横浜F・マリノス モンバエルツ監督、続投について選手から反発の声が上がったことについて「サッカーではノーマルなこと」【161123】

1 :2016/11/23(水) 11:16:46.78

 来季続投が正式に発表された横浜Mのエリク・モンバエルツ監督(61)が22日、横浜市内で非公開練習後に取材に応じ、就任3年目の抱負を語った。クラブから続投が伝えられた21日のミーティングは異論が続出して紛糾したが、指揮官は「この世界ではよくあること」と意に介さなかった。

 フランス人監督の表情には、みじんの動揺もなかった。続投について選手から反発の声が上がったことについては「例えば、試合出場が少ない選手は不満があるだろう。あとは、私が実践しようとするサッカーと(選手自身のサッカー観)の違いで不満を持つ選手もいるだろう」と客観的に指摘。

 その上で「グアルディオラ(現マンチェスターC監督)もバイエルン時代にもめている。そういうことはサッカーではノーマルなこと」と言い切った。

 フィジカル強化や攻撃の連動性を就任2年間の成果に挙げたが、順位は7→10位に降下。日本代表MF斎藤が厳しいマークを受けると手詰まりとなり、第2、第3の攻撃パターンを見いだせなかった。

 選手が最も問題視しているコミュニケーションについては「いろいろな方法で高めていこうと思っている」とコメントしたが、一部の選手は不信感を抱えたままで、チーム内での不満はくすぶっている。

 就任3年目は厳しい船出となった。「目標? これから移籍、編成作業があるので正確に答えるにはまだ待たないと」と明言は避けた指揮官。主力の去就は依然として不透明な状況だ。溝のある選手にどこまで歩み寄れるだろうか。

スポーツ報知 11/23(水) 5:33配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000251-sph-socc

去就問題が二転三転していた横浜のモンバエルツ監督(61)が前日21日の続投決定後、初めて取材に応じた。

就任2年目の今季は昨季の7位より順位を落として10位と低迷。選手からも続投に反発の声が出るなど“逆風”が吹き荒れる中、それでも「試合に出られないことへの不満、サッカー(観)の違いへの不満。サッカーの世界ではノーマルに起こりえること」と、淡々と受け流した。

前日は長谷川社長が監督、選手を集め、続投に関する異例の説明会も実施。だが問題は解消されず磐田から獲得オファーの届いたMF中村ら、主力選手の去就にも影響しそうだ。選手らの不満の背景には慢性的なコミュニケーション不足も挙げられた。指揮官は「もっとうまくやれる。映像で伝えることなど今年もたくさんやった。もっといろんな方法で高めることが必要」と話した

スポニチ
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/23/kiji/K20161123013772800.html

 

2 :2016/11/23(水) 11:17:39.72

ガンバでも清水でも名古屋でもあったしな
ノーマルだわ

 

3 :2016/11/23(水) 11:18:54.71

使われないベテランがブーたれるのは当たり前
チャンスを貰えた若手はモンバエツ続投でホッとしてるだろうが
そっちの選手の話は聴かないのがマスゴミ

 

5 :2016/11/23(水) 11:25:46.45

ガンバ、グランパスに続く
本社の縮小、撤退戦意向を汲んだ指揮官ってことだな

 

7 :2016/11/23(水) 11:32:22.83

資金がパフォーマンスに見合わないベテランに流れて
思った補強が出来ないから順位が上がらないんじゃないの
メディアも有名な選手の意見ばかり聞くから偏る

 

8 :2016/11/23(水) 11:47:35.74

フツーなこと
逆に選手が糞なことを選手自身が受け入れて上手くなれよ

 

14 :2016/11/23(水) 12:22:19.75

マリノスの主力って?
今年は怪我人だらけで、ずっと出たのユージとファビ、パンゾー、マル、学、キーくらいじゃん(笑)
厳しい事言うと、ヒョウは昔ほどかき回せてないし、ユーゾーは頑丈さが無くなった。俊輔は病気と怪我で、計算出来ないじゃん!

 

17 :2016/11/23(水) 12:27:15.20

悲しいし、情けない

過去の栄光にしがみついていてはいけないけど、代表に呼ばれる選手が多かった時代はやっぱり強かった。
今は齋藤だけ。そりゃ上に行けないわなってなる

 

http://ux.nu/rQEUj