年々得点が減り、失点は増える一方…3年ぶり無冠のG大阪は何が問題か【161228】 | サカスレ、整えました。

年々得点が減り、失点は増える一方…3年ぶり無冠のG大阪は何が問題か【161228】

☆気に入りましたらシェアお願いします☆

1 :2016/12/28(水) 22:13:04.35

 2016年シーズン、ガンバ大阪は3年ぶりの無冠に終わってしまった。

 開幕前は、優勝候補だった。

 昨年、メンバーがほぼ残留し、さらにアデミウソン、藤本淳吾ら攻撃陣を獲得。パトリック頼みが相手チームに研究されていただけに彼らのプレーがフィットすれば攻撃のパターンとゴール数が確実に増えるだろうと思われた。

 しかし、ファーストステージはまったくエンジンがかからなかった。パトリックが不調、アデミウソンはフィットせず、序盤から低空飛行をつづけ、最後まで攻守が噛み合わないまま7勝7敗3分け、6位に終わった。

守るか攻めるかの判断がチーム内で割れていた。

 「しっかり守るのか、攻めるのか、中途半端だった。そこでチームが一枚になりきれていなかった」

 優勝争いに絡めなかった要因を遠藤保仁は、そう分析した。

 2013年に長谷川健太が監督になり、従来のイケイケドンドンのサッカーではなく、堅守を軸としたサッカーにスタイルが変わったのだが、今年はその守備に綻びが見えた。そのため選手は、より守備を重視して失点を少なくするのか、それともリスクを負って攻め切るのか、その判断に迷うことになった。それが22得点20失点という数字にも表れている。

 加えて2008年以来2度目の優勝を狙ったACLでは、1試合も勝てずにグループリーグで敗退。アジア制覇を今シーズン最大の目標にしていただけにその喪失感は非常に大きく、チームの勢いを殺すことにつながった。

 セカンドステージ、調子が向上したというよりは、悪すぎたファーストステージから普通のガンバに戻ったというのが正しいだろう。

 ボランチがリオ五輪を戦った井手口陽介とベテランの今野泰幸にほぼ固定された。センターラインに軸ができたことでチームが安定し、アデミウソンもようやくフィットしてカウンターを中心に攻撃が機能するようになった。しかし、優勝を争う重要な試合で浦和レッズに敗れ、10勝3敗4分けで4位。ルヴァン杯も浦和にPK戦の末に敗れて、タイトルを逃した。

優勝の目安となる得失点差も、年々悪化中。

 シーズン通算成績は17勝10敗7分、勝ち点58で総合4位。セカンドステージは巻き返して4位になったので「復活」と思いがちだが、そう単純な話ではない。

 総得点を見ると、優勝した2014年が59得点、2015年が56得点、今シーズンが53得点と年々減少している。個人のゴール数も昨年は宇佐美貴史が19得点を獲得したが、今年はアデミウソンと長沢駿が9点でチーム最多得点、パトリックに至っては2得点と精彩を欠いた。ガンバの攻撃陣に二桁得点のFWがいないのは2000年以来で、あまりにもさびしい数字だ。

 またゴールパターン、チャンスの回数が少なく、相手を叩き潰すような迫力ある攻撃を構築することができなかった。

 失点も、2014年31失点、2015年37失点、今年は42失点と年々増え続け、チームの持味である堅守に陰りが見えてきている。

 優勝の目安となる得失点差は、優勝した2014年が28、今シーズンはわずか11だ。今季、年間総合1位になった浦和が得失点差が33、2位の川崎が29だった。優勝するには、やはり得失点差30ぐらいが必要になるが、力的に及ばなかった。

 つまり今季は点が取れず、失点も増えた。

 これでは連勝することも優勝することも難しい。実際、ファーストステージは2連勝が1回のみ。セカンドステージは3連勝が2度あったが、優勝に関わる重要な試合に勝てなかった。勝負強さに問題があるというよりも、2014年、2015年よりチーム力が上がっていないことが問題だ。むしろ、優勝をピークに緩やかな下降線をたどっているような感が強い。

浦和、鹿島はすでに大型補強を進めている。

 そして2017年のJリーグは、1シーズン制に戻る。

 勢いよりもチームの総合力が求められるシステムに備えて、すでに浦和は現有戦力にプラスして、ラファエル・シルバなどを補強している。

 鹿島はCSとクラブW杯で一皮むけた感があり、さらにレオ・シルバ、ペドロ・ジュニオール、金森健志などを補強する予定で、チーム力が一段とアップするのは間違いない。

 そうしたクラブにガンバが対抗するためには、まずFWの軸が必要だ。

遠藤37歳、今野34歳という高齢化問題も進行している。

 かつてガンバが強い時代には必ず軸になるセンターFWがいた。リーグ戦初優勝に貢献したアラウージョ、さらにマグノアウベス、バレー、レアンドロ――。来季はパトリックが右膝の負傷で退団濃厚という状況を受けてFWの補強にも動いたが、すでに小林悠、黄義助の獲得に失敗。長沢はいるものの、アデミウソンのパートナーをどうするのかは大きな課題だ。

 また、遠藤が来季37歳、今野が34歳になるなどレギュラーの高齢化が進む。ただ、そのこと自体よりも彼らのポジションを考え、どのようにチーム力を上げていくのかが重要になる。考えなければならないのは遠藤のポジションだろう。ガンバの中盤を支えてきた7番をどこに置くのか。長谷川監督は井手口の成長もあり、遠藤のボランチ起用はあまり考えていないだけに、今季のように前線のポジションでプレーさせるのか。それともプレー時間を限定するのか。長谷川監督は難しい選択を迫られるだろう。

2年目になる堂安律らのブレイクに期待。

大森晃太郎がヴィッセル神戸に移籍することを発表したが、他の移籍情報はまだ不確定なのが多いのでなんとも言えない。大森の他に、岩下敬輔、阿部浩之、西野貴治ら主力級の選手が移籍するとなれば戦力的なダメージは大きく、とりわけ攻撃面での影響が深刻だ。大森もそうだったが、阿部もハードワークを厭わず、長谷川監督のサッカーの申し子のような存在だった。新加入の選手は、アデミウソンを見ても分かるように、ガンバの独特のリズムとパスに慣れるのに時間がかかる。 そこで期待したいのが、今シーズン入団した堂安律ら来季2年目になる選手たちだ。川崎フロンターレが今シーズン後半に勢いを手に入れられたのは、三好康児、長谷川竜也ら若手の活躍があったからだ。

 鹿島も前線に鈴木優磨ら力がある選手が出てきて勢いが増した感がある。ガンバも初瀬亮、市丸瑞希、呉屋大翔ら若い選手が出てこなければチームの雰囲気を良くすることも世代交代も立ちゆかないだろう。

戦い方の統一ができなければ、来季も無冠に……。

 「今年は年間を通してパフォーマンスがよくなかった」

 今シーズン終了後、遠藤はそう語った。

 個の質は高いが、チームとしてその力を生かすことができなかった。

 来季はチームの選手の顔ぶれが大きく変わるだろう。守備重視の原点に戻るのか、それとも攻撃型へと新たにシフトしていくのか。いずれにしてもチームとしての「強み」を押し出すべく戦い方を統一しなければ、2016年のように無冠の悔しさを味わうことになる。常にタイトルを争うファイナリストになれるチームになり、そこで勝てるチームになるか、それともズルズルと中位レベルに落ち込むのか。

 2017年シーズンはガンバにとって、大きな節目となるシーズンになるだろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161228-00827171-number-socc&p=1

6 :2016/12/28(水) 22:15:31.95

キムジョンヤでやりくりしてたのは凄いよ
あいつ下手だし

7 :2016/12/28(水) 22:16:15.50

丹羽とか岩下DQNとか使ってるからだよ
CB補強しろ

8 :2016/12/28(水) 22:16:49.90

今年の前半は吹田で勝てなかったのがなー

9 :2016/12/28(水) 22:20:07.81

そら丹羽とジョンヤでどう守るんだよと

11 :2016/12/28(水) 22:23:57.27

前半戦がボロボロすぎた
とくに神戸戦

14 :2016/12/28(水) 22:28:21.15

遠藤が年とって宇佐美がいなくなった

17 :2016/12/28(水) 22:36:24.72

GKコーチが栃木クビになったレベルのを何故か日本代表選手にあてがった

CBにはスパイ1号2号
前にボールを蹴り出す簡単なクリアすら空振る転けるテンパる

20 :2016/12/28(水) 22:40:07.89

超簡単な話じゃないか
遠藤の衰えだよ

24 :2016/12/28(水) 22:42:03.17

世界の宇佐美の抜けた穴は、そら大きかったとゆーことよ
日本Jじゃ通用してたんだから

25 :2016/12/28(水) 22:43:41.04

シーズン前半の遠藤がダメダメなせい

27 :2016/12/28(水) 22:48:59.29

>>24
今年前半は宇佐美がいて最悪だっただろ
むしろ宇佐美が抜けた後半で持ち直したw

28 :2016/12/28(水) 22:51:10.03

無冠がニュースになるぐらい強いクラブになったんだな

ずーと無冠のクラブの方が遥かに多いのに

31 :2016/12/28(水) 22:54:11.50

清水の時もだけど長谷川の問題

33 :2016/12/28(水) 22:57:24.80

強豪クラブみたいな扱いだな

37 :2016/12/28(水) 22:58:37.98

>>33
ガンバの上には鹿しかいないのが現実・・・

39 :2016/12/28(水) 23:00:35.08

ユースも振るわんね

40 :2016/12/28(水) 23:01:11.09

>>39
ツネさん頑張ったんじゃね?

42 :2016/12/28(水) 23:02:12.40

守備はもろく前線はタレントが移籍
頼みの遠藤も衰えた
なのにろくな補強をしないカスフロント

46 :2016/12/28(水) 23:13:07.15

どんな監督も三年で戦術的に頭打ちって言うもんな。地味に片野坂の役割が大きかったのかな

47 :2016/12/28(水) 23:13:17.97

試合つまんねえから全然見なくなったけど
吹田で勝てるようになったん?

新スタ特需の時に負けまくってたのは痛いよなあ

50 :2016/12/28(水) 23:17:42.69

>>47
なったからなんだかんだ4位フィニッシュ

52 :2016/12/28(水) 23:27:59.33

長谷川監督は吹田スタの芝に慣れてくるのに時間かかったってサポ向け番組で明言してた

神戸や福岡にホームで勝ち切れなかったのが響いたと

53 :2016/12/28(水) 23:29:06.58

アデの相方が欲しいところやな

54 :2016/12/28(水) 23:29:12.23

丹羽と藤春というハンデ持ちで実質9人で戦ってるこっちの身も考えてくれや

55 :2016/12/28(水) 23:30:25.59

ガンバのくせがすごいんじゃ

あげないライン
左でこねくり回す
右からのクロスはクソ
孤立するアデミ
パントキックでライン割る
少し芝を長くしたらパスすら繋がらないクソフィジカル

60 :2016/12/28(水) 23:38:54.89

GAYAを使え、GAYAは得点を呼び込む男だ

67 :2016/12/29(木) 00:32:26.12

金でいくらでも新しい選手かき集めてこれる欧州トップクラブならともかく
そうじゃない日本のクラブの場合は
強い時期の次は、新たなチームへと移行する期間が必要
ガンバもちょっとそんな時期ってだけじゃないの

69 :2016/12/29(木) 00:56:58.13

全て長谷川が原因
西野が作った土台をどんどん壊して行った

71 :2016/12/29(木) 01:11:27.21

ぶっちゃけ世代交代がうまくいってないんでしょ。

73 :2016/12/29(木) 01:38:12.08

宇佐美が海外に行く→チームが低迷する→宇佐美が戻ってくる→優勝する→宇佐美が海外に行く→チームが低迷する→宇佐美が戻ってくる→優勝する。

76 :2016/12/29(木) 01:41:56.03

>>69
超攻撃で落ちたんだもん

77 :2016/12/29(木) 01:43:35.36

リーグ最多得点、しかも得失点差プラスで降格という快挙は忘れられないね

78 :2016/12/29(木) 01:44:38.65

>>77
びっくりした

3点取っても勝てないなんてしんどすぎた

83 :2016/12/29(木) 02:04:34.79

監督に目指すべき哲学がないとこうなるという見本だな

98 :2016/12/29(木) 03:46:10.62

健太のサッカーに未来はない

監督変えないと

99 :2016/12/29(木) 07:09:17.08

リーグ戦4位、ルヴァンカップ準優勝、天皇杯ベスト8でここまで叩かれるほどのビッグクラブか?充分の成績だろ

100 :2016/12/29(木) 07:18:55.72

普通ならあの糞サッカーで点はいるわけ無いのをウサパトの個人能力で誤魔化してただけだからな

http://ux.nu/r5kdR

あわせて読みたい