クロップ監督、教え子獲得には全く興味がないらしい【160731】

1 :2016/07/31(日) 16:56:29.41

『Liverpool Echo』は「リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、教え子であるヘンリフ・ムヒタリャン獲得に関心はなかったと話した」と報じた。

先日マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決定したムヒタリャン。しかし、その前には恩師であるクロップが率いるリヴァプールとの関係が噂されていた。

しかしクロップ監督は以下のように話し、ムヒタリャンの獲得については関心を持っていなかったと明かした。

ユルゲン・クロップ

「もしある選手を指導したことがあれば、彼のことはよく知っているわけだ。そうすれば、他の選手のことを知りたくなる。そういうことだよ。

私は、彼(ムヒタリャン)がマンチェスター・ユナイテッドに行こうとしていることをずっと前から知っていた。私がそこに飛び込んでいく理由は何もない。それは我々の仕事の形ではない。

我々は、すでにともに働いたことのある選手を探してはいなかった。

それは退屈というわけではないが、お互いにすべてを知り尽くしているのに、どうやって成長できるというのだ?次のステップはどこにあるのだ?一歩踏み出す場所はどこなんだ?

我々は多くの選手に向かうことができた。しかし、まず考えるのはこういうことだ。『何をすることが必要なんだ?』と」

http://qoly.jp/2016/07/31/jurgen-klopp-talked-about-henrikh-mkhitaryan

 

4 :2016/07/31(日) 16:59:26.04

そういやクロップはムヒタリアンに握手拒否とかされてたな

 

5 :2016/07/31(日) 17:00:53.82

クロップはムヒの扱いそんな知らんかったやろ

 

6 :2016/07/31(日) 17:01:27.94

マンUと争えるわけないから早々に撤退したってだけだろ

 

8 :2016/07/31(日) 17:02:56.23

教え子つれてくる監督は上手く行くといいが駄目だと引き出しが少ないって思われる

 

9 :2016/07/31(日) 17:09:38.87

クロップは前のクラブの教え子と今いるクラブの選手とのバランスのとれた人間関係を築くのが苦手なんだろ
教え子を贔屓しすぎるのもダメだし、かといって雑に扱うこともできない
マインツからドルにいったときも誰も連れて行かなかったしな

 

12 :2016/07/31(日) 17:14:34.42

>>9
スボティッチ・・・
砂漠のジダン・・・

スボティッチはてっきり今年の冬にリバポに呼ぶと思っていたが
病気がなくても呼ぶ気なかったのかな

 

19 :2016/07/31(日) 18:17:54.58

香川のドル復帰はフロントの意向って事か

 

20 :2016/07/31(日) 18:40:43.35

>>19
そういうことだね
戻った時クロップは会見もしなかったからな

 

25 :2016/07/31(日) 22:38:40.21

リバポは謎に金だけはあるんだからサポもドルトムントからの補強を期待してる
ムヒとはソリが合わないし当然だけど絶対オファー出して断られてるだけの強がり

 

http://ux.nu/Zrp1k