川崎F 小林悠の決断を後押しした中村憲剛、サポーター、そして妻の言葉とは?【161203】

1 :2016/12/03(土) 06:16:12.28

残留を決断したのは、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だった。

 11月26日、小林悠は自身のブログで川崎フロンターレ残留を明かした。
 
 G大阪、鳥栖、神戸など複数クラブから破格とも言えるオファーを受けていたとされているが、なぜ残留という決断を下したのか。チャンピオンシップ準決勝敗戦後のオフ明けとなった12月1日、本人がその経緯を明かしてくれた。
 
 去就に関する報道が出てからのこの約1か月間、負傷離脱中だったこともあって、報道陣の前では表情が曇りがちだった小林だが、決断に至る思いを語る表情は明るい。
 
「今はすっきりしています。本当に、自分にはもったないぐらいのオファーを頂きました。家族のこと、将来のことも考えて本当に悩みました。どっちにいけば家族として幸せになれるか……今はフロンターレに残ってよかったと思っています」
 
 まず残留を決断したタイミングはいつだったのか。奇しくも、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だったという。
 
「一番は、鹿島戦に負けたのをピッチの外で見ていて、『フロンターレでタイトルを獲りたい』と思ったことです。それが一番大きかったですね」
 
 左太腿裏の肉離れの影響により欠場していた小林は、この一戦をスタンドからチームメートと観戦している。敗戦が決まった終了後には、机に顔を突っ伏したまま、長い時間ひとりでうずまっていたという目撃談もあった。そのときの心境をこう明かす。
 
「なんで自分がこのピッチにいられなかったのか……それが悔しくて。フロンターレというチームでタイトルを獲りたい。他のチームで獲っても……という思いがありました」
 
 もっとも、その決断に至るまでは毎日のように悩んだという。心の葛藤があったことをブログでも明かしているが、そんな日々について、少し懐かしそうに振り返る。
 
「本当に毎日(決断が)変わりました。夜、寝る前に色々と考えて眠れなくなったり……考えすぎて、考えるのをやめようと思ったぐらいです(笑)。関係者にも会わせてもらって、いろんな人に相談をして、そのたびにあっちに行ったり、こっちにいったりと考えが変わりました。人生で一番悩んだと思います。一生のことだと思っていたし、これだけ自分を評価してくれるのも今年しかない。だから、本当に悩みました」

「一番楽しくサッカーできる場所がいいんじゃない?」。妻の言葉が心に響いた。

 決断の背景にあったのは、愛着のある川崎フロンターレというクラブが、自分の力を強く必要としてくれたことだ。クラブ幹部はもちろん、レジェンドである主将・中村憲剛からも引き止める言葉をかけられた。
 
「クラブからは『憲剛さん(中村憲剛)のように、ずっといて欲しい』と言われましたし、そういう気持ちも伝わってきました。憲剛さんからも『残って欲しい』と言われた。チームのことを一番よく分かっているし、僕のことも一番よく分かっている人ですから。相談させてもらって、憲剛さんにもアドバイスをもらったし、いろんなことを相談して残ろうと思いました」
 
 言うまでもなく、家族の言葉もその決断を後押した。「家族のためにもどうすべきか」と毎日悩んでいる小林の姿に、夫人はこんな風に声をかけてくれたという。
 
「僕が決めることに対して、どこにでもついてきてくれると言ってくれていました。でも悩んでいたら、『お金もそうだけど、悠くんが毎日、一番楽しくサッカーできる場所がいいんじゃない?』と言ってくれたんです。自分はフロンターレのサッカーが好きで、毎日楽しいと思ってやれていた。他のクラブに行ってもサッカーは楽しいのかもしれないけど、それは分からないですよね。あれは心にすごく響きました」
 
 最後にはサポーターに対する気持ちも触れていた。残留か移籍かで悩んでいる日々、練習場を訪れて声をかけてくれるサポーターの熱意も小林の心を動かした。
 
「サポーターの皆さんが練習場に来てくれたり、僕のインスタグラムにコメントを投稿してくれたり、必要とされていると感じました」
 
 こうして来季もフロンターレのユニホームに袖を通してプレーすることの決まった小林だが、チームには天皇杯のタイトルのチャンスがまだ残っている。怪我の再発を防ぐために、焦らず調整に専念する見込みで、全体練習に復帰するのは13日前後の予定を予定しているという。
 
 フロンターレでタイトルを獲りたい――気持ちを新たにした小林悠は、天皇杯のピッチでその想いを表現する。
 
文:いしかわごう(フリーライター)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161203-00020971-sdigestw-socc&p=1

 

2 :2016/12/03(土) 06:48:16.83

川崎がもっと金出してやるのが一番良かった

 

3 :2016/12/03(土) 06:49:28.77

無い袖は振れないでござる

 

6 :2016/12/03(土) 07:52:41.76

なんか、がっかりだな。
楽しくサッカーできる場所って・・・。
一番成長できる場所を選ぶべきで、そこはおそらく酷しくてツラい場所なんだよ。
ってか、お前もホタルかよ?って感じ。

 

7 :2016/12/03(土) 07:57:12.99

川崎ってほとんどの選手もサポも楽しけりゃそれでいいと思ってるよね
大久保みたいにそう思ってない選手はここはぬるま湯だと思って自分から出ていく

まあ来年も楽しいとは限らないからね

 

8 :2016/12/03(土) 07:59:29.41

楽しんでやってるからタイトル0

 

11 :2016/12/03(土) 08:10:03.38

優勝できない理由がわかったか!たわけ!

 

14 :2016/12/03(土) 08:42:44.64

>>6
楽しく出来る=自分が一番いいプレイが出来る

こういう考えにならないのが代表厨とかなんだよなあ
選手に一番大切なのは自分が楽しくサッカーを出来るチームだよ

 

15 :2016/12/03(土) 08:53:10.06

クラブプロモーションで銭湯入ったり宇宙服着たりできるクラブもそうないだろうしな

 

20 :2016/12/03(土) 09:21:52.46

まあ楽しいのが一番だよね
どういうのが楽しいのかは個人の自由だけども

 

23 :2016/12/03(土) 09:31:52.97

楽しむと楽するの違いがわかってないレスがちらほら

 

25 :2016/12/03(土) 10:13:51.38

仕事はつらくつまらなくあるべきって典型的なブラックジャパンの思考で笑える

 

27 :2016/12/03(土) 11:03:06.54

監督替わってこれまでのように楽しくできるのかわからんよな

 

28 :2016/12/03(土) 13:04:36.51

楽しいって自分が得点できるクラブってことだろう

 

http://ux.nu/yiuDt