「ストップ・ザ・チェルシー」ライバルたちが3-4-3対策を開始【161231】 | サカスレ、整えました。

「ストップ・ザ・チェルシー」ライバルたちが3-4-3対策を開始【161231】

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

1 :2016/12/31(土) 14:01:11.21

12試合連続勝利を続けているチェルシーだが、アントニオ・コンテ監督には解決すべき問題が生まれている。プレミアリーグのライバルたちが、そろってチェルシーを止める方法を示し始めたのだ。

コンテ監督の3-4-3のフォーメーションは当初、マンチェスター・ユナイテッドやエヴァートンに対し、試合を支配し、プレミアリーグでは6戦連続無失点で、無敵の様相を示していた。だが、12月11日に対戦したウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)に対しては、このフォーメーションを捨てて、勝利を得るために必死にならざるをえなかった。

ホームのスタンフォード・ブリッジで、75分のジエゴ・コスタの素晴らしいゴールによりトニー・ピューリス監督率いるWBAを下したチェルシーだが、コンテ監督が、後半45分で1度ならず2度までもフォーメーションを変えたという事実を忘れてはならない。

チェルシーは41分まで枠内シュートを1本も打てず、WBAに主導権を握られて何度も決定的なピンチを招いた。

チェルシーが最初にフォーメーションを変えたのは、ウィリアンを投入した63分。コンテ監督は試合の流れを変えようと、4-4-1-1のフォーメーションを敷いた。さらに74分、セスク・ファブレガスを投入して、ジョゼ・モウリーニョが好んで使ったシステム、4-2-3-1となった。

2度目の変更で自陣深くセスクをフォローする役回りとなったネマニャ・マティッチは混乱した様子だったが、この変更は、コンテ監督が不安を募らせ、試合を支配する時間を延ばすことよりも、ストライカーの冷静なシュートに頼らざるをえなくなったことを示していた。

チェルシーは、ポゼッションは維持していたが、得点できるほど敵を脅かしているようには見えなかった。それ以前の相手、トッテナムとマンチェスター・シティは、チェルシーの仮面をはがそうと高い位置からプレッシャーをかけ、チェルシーが攻勢に転じる瞬間をことごとく潰そうとした。そしてWBAはマティッチ1人にプレッシャーをかけつづけた。マティッチは、アシスト能力を発揮して今シーズン大いに成功しており、チェルシーの攻撃の核となっている存在だ。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は完璧なプランを遂行していたが、ペドロの素晴らしいゴールによって、ゲームの流れを変えられてしまった。マン・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はケヴィン・デ・ブルイネとヘスス・ナバスで、チェルシーの左サイドのディフェンス陣を攻略しようと考えた。これにより、チェルシーのマルコス・アロンソとガリー・ケーヒルは、かなりプレーしづらくなり、ケーヒルのオウンゴールで一時はシティがリードした。

こうしたライバルたちの対策を見れば、左サイドに負担をかけさせることが、チェルシーに対して有効な戦術の一つであることは間違いない。もう一つは、トッテナムのソン・フンミンがやってみせたように、クレバーなフォワードを使って、ビクター・モーゼスがディフェンスの規律の理解に欠けることを暴くことである。

ここ最近、チェルシーの対戦相手はどのチームも、チェルシーの3人のディフェンスを自由にプレーできない広いエリアに引きずりだし、そのスペースに、自分のチームのターゲットマンを進入させようとしていた。

3-4-3はもはや見慣れない特別なフォーメーションではなく、対戦相手にとって難しいシステムでもない。それでもチェルシーは、そのタフなメンタルのおかげで勝ち点3を積み上げ続けているが、プレミアリーグで勝ち切るためには新たな対策を講じていく必要があるかもしれない。

コンテ監督がクリスマスにサンタクロースから新しい戦術やアイディアを靴下の中に入れてもらったかどうかは定かでないが、2017年も独走を続けようと試みるならば、他チームが対策を立ててくるより速いスピードで自分から変化していく必要があるだろう。その勇気を持てるかどうかが、チェルシーが迎える新たな年の命運を握っていると言っても決して言い過ぎではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000006-goal-socc

5 :2016/12/31(土) 14:15:04.68

スリーバックの一人をサイドに引っ張るだけだろ

12 :2016/12/31(土) 14:30:50.12

プレミアは戦術レベルアップ低いからね対策に時間がかかるんだろ

17 :2016/12/31(土) 14:58:46.17

コスタ・アザール・ペドロが復活したのがすげー
ただのハゲじゃないな

19 :2016/12/31(土) 15:05:05.97

なんかネガティブな記事だけど
対策されてもシティ戦以外は少なくとも負ける要素はなかったけどね
そもそも元々コンテって引き分け多い監督だし

21 :2016/12/31(土) 15:08:23.04

カンテにハニートラップ

24 :2016/12/31(土) 15:14:26.03

コスタをマークするとアザールがバイタルエリアで仕掛けてくる
アザールもマークするとペドロがサイドから仕掛けてくる
ペドロもマークに行くとカンテが走り込んで来てシュートする
そのこぼれ球をコスタかアザールかペドロが押し込む

戦術はシンプルだが個人能力が高すぎてデュエルするとほぼ勝ってしまう
バルサのMSNみたいに

26 :2016/12/31(土) 15:16:36.97

昔ミケルスがアヤックスでクライフ、カイザー、ニースケンスのトライアングル
3トップでやった.343をまんまやってるだけ
中盤の4人が馬車馬のように働かさせられケガや疲労で脱落していくので
ユーティリティ選手が何人も必要で層が厚い金持ちクラブじゃないと
長続きできない

31 :2016/12/31(土) 15:23:34.81

コスタとアザールが絶好調であとの残りで必死に守備する戦術だろ

32 :2016/12/31(土) 15:28:52.91

433の攻撃時343をデフォにしたのとはまた違うの?

33 :2016/12/31(土) 15:32:55.57

>>32
コスタにロングボール
アザールのドリブル
アザールをデコイにしてペドロにグラウンダーのパス

433は基本ウイングのドリブル攻撃

34 :2016/12/31(土) 15:33:46.46

逃げ切りたい時に343から541の守備重視スタイルになった試合あったけど滅茶苦茶守備堅かった。
相手はリードされた状態であれやられたらヤバイぞ

35 :2016/12/31(土) 15:37:33.17

チェルシーはテリーとイバノをスタメンから外した事とアスピリクエタがCBとして嵌った事が大きいと思うわ
あとアザールが相手SBに引っ張られて最終ラインまで戻る事が無くなった事だな

37 :2016/12/31(土) 16:00:35.57

アーセナルがぼこったのに他のクラブが弱すぎる

46 :2016/12/31(土) 19:15:25.52

アザールはゼロトップのが活きそうな感じあるな
コスタいるからあれだが この前試合凄かった

50 :2016/12/31(土) 20:06:04.59

それに比べてマンチェスターのハゲは全然リーグの底上げに貢献してくれないな

51 :2016/12/31(土) 20:07:04.59

中盤が手薄なんだから一人釣り出せばええねん

54 :2017/01/01(日) 00:46:16.92

ルイスをつぶす

http://ux.nu/rd9Y2

あわせて読みたい