マリノス残留か磐田移籍か。38歳の天才レフティ・中村俊輔の来季の身の振り方は?【170105】

1 :2017/01/05(木) 20:55:37.81

2016年J1は第1ステージ11位、第2ステージ7位で、年間では10位という不完全燃焼の結果に終わった横浜F・マリノス。木村浩吉監督(現:日本サッカー協会育成ディレクター)が指揮した2009年以来の2ケタ順位に終わった。今季ラストタイトルとなった天皇杯も29日の準決勝・鹿島アントラーズ戦で0-2と苦杯を喫し、何も得られないままシーズンを終えることになってしまった。

にもかかわらず、2015年からチームを率いるエリク・モンバエルツ監督の続投が決定しており、主力選手からの不満が少なからず噴出している。2010年春に欧州から戻った時点では「生涯マリノス」の意向を示していたエース・中村俊輔にもジュビロ磐田への移籍話が浮上し、本人も考えあぐねるほど、チームは大きく揺れ動いているのだ。

横浜市出身で、マリノスジュニアユースで育ち、桐光学園を経て、97年に入りした中村俊輔は、当時から強い「マリノス愛」をたびたび口にしていた。2002年夏にはイタリア・セリエAのレッジーナへ移籍し、2005年夏にはスコットランドの名門・セルティック、2009年夏にはリーガ・エスパニョーラのエスパニョールの門を叩いたが、欧州の最前線で戦っている間もマリノスのことを忘れたことはなかったようだ。

だからこそ、彼は長年の夢だったスペイン挑戦を途中で断念して古巣復帰に踏み切った。もちろん2010年春の段階では「南アフリカワールドカップまでに試合勘を取り戻し、トップパフォーマンスを出せる状態にしたい」という大きな狙いはあったが、「マリノス再建」に貢献したいという気持ちがなければ帰国の決断は下せなかったはず。そこは紛れもない事実と言える。

その中村俊輔がマリノスを出るか出ないかで考えあぐねるという現状は深刻だ。最大の要因はモンバエルツ監督の志向するサッカースタイルとのギャップ、強引に若返りを進めようとするクラブ側のスタンスへの違和感と見られるが、今季から環境面が激変したことも大きいのではないか。

マリノスは2007年から横浜市西区・みなとみらい地区のマリノスタウンに拠点を置いていた。ここには4面のグランドとクラブハウス、事務所、ショップなどが併設されていて、Jリーグ屈指の恵まれた環境と高評価を受けていた。2013年に2度目のJリーグMVPを受賞した際、中村俊輔も「この環境とスタッフのサポートがあるから、自分自身もいい状態を保っていられる」と感謝を口にしていた。

それが財政面の問題から2015年限りで閉鎖となり、マリノスは今季から日産スタジアム横の日産フィールド小机や球技場で練習するようになった。しかし、ここはクラブ専用の施設ではないから、選手たちは限られた時間しか使用できない。毎日スパイクやトレーニングウェアの入った大荷物を持ってロッカーに行き、それをまた車で持ち帰る生活を、中村俊輔は30代後半になった今、再び強いられることになったのだ。

そうなると当然、体をケアする環境もない。マリノスタウン時代はメディカルルームやクールダウン用のプールなどを使いたい時に使えたが、今季からはそうもいかなくなった。入念なケアが必要なベテラン選手にとって、この環境はやはり厳しいと言わざるを得ない。食事も仮眠もマリノスタウン時代は十分採れたが、それも叶わない。今季は午前練習後、若いメンバーに「今からファミレス行かない」と声をかける彼の姿を目の当たりにすることがしばしばあった。

俊輔本人も「あと何年(現役で)できるか分からない」とコメントしている通り、ピッチ上でフル稼働できる時間はそう長くない。であれば、専用グランドとクラブハウスがあって、コンディション維持のために最大限の努力を払えるクラブに行った方がいいと考えても不思議はない。

それに加えて、自分自身の特徴をよく理解し、中心に据えてくれるクラブがあるのなら、移籍という判断を下しても決しておかしくはないのだ。実際、彼にオファーを出している磐田は、かつて中村俊輔が日本代表でコンビを組んだレフティの先輩・名波浩監督が指揮を執っている。服部年宏強化部長、鈴木秀人ヘッドコーチらもフィリップ・トルシエ監督時代にともに日の丸をつけて戦った面々だ。俊輔としても安心感や信頼感は大いにあるだろう。

名波監督は現役時代終盤にセレッソ大阪や東京ヴェルディへ移籍。他クラブで磐田時代とは異なるサッカーに触れて指導者へと転身した。こうした経験を踏まえて「俊輔もマリノス以外のクラブを実際に見た方がいい」と勧めている可能性も少なくない。確かに彼が指導者を目指すなら、名波監督のように幅広いキャリアを築いた方がプラスと言えなくもない。

本人は最後の最後まで悩み続けるに違いないが、彼自身が前向きにサッカーと向き合っていける選択肢を採ることが何よりも重要ではないか。日本最高のレフティの行く末を慎重に見守りたいものだ。

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2017010511375202.html

 

6 :2017/01/05(木) 20:57:27.42

ほとんどの鞠サポは斉藤学の去就の方が関心ある

 

8 :2017/01/05(木) 20:59:39.01

マリノス程の規模のクラブで自前の練習場がないってのも凄いな

 

11 :2017/01/05(木) 21:01:36.02

もう決まってるだろ大概
J1だと11月末くらいまでには大方の編成終わってるらしいぞ
発表が遅いからと言ってまだ決めてないとか普通無いよ

 

12 :2017/01/05(木) 21:02:45.19

> 名波監督は現役時代終盤にセレッソ大阪や東京ヴェルディへ移籍。
> 他クラブで磐田時代とは異なるサッカーに触れて指導者へと転身した。

名波のケースとは違うよな
俊輔とマリノスは完全決別だろう

 

13 :2017/01/05(木) 21:04:05.79

エスパニョールの件を美談みたいに言われてもな

 

14 :2017/01/05(木) 21:04:51.94

マリノスは明日全部まとめてか

 

16 :2017/01/05(木) 21:05:05.92

え、移籍決定みたいなニュースはウソかよ

 

19 :2017/01/05(木) 21:08:38.19

なおイタリア語版wikipediaは既にジュビロな模様

 

20 :2017/01/05(木) 21:08:47.40

俊さんは他所に行かずに鞠で引退すべき

 

22 :2017/01/05(木) 21:10:45.76

カズなんてだいぶ歳いった時に
練習場を持ってなかったころの横浜FCに入団したんだぞ
年齢を理由にいい環境とか探すな

 

33 :2017/01/05(木) 21:24:10.22

>>22
プロ選手がいい環境探す事の何がダメなんだ?w
お前キチガイか?
そもそもカズの場合は実力的にJ2しか無理だっただけだろう
J1でもトップクラスの実力を維持してる中村とは状況が違う

 

25 :2017/01/05(木) 21:16:45.23

早く決めないと両チームに迷惑

 

36 :2017/01/05(木) 21:31:38.37

マリノスタウン良かったのにな

 

40 :2017/01/05(木) 22:16:37.02

>>36
金が掛かりすぎてだめだよアレは

 

37 :2017/01/05(木) 21:36:34.60

磐田に行って松本昌也を育ててくれ

 

41 :2017/01/05(木) 22:29:58.85

プレハブでもいいからクラブハウスを置かせて貰えないのかね

 

51 :2017/01/06(金) 00:29:09.10

磐田行ったほうがいい。マリノスはもうだめだ。
でも磐田のフロントがそんなに良いかと言われると……

 

59 :2017/01/06(金) 07:31:21.46

ずっと試合に出れてないから退団してもマリノスの戦績はさほどかわらないとマジレスしておく

 

67 :2017/01/06(金) 08:10:33.46

>>59
2016は俊輔出場時の方が勝ち点稼いでるんだよね。

 

http://ux.nu/l6qci