香川のピークはこれからくる ギュンドアンの穴埋めは“シンジ“に託された【160610】

2017年4月6日

1 :2016/06/11(土) 00:27:23.20

来季はシーズンを通して中盤の主役に

トーマス・トゥヘルの下で再び輝きを取り戻したドルトムントMF香川真司は、今季13得点と素晴らしい成績を残した。香川は2011-12シーズンに17得点を記録しており、今季はそれに次いで多い得点数だ。

米『Fear The Wall』は香川がチャンスを作り続けていたと高い評価を下しており、何度か途中出場からでもチームの流れを変えることがあったと香川の成長を伝えている。ただし、見過ごせない点もある。

香川は後半戦に1度ポジションを失いかけたことがあり、出場機会が減ることになった。同メディアは香川とトゥヘルの間に何らかの問題があったのは確実と伝えており、シーズンを通して調子を維持できなかったことは新たな課題と捉えられている。

しかも今夏には同じ中盤のイルカイ・ギュンドアンがマンチェスター・シティに移籍し、中盤の核が抜けることになった。新たにセバスティアン・ローデを獲得したものの、いきなりギュンドアンと同じ働きを見せるのは難しい。同メディアは香川が来季の主役になることを期待しており、27歳のベテランMFとして中盤で指揮を執ることが求められている。また、27歳になった香川のピークがこれから来ることに期待したいとも伝えており、来季の香川にはシーズンを通して中盤で好パフォーマンスを見せることが求められている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00010026-theworld-socc

 

2 :2016/06/11(土) 00:31:04.99

ギュンドアンがいなくて機能するかは疑問だな

 

10 :2016/06/11(土) 00:38:30.32

それより、フンメルスの穴が大きいわ…それをどう埋めるかやで

 

13 :2016/06/11(土) 00:47:49.27

ギュンドアンもフンメルスも居ないと、後ろからの縦パスが無くなるからきついわな
前シーズンの前半戦みたいに香川が後ろに下がって組み立てるならどうにかなるかもしれんが
あの禿がそれをやらせるとは思えん

 

15 :2016/06/11(土) 00:54:14.81

トゥヘルと問題あったの香川だけじゃなく、
カストロ、ギンター、ベンダー、スボと皆トゥヘルとは諍いあった
岡崎がトゥヘルは自分の戦術を忠実に守らない選手は冷遇すると言ってたし
ドルのOBからもドルを踏み台としか考えてなくて嫌われてるという記事も出てたしな

 

23 :2016/06/11(土) 01:32:21.37

>>15
ロイスが一番怒ってるような気がする

 

16 :2016/06/11(土) 01:06:48.08

問題ってか
単に3バックのときは居場所なかったってだけだろ…
守備力なし、ロイスムヒより打開力なし、で
トゥヘルは昨季、クロップからの変化も合わせると
3回大きくやり方を変えた

 

8 :2016/06/11(土) 00:35:45.72

調子悪くても顔に出すなよ 士気に影響するから

 

24 :2016/06/11(土) 02:14:19.67

>>8
ほんとこれ
オフにテキサスのプロからポーカーフェイスを学ぶとかメンタル強化しろ

 

31 :2016/06/11(土) 03:59:44.70

>>24
バロンドール3回受賞世界のクリロナさん

「せやな。」

 

http://ux.nu/FIGpn