桐光学園DFジェファーソンの争奪戦勃発…F東京や川崎、磐田、C大阪などが興味【160520】

2017年4月6日

1 :2016/05/20(金) 12:28:19.03

 昨年度の高校選手権で、2年生ながら抜群のスピードを生かしたプレーで優秀選手に輝いた桐光学園DFタビナス・ジェファーソン(3年)を巡って、Jクラブが争奪戦を繰り広げていることが19日、分かった。関係者によると、この日から練習参加しているF東京をはじめ、川崎、磐田、J2C大阪などが興味を示しているという。

 東京五輪の秘密兵器といわれる17歳は、攻撃的な左SB。父がガーナ人、母がフィリピン人のため、日本国籍を保有していないが、20歳になれば帰化申請可能。日本育ちのため認められる可能性は高く、2020年には間に合う。

 3月にはF東京の試合を観戦。クラブ側も高く評価しており、具体的な話に発展する可能性は十分ある。本人も夏までに決めたい意向で、選択が注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00000016-sph-socc

 

2 :2016/05/20(金) 12:30:45.50

尚既神断

 

6 :2016/05/20(金) 12:47:26.34

マリノスに行くのが一番良いと思うけどな。中澤がレギュラーでいられるのも長くはない。
下平も悪い選手じゃないが、マリノスのレギュラーとしては絶対的な存在とはいえない。
ファビオにスタメンを獲られて、栗原もそろそろ身の振り方を考えてるかもしれない。
しかも監督は若手を躊躇なく使って行くことに全くためらいがない。
横浜なら強化指定制度を使って直ぐに試合に出られる距離にクラブがある。

 

7 :2016/05/20(金) 12:49:01.03

>>6
ポジションは左SBだよ

 

8 :2016/05/20(金) 12:54:50.77

うん、知ってる。センターバックもできる左サイドバックね。
若いうちはどこでもいいから試合に出してくれる監督のとこ行かなきゃ駄目よ。

 

http://ux.nu/eXoKU