日本サッカー界の監督からも「思想家」「革命家」は出現するか【161101】

1 :2016/11/01(火) 19:03:58.90

“狂気のビエルサ”は多くの敵と有能な“弟子”を生み出した

 アスレティック・ビルバオ時代(2011~2013年)のマルセロ・ビエルサ監督を取材した経験がある。

 フットボールのために身体を借りている、という印象を受けた。偏りも、歪みも、精度の高さも、全て彼であり、どこを切り取っても、ビエルサというフットボールでしかなく、フラクタル(自己相似)だった。

 フットボールに対する並外れた情熱は「狂」を帯び、その狂から思想を発していた。思想とは、己の正義を論理化したものだろう。学び続けているが、それは思想を確立するためであって、誰かと折り合うことは一切ない。

 理想とするフットボールを体現するために、全てを抽象化、もしくは部品化し、自らをも精密な機械と捉えられるところがあった。周りから見れば、その追求心は狂気に近い。

 結果的に、“狂気のビエルサ”はチーム関係者とうまくいかず、ビルバオを去ることになった。

「オフのあいだにトレーニング施設のリフォームを完了すると約束した。それを果たせていない! なぜだ」

 ビエルサは腹を立て、業者を罵った。才気煥発な指揮官は、契約不履行が許せなかったのだろう。これを宥めようとしたクラブスタッフとも悶着を起こした。

 結局、これがわだかまりを残し、溝を生んでしまう。チーム内の士気は、著しく下がってしまった。味方がいなくなってしまったのである。戦略的に見て、明らかなしくじりだった。

 高い理想に向かって行動するビエルサは、他者にも完全無欠さを求める。相手の状況は一切顧慮しない。必然的に、たびたび軋轢を生んできた。ビルバオを退任後、マルセイユ、ラツィオなどでも似たような「約束を破った」という高潔すぎる姿勢で臨み、その任を降りている。

 思想家的リーダーが、しくじる時の典型的例だろう。

 しかしその一方で、この思想家的な指導者は、多くの「弟子」を育てている。

 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)、エドゥアルド・ベリッソ(セルタ)、ホルヘ・サンパオリ(セビージャ)はいずれも、ビエルサの影響を色濃く受けている。

 そして、理想に走りがちだったマネジメントに、実務的な感覚を採り入れた。3人のフットボールは、より実戦的なものとなっている。それは集団のマネジメントも同じで、柔軟性を忘れていない。思想家から実務家へ、という流れか。

実務的な仕事をこなせる監督は現在の日本サッカーにもいるが

 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)が監督を志した時、真っ先に赴いた先が、セサール・ルイス・メノッティ、ファンマ・リージョ、そしてビエルサの元だった。

 この3人は、“理想ロマン主義”と言える指導者かもしれない。無理だ、不可能だ、というモデルに挑む。

「90分間、ボールを持って攻め続けるというのが、ビエルサの究極的な理想だった」

 グアルディオラはそう語っているが、彼はその実現が難しいと悟りながら、選手時代にヨハン・クライフから受けた薫陶から類い希なる直感力を働かせ、明敏な革命家のようなフットボールを確立した。

「思想家がなし得なかった境地に、革命家として辿り着いた」のが、グアルディオラなのだろう。

 ボールゲームを追求するなか、セルジ・ブスケッツのような選手を覚醒させつつ、敵陣で奪い返すショートカウンターを確立することで、弱点だった守備の綻びを隠し、攻撃力を高めた。

 それは、実務家の現実的すぎるやり方とも違う。革命家は、世界サッカー史に名を残すようなスペクタクルを示し、それをバルサだけでなく、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・Cでも体現しつつある。

 誰もなし得なかったプレーモデルだ。

 翻って日本サッカーには、思想家、革命家、実務家と言える名将は出てくるのか。実務的な仕事をこなせる監督はいないことはない。それは、論理を身につけ、実戦をこなすことで磨かれる。しかし、思想や革命はまだ存在しない。

 唯一、その気配を見せるのは、川崎フロンターレの風間八宏監督だが、時代を切り拓くには、輝かしいタイトルが必要になる。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00010001-sdigestw-socc&p=1

 

2 :2016/11/01(火) 19:05:02.62

ラモスしかないな

 

4 :2016/11/01(火) 19:07:08.19

手倉森でも内山でも無いな

 

5 :2016/11/01(火) 19:07:29.13

国内にいたらどんなに革新的なことやっても注目されねえから

 

8 :2016/11/01(火) 19:08:25.96

レノファ山口でやってるだろ
選手の質は落ちるからその分レベルは下がるけど

 

19 :2016/11/01(火) 19:28:02.02

>>8
J3で結構影響あったみたいだな
いくつかのクラブがレノファスタイルを目指してる

 

11 :2016/11/01(火) 19:11:33.94

革命といえば風間
風間といえば革命

 

13 :2016/11/01(火) 19:16:20.88

こういうのは言いっぱなしが許される、もしくは工作できるジャンルじゃないと無理だろ
結果も伴わないといけないサッカーでは浮き沈みが必ずあるから無理だね

 

16 :2016/11/01(火) 19:18:14.27

健太からは激しく某革命臭がする
なお滝沢君や日ハムの栗山からも同じ香りがする

 

20 :2016/11/01(火) 19:47:17.25

グアルディオラのバルセロナで一番センセーショナルだったのはあのクラスの選手達に守備でハードワークさせた事だと思うが。

ただ、あの戦術は別に目新しく無いじゃん。

弱小チームはやってた戦術を超一流達がやると攻撃力半端なくてああなりますって感じ。

チキタカの完全導入やカンテラ組の優遇は素晴らしいと思ったけど、それはクライフの意志を継いで地道に育成して来た人達の手柄でもある。

別に嫌いじゃないけど、本家チキタカに負け続きな事考えると賞賛される程の新機軸を打ち出した様には見えないってのが正直な感想。

 

21 :2016/11/01(火) 20:13:56.41

>>20
ポジションチェンジを繰り返すチームがあのプレッシングを行える異常性も分からないのか?

 

22 :2016/11/01(火) 20:41:58.32

>>20
クライフのサッカーそのものが分からないみたいだね

 

23 :2016/11/01(火) 20:44:54.19

自分の息子をごり推しするんですね

 

25 :2016/11/01(火) 21:46:08.29

>>23
ダメだと思ったら息子でもあっさり解雇するという

 

26 :2016/11/02(水) 02:40:53.75

レンタルじゃ無くて解雇なのか

 

27 :2016/11/02(水) 02:41:55.54

中田あたりにそうなって欲しかったけど旅人になってしまった

 

28 :2016/11/02(水) 03:55:49.73

元サッカー選手だけが監督してるから日本は発展しない。
元作家や元大学教授が監督するようにならないとだめだ

 

29 :2016/11/02(水) 03:58:47.35

元通訳の監督が秋田にいるw

 

http://ux.nu/mASZr

未分類

Posted by 管理人