契約延長の可能性もあった?ドルトムントCEO、フンメルス移籍は「強く家族的な理由」【160511】

2017年4月6日

1 :2016/05/11(水) 14:58:51.25

 ドルトムントに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスのバイエルン移籍が10日に発表された。ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)が同選手の移籍決断の理由を明かしている。ドイツ誌『kicker』日本語版が報じた。

 ヴァツケCEOとミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)、そしてバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、4月29日にデュッセルドルフにて会談。そして10日に、電話にて基本合意に達したという。

『kicker』誌によると、移籍金は約3500万ユーロ(約43億4000万円)で、ドルトムント側からの要求にバイエルンが応じたもの。もしも応じていなければ、フンメルスはドルトムントとの契約を延長していたようだ。

 フンメルスとのこれまでの話し合いについて、ヴァツケCEOは「非常に多く、そして非常にオープンに行われてきた」と明かし、移籍の決断ついては「強く家族的な理由」があったとも述べている。一方、バイエルンのルメニゲCEOは「世界最高のセンターバックの一人。我々のクオリティをさらに上げてくれる」と獲得に喜びを見せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00440755-soccerk-socc

 

4 :2016/05/11(水) 15:15:28.85

裏切り者に天罰を

 

5 :2016/05/11(水) 15:19:24.75

家族が日本に行きたいと言ったらいくか?
家族のせいにすんなよ
自分で決めろ

 

6 :2016/05/11(水) 15:21:23.66

バイエに家族を人質に取られたのか?

 

http://ux.nu/UMMfY