清武弘嗣「自分はウッチーのようにできるだろうか」内田篤人との絆【161223】

1 :2016/12/23(金) 13:44:43.01

 日本代表MF清武弘嗣(27)が単独インタビューに応じ、2017年への思いを激白した。今季から加入したスペイン1部セビリアではコンスタントに出場機会を得られていないが、日本代表では主力として飛躍した1年。長期離脱から復帰したDF内田篤人(28)との絆も明かすなど、24日と2日間にわたって掲載する。スポーツ報知ではハリル・ジャパンでの活躍が期待される選手を中心に、随時インタビューを行っていく。

 ―11月のW杯最終予選、サウジアラビア戦の勝利は大きかった。大事な一戦で先制PKを決めた。PKを蹴る場面、プレッシャーはあった?

 「全く緊張しなかった。(4日前の親善試合)オマーン戦で決めていたので、まあ大丈夫だろうと。絶対GKはあちら側(左側)に跳ぶと思っていた。サウジのGKは確か初出場で、前半から全然良くなかったので、速いボールでコースを狙えば入ると思った。いいコースだった」

 ―10、11月の代表戦はセビリアで控えにいながらもパフォーマンスは良かった。

 「でも試合はしたい。それと同時に、自分はセビリアでやっているという自信もある。そこはもどかしい。この前は代表で悪くなかったし、自分の中でやれるという自信にもなった」

 ―ハリルホジッチ監督は当初「クラブで定位置を確保していない選手は代表に呼ばない」と言っていた。

 「自分を使うのは賭けだったと思う。代表には絶対的な存在がいるし、その中で、試合に出ていない選手を使ったんだから」

 ―代表ではこの半年で立場も大きく変わり、中軸になろうとしている。27歳という年齢は決して若くはない。

 「もうベテラン。今回は(20歳の)井手口も選ばれたし、リオ五輪世代が代表の主力になった、というのであれば世代交代だろうけど、自分ももう代表には6年近くいる。それは世代交代じゃない。ただ、新しい選手が代表に入ってきているのは競争にもなるし、いいこと。ずっと代表にいる選手は刺激も感じている」

 ―自身が考える、代表のトップ下の役割とは?

 「監督が求めるのは、あまりサイドに流れずに中央でできるだけ岡ちゃん(岡崎)やサコ(大迫)の近くにいろ、ということ。でもシンジくん(香川)とか僕は、ボールを触らないと生きない。動きながらリズムをつくって最終的にはゴールの近くにいる、というスタンスでやっていこうと思う。(相手が)つかみづらい位置にいて、触って動いてというのが一番。11月のオマーン戦とサウジ戦はそういうふうにやって結果も出たので、悪くはなかった」

 ―シャルケ04の内田選手とはよく連絡を取っている。復帰した時、自分のように喜んでいた。

 「ウッチーとは一緒にJISS(国立スポーツ科学センター)でリハビリもした。復帰した時も、いろんな人がメッセージを送っていて、愛されてるなあと思った。日本サッカーに必要な存在で人柄がいい。優しさだけじゃない。先輩としても、人間としても大好き。嫌いな人は、絶対いないと思う」

 ―内田選手とはドイツ時代も、代表でも、いろんな思い出があるのでは?

 「よく思い出すのは、ザック(ザッケローニ)さんの代表の時のこと。2013年の頃(自分は)前半だけ出てハーフタイムで代えられる、という試合が3~4試合続いた。アウェーで3―2で逆転勝ちした(11月の)ベルギー戦も、前半で代えられるなと思った。そうしたら案の定、代えられた」

 ―その思い出に内田選手が残っている?

 「もうたまらずに、全部積もったものが感情になって出てしまって、ハーフタイムが終わってみんながピッチに行った後、ロッカールームでひとりで号泣していた。ウッチーはその時、何も言わずにタオルをかぶせてくれてずっと俺の横にいてくれた。後半は始まっているのに、ずっと横にいてくれた。そういう優しい人だし、気持ちを分かってくれる人。あの時は本当に感動した。ウッチーが横にいてくれるから、人の目を気にすることなく、ずっと泣いていた。代表で選手が泣いたりするのはあまり考えられないし、みんな一応ライバル。なかなかそんなことができる選手はいない。これから先、もし誰かがつらくて泣いている時、自分はウッチーのようにできるだろうか、と思う。何も言わずにただ横にいることって難しい。だから早くウッチーと一緒にプレーしたい。一緒にプレーする日が今から楽しみ」

 ―次の代表戦は来年3月、アウェーでのUAE戦。

 「この4か月は大事です。このまま試合に出られなかったら、代表も危ないと思っている。(試合勘を)保とうとは思うけれど、体力的にもきつくなるし、自信も少しずつなくなってくると思う。3月までの過ごし方は大事になる。アウェーは厳しい戦いになるのは間違いない」

 ◆清武 弘嗣(きよたけ・ひろし)1989年11月12日、大分市生まれ。大分U―18から2008年にトップ昇格。C大阪を経て12年からドイツ1部のニュルンベルク、ハノーバー96でプレー。今夏からスペイン1部のセビリアに移籍した。J1通算97試合17得点。11年Jリーグベストイレブン。国際Aマッチ42試合5得点。12年ロンドン五輪、14年ブラジルW杯出場。172センチ、66キロ。

スポーツ報知 12/23(金) 12:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000081-sph-socc

 

4 :2016/12/23(金) 13:49:05.34

ウッチーはメンタルもイケメソやな

 

5 :2016/12/23(金) 13:50:10.45

ポジが被りようがないからライバルとは言えないな

 

8 :2016/12/23(金) 13:50:46.28

ウッチーとピヨタケが1歳しか違わないことにビビる

 

9 :2016/12/23(金) 13:52:11.23

>>8
内田の方が3つくらい年上の感覚あるな
代表で見てるのが長いからか

 

26 :2016/12/23(金) 14:21:11.92

>>8
内田は北京世代で清武はロンドン世代だからね
4つぐらい離れている感じだわ

 

49 :2016/12/23(金) 16:08:57.43

>>8
内田が早生まれだから学年は2つ違いだね
にしても代表でもシャルケでも内田の見た目年齢の若さは異常

 

30 :2016/12/23(金) 14:30:19.52

そのベルギー戦って内田は控えだったんだっけ
後半に入ってもアップの指示も出てなかったんだなあ

 

32 :2016/12/23(金) 14:35:44.36

この試合は確かゴリと高徳が先発でゴリが柿谷にアシストしたのを覚えてるわ

 

33 :2016/12/23(金) 14:37:46.82

これ続きがあるよな?
清武が落ちこんでるからフォローしてくれと通訳に内田が耳打ちしてザックに伝わり
試合後ザックが清武呼んで前半で変えたのはプログラムであって
清武のプレーが悪いからではないとフォローした話が通訳日記に載ってた

 

42 :2016/12/23(金) 15:39:10.49

>>33
へー

 

43 :2016/12/23(金) 15:39:17.18

岡崎の本でも似たような話が載ってたな
W杯か何かでスタメン落ち?だかして塞いでたら内田が部屋にやってきて
ただ一緒に映画観たりゲームやったりして
気持ちが上向いた頃には来なくなったとか何とか
うろ覚えだけど猫に例えられてた気がする

 

53 :2016/12/23(金) 16:21:55.94

いつの間にウッチーって呼ぶ様になったんだ?
やべっちに二人で出た時は「篤人さん」って言ってたのに

 

55 :2016/12/23(金) 17:01:32.48

ベルギー戦泣くべきなのは、
飛び出して空振りジャンプした川島と回り見てなかった高徳だろ

 

71 :2016/12/23(金) 19:33:01.42

直前のオマーンとの親善試合でPKの自信をえたみたいなんだな。あんな試合もめっちゃ役立ったのか。
この試合負けようものならW杯も厳しくなり将来の影響もかなりありそうだったしな。

 

http://ux.nu/uKASr