り」
3「安定感、存在感のあるチームの中心的な役割を担ってもらえる外国人」
4「セットプレーを含めてパスを出せる選手」
5「スピードがあって流れを変えられるストライカー」
 
 左利きの新戦力としてDFエデル・リマ、MF兵働昭弘、MF堀米勇輝がチームに加わった。堀米はU-15からのヴァンフォーレ育ちで、昨季は京都でプレーしていた。「『堀米はどうなってるんですか?』というのが会話のスタート。ユースの頃に彼をよく見ていましたし、タレントで左利きといったところと、地元の選手に目を向けるという部分もあった」(吉田監督)という指揮官のリクエストもあり、復帰が決まっている。24歳と若く、昨季は京都で脱皮も見せており、CKやFKのキッカーとしても期待できる主力候補だ。
 
 エデル・リマは187センチと長身だが持ち味はスピードで、3バックの左とウイングバック、ボランチをこなすオールラウンダー。昨季途中に加入したアメリカ・ミネイロでは主力としてブラジル全国選手権(セリエA)でプレーしており、「ブラジルのハードなリーグの中で、アメリカ・ミネイロという1部の最前線で働いてきた。その経験値と実績。ゲーム感が備わっている」(吉田監督)というレフティだ。

「自分たちが思っているより、もっとボールとともにプレーできると思っている」(吉田監督)

 若返りという部分ではDF小出悠太(明治大)、MF道渕諒平(明治大)、MF曽根田穣(びわこスポーツ成蹊大)と大卒3選手の獲得があった。例年はギャンブルに近い補強が多かった外国籍選手も、今季は仙台で5シーズンの実績を持つFWウイルソンを獲得。怪我がちな部分は気がかりだが、日本への適応に関しては不安のない人材だ。
 
 一方でDF小林祐三の獲得に失敗し、その後の補強で出遅れた結果として、「スピードがあって流れを変えるストライカー」の獲得にも失敗。当面は29名でスタートしつつ、アジア枠などを活用して新戦力を追加していくことになるだろう。
 
 望月達也ヘッドコーチ、谷真一郎フィジカルコーチ、松下大輔GKコーチといったコーチ陣はほぼ不変で、吉田監督の“腹心”的な人物の入閣は無かった。ただ甲府のプロパーだが山形時代のチームメイトで監督と年齢も近く、「信頼できる人間だと思っている」という堀井岳也アシスタントコーチが新たにスタッフへ加わっている。
 
 29選手の顔ぶれを見ると42歳の土屋征夫を筆頭にベテランが多く、劇的な変化はない。加えて昨季は5-4-1の守備的な布陣でありながら、34試合で58失点を喫しており、これは降格した福岡に次ぐワースト2位の失点数。つまり堅守志向に、現実が伴っていなかった。
 
 吉田監督は「残留するために引き分けが多いんですけれど、守り切るということがチームにいい意味で浸透している」とチームに根付いたカルチャーを前向きに受け止めつつ、「失点数を見ても得失点のバランスを見ても、堅守というところが崩れかけているところは否めない」と課題を口にする。
 
「マイナーチェンジという表現になると思います。劇的に大きく変えるということは考えていない」という監督の言葉が真意ならば、堅守志向からいきなり180度違う方向に針を振るということはないだろう。
 
「去年の残留も、誰もが落ちると思っていた。でもそれを成し遂げた。今年も基本的にはそこになると思います。誰もがダメだろう、降格だろうといわれているモノをひっくり返したことがある。それは強みと言えば強みだと思います」(吉田監督)

今季も厳しい戦いを覚悟すべきだが…。

 甲府の残留が容易でないことは、クラブに携わる全員が理解している。厳しい歩みが続くことを自覚している。それはチームの強みだが、ただ進化の余地が全く無いわけではない。
 
「選手がいい意味で割り切る部分を持ち合わせている。ただ自分たちが思っているより、もっとボールとともにプレーできると思っている。割り切ることは必要ですけれど、割り切りと諦めの線引きを間違えずに、諦めることはなくトライしていくことで、さらに成長もできる。そうすればより見応えのあるチームになって行けるんじゃないかと思います」(吉田監督)
 
 まず堅守を取り戻し、攻撃面では徐々に吉田色を出していく。ボールをただ持つだけでなく、相手にとって嫌なスペースを突き、ダイナミックにゴールへ迫るスタイルを積み上げていく――。それが新生ヴァンフォーレの目指している『進化』ということなのだろう。
 
■2017シーズンメンバー ★=新加入

GK 1 河田晃兵
  23 岡 大生
  31 岡西宏祐
DF 3 畑尾大翔
  4 山本英臣
  5 新里 亮
  6 エデル・リマ★
  16 松橋 優
  17 津田琢磨
  22 小出悠太★
  26 熊谷 駿
  41 土屋征夫
MF 2 島川俊郎★
  7 石原克哉
  8 新井涼平
  11 堀米勇輝★
  14 田中佑昌
  15 兵働昭弘★
  18 道渕諒平★
  19 若杉好輝★
  20 黒木聖仁
  24 曽根田穣★
  28 橋爪勇樹
  30 保坂一成
FW 9 ウイルソン★
  10 ドゥドゥ
  13 河本明人
  25 森 晃太
  29 ガブリエル★

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00021753-sdigestw-socc&p=1

5 :2017/01/09(月) 21:26:54.14

柏新潟とやらかして次は甲府ってどんだけ人脈もってんだろ
不思議

12 :2017/01/09(月) 21:47:36.44

>>5
やらかしてはない。

14 :2017/01/09(月) 22:16:12.56

>>5
どちらもちゃんと残留してるから、残留目的なら最適だろwww

15 :2017/01/09(月) 22:21:18.40

>>14
柏はそもそも残留争うチームじゃなかったし
新潟は途中解任だからなぁ
今の甲府サポのウチでならって感じは去年の新潟サポと同じ感じ

10 :2017/01/09(月) 21:39:17.17

佐久間GMと吉田新監督が整理をしたという補強ポイントは下記の5つだった。
1「左利き」
2「チーム全体の若返り」
3「安定感、存在感のあるチームの中心的な役割を担ってもらえる外国人」
4「セットプレーを含めてパスを出せる選手」
5「スピードがあって流れを変えられるストライカー」

これって大体のチームにあてはまらないか?

16 :2017/01/09(月) 22:22:53.15

達磨の理論は一流
おそらく日本人監督でもトップレベル
柏や新潟では選手がついてこれなかったのと、時間がなかった
熟成させれば最強チームになったはず
次期日本代表監督に一番近い男だと思うわ

40 :2017/01/10(火) 07:39:44.24

>>16
( ゚д゚)ポカーン

43 :2017/01/10(火) 07:57:30.41

>>16
柏や新潟の選手がついて来れないのにに甲府の選手がついて来れるわけないだろw
選手がついて来れない理論なんて絵に描いた餅なんだよ

22 :2017/01/09(月) 22:38:45.87

ディフェンダーの層が薄いのが一番怖い

23 :2017/01/09(月) 22:40:11.81

でも柏時代の達磨の成績が悪かったのって1stステージだけじゃね?
他はそこそこの成績だったような

24 :2017/01/09(月) 23:05:14.47

>4「・・・・社会性を持っている」

この点はどうなんだろ、違和感がある

32 :2017/01/10(火) 00:34:31.15

ミシャも森保も風間も成しえなかったACLベスト8だぞ

34 :2017/01/10(火) 00:55:08.45

クリスティアーノみたいなガチャ大当たりを引けたらいいな

35 :2017/01/10(火) 01:13:31.84

クリス居てもボール運べず、ポロポロ失点してたのが去年

44 :2017/01/10(火) 08:07:05.67

ボールを奪われなきゃいいじゃんというのが吉田サッカーの守備
いや、守備じゃねぇけど

46 :2017/01/10(火) 09:55:19.95

>>44
ボール保持率を高めるのはむしろ守備的な戦術だわな
ボールを奪う、跳ね返す、相手をゴール前に近づけさせない
という能力が欠如している場合は攻め急ぐのは危険
もっとも、下手くそがボール保持率を高めようとしたら、
以前のスウォンジーみたいにバックパス多用するしかない

http://ux.nu/fwzQh

あわせて読みたい

  • ヴァンフォーレ甲府は這い上がるだけ…吉田監督「最下位だと予想されているが、現状では間違いないと思う」【170226】
  • 「吉田達磨解任」「すぐに回収して、ぶっ壊れてそうなユースの監督にしよう」/柏レイソル【160927】
  • アルビレックス新潟、吉田監督解任へ…後任は片渕浩一郎コーチ濃厚【160927】
  • アルビレックス新潟、吉田達磨監督を解任【160927】
  • アルビレックス新潟、今季限りで退任の柏・吉田監督にオファー…争奪戦加熱か【151128】
  • 柏・吉田監督「(退任については)選手には(報道等が出る前に)僕の方から伝えたかった」【151029】