J1序盤戦で目にとまった、今季ブレイクしそうな「4人」【160401】

2017年5月8日

1 :2016/04/01(金) 22:09:01.88

 W杯アジア2次予選が行なわれたため、一時中断となっていたJ1リーグが今週末(4月1日、2日)再開される。

 J1の中断期間の3月23日にはナビスコカップも開幕し、いよいよ本格的に新しいシーズンが始まった印象だ。ここから先、5月いっぱいは中断期間が挟まることもなく、J1はリーグ戦が進んでいくことになる。

 そこでリーグ戦再開を前に、今季J1でのブレイク候補を探ってみたい。

■茶島雄介
http://www.jleague.jp/img/cache/2016/hiroshima/player/1400065_l.jpg
http://www.jleague.jp/club/hiroshima/player/detail/1400065/

 まずは、昨季のJ1王者、サンフレッチェ広島のMF茶島雄介(ちゃじま・ゆうすけ)である。

 彼がその名を一躍知られるきっかけとなったのは、昨年のクラブW杯。広島は大会初戦で立て続けにふたり(MF野津田岳人とMF柴崎晃成)、しかも同じ2列目のポジションの選手を負傷で失った。そんな緊急事態にあって、森保一監督が抜擢したのが茶島だった。

 茶島の昨季J1での出場試合数はわずかに3。ほとんど実績のなかった24歳は、しかし、クラブ世界一を争う大舞台で、鋭いドリブルや急所を突くパスを披露した。結局、3位決定戦までの3試合に先発出場し、広島の3位に大きく貢献した。

 今季の茶島は、J1で先発出場1試合、途中出場2試合と、まだ絶対的な地位を確立してはいない。だが、実際のプレーを見れば、調子は上々。キレのいいドリブルを見せている。

 AFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)を並行して戦わなければならない広島は、厚い選手層を維持することが必要条件。日本とアジアの両方でタイトルを獲得するためには、茶島のさらなる成長が欠かせない。

 クラブW杯に突如現れたシンデレラボーイは、新たなシーズンでどんな活躍を見せるのか。今季、広島の背番号25に注目したい。

■阿部拓馬
http://www.jleague.jp/img/cache/2016/ftokyo/player/1000109_l.jpg
http://www.jleague.jp/club/ftokyo/player/detail/1000109/

 広島と同じく、ACLを並行して戦うFC東京には、今季新たにひとりのFWが加わった。阿部拓馬(ヴァンフォーレ甲府→)である。

 阿部の魅力は、たぐいまれな得点感覚。自らシュートまで持ち込む意識が高いだけでなく、シュートパターンも多彩だ。小さなモーションでいきなりシュートを打ったり、DFを抜き切る前にシュートを打ったりと、相手GKのタイミングを外すのが抜群にうまい。こうしたセンスは、日本人選手にはあまり見られないものだ。

 2012年まで所属していた東京ヴェルディ時代は、J2でゴールを量産(通算37ゴール)していても、「ゴールに対する執着はあるが、点も取れるし、パスも出せる。そういう選手になりたい」と話していた阿部だが、その後ドイツに渡り(2部リーグのアーレンでプレー)、よりストライカーらしくなって日本に戻ってきた印象だ。

 今季J1ではまだ1ゴール(第4節終了時)にとどまっているが、主に2トップを組むパートナー、FW前田遼一とのコンビネーションも良好。28歳と円熟期を迎えつつあるFWは、さらにゴールを重ねていくはずだ。

 そして今季のブレイク候補として、最後に若いふたりの名前も挙げておきたい。

■富樫敬真
http://www.jleague.jp/img/cache/2016/yokohamafm/player/1503022_l.jpg
http://www.jleague.jp/club/yokohamafm/player/detail/1503022/

 ひとり目は、横浜F・マリノスのFW富樫敬真(とがし・けいまん)。先発出場2試合、途中出場2試合と、これまで全試合に出場(第4節終了時)し、早くも2ゴールを記録している。

 まだ関東学院大在学中で特別指定選手だった昨季も、セカンドステージ第11節のFC東京戦(1-0で勝利)で値千金の決勝ゴールを叩き出すなど、勝負強い。DFに体を寄せられても当たり負けしない強さも備えており、点の取れるポジションへ強引にでも入っていけるのが彼の魅力だ。

 身長は178cmながら、ピッチに立つ姿は数字以上に大きく見え、プレーはパワフル。先輩選手からは「おまえは、筋肉とコミュニケーションが取れていない。心と体がバラバラだ」と指摘されているようで、経験不足から能力を出し切れていないが、裏を返せば、まだまだ伸びしろを備えているということでもある。完全にレギュラーポジションを取ったとは言えない立場だろうが、今後も注目しておきたい選手である。

■鈴木優磨
http://www.jleague.jp/img/cache/2016/kashima/player/1400359_l.jpg
http://www.jleague.jp/club/kashima/player/detail/1400359/

 もうひとりは鹿島アントラーズのFW鈴木優磨。昨季鹿島ユースから昇格したばかりの19歳だ。ルーキーだった昨季、すでに7試合に出場し、2ゴールを記録している。

 鈴木の魅力は181cmの長身ながら、マルチな能力を備えており、FWとしてだけでなく2列目でもプレーできること。試合展開に応じて、いろいろなオプションに対応できる。

 現時点でレギュラーポジションはまだ遠いと言わざるをえないが、Jリーグ屈指の強豪クラブで着実に成長を続けており、チーム内での存在価値は間違いなく高まっている。

 今季J1でもガンバ大阪との開幕戦(1-0で勝利)では、虎の子の1点を決める大仕事をしており、勝負強さもなかなかのもの。鹿島が2009年以来となるJ1制覇を成し遂げるためにも、飛躍が期待される選手である。

 開幕から4節を終えたJ1では、川崎フロンターレと鹿島がスタートダッシュを決める一方で、ディフェンディングチャンピオンの広島がつまずくなど、早くも先の予想が難しい状況になっている。

 当然、選手個々の活躍も予断を許さない。実績十分の選手が不振に陥ることもあれば、まだJ1で大きな実績を残していない選手が、所属クラブを躍進に導くこともある。ナビスコカップでは、大きくメンバーを入れ替えて若手を起用するクラブも多く、今後はナビスコでの活躍をきっかけに、リーグ戦で台頭してくる選手もいるだろう。

 はたして、今季J1にサプライズをもたらすのは誰か。日本代表選手ばかりでなく、こうしたブレイク候補たちにも注目しておきたい。

webスポルティーバ 4月1日(金)15時20分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160401-00010011-sportiva-socc

 

10 :2016/04/01(金) 22:22:33.75

ウタカだろ

 

12 :2016/04/01(金) 22:24:11.78

そろそろ鎌田頑張れ

 

13 :2016/04/01(金) 22:26:47.82

浦和のズラタンだろ
高さだけでなく裏へ抜ける動きが出来るようになった
今年は20ゴールいくぞ

 

14 :2016/04/01(金) 22:27:25.37

大宮の泉澤がいい、右のペチュニクが見劣りする

 

16 :2016/04/01(金) 22:31:55.81

>>14
割りと小柄のドリブラーか
なかなか見てて面白いプレーするよな

 

30 :2016/04/02(土) 09:25:33.93

>>14
泉澤は和製シャキリ

 

15 :2016/04/01(金) 22:30:46.92

ガンバの井手口いないのか

 

20 :2016/04/01(金) 22:46:26.75

>>15
井手口はもうブレイク済みじゃね?

 

3 :2016/04/01(金) 22:16:12.45

チビの茶島は広島専用機としておいといて
他の3人は期待出来そうだ

 

4 :2016/04/01(金) 22:17:11.22

冨樫は絶対178以上あるだろう

 

17 :2016/04/01(金) 22:32:49.09

富樫敬真

生涯シュート本数 4(今季2)
得点 3(今季2)
決定率 75%(今季100%)

 

26 :2016/04/02(土) 00:04:26.77

>>17
ここまで極端にシュート撃てない選手だと少し対策されたら厳しいだろうな
実際試合見ても悪い意味で消えてるし

 

8 :2016/04/01(金) 22:21:07.83

アタッカーばっかり・・・

 

18 :2016/04/01(金) 22:34:24.34

茶島ってド下手な印象しかない

 

19 :2016/04/01(金) 22:35:45.41

なぜ前線の選手ばかり?
というか広島なら茶島より宮原じゃね

 

9 :2016/04/01(金) 22:22:18.04

阿部が去年の出来でまだブレイクしてない扱いとか可哀想

 

22 :2016/04/01(金) 23:01:19.11

阿部を見て「得点感覚が凄い」って思うのか
「守備すげえ頑張るなぁ」って思うだろ

 

28 :2016/04/02(土) 05:57:17.51

阿部はアーレンで駄目っだったのか

 

29 :2016/04/02(土) 09:05:31.06

阿部拓馬?
はぁ?U-23の中心選手の中島さんは?

 

24 :2016/04/01(金) 23:10:28.60

優磨は2得点ことはガンバだけってことか

 

25 :2016/04/01(金) 23:11:18.09

あ、昨季だからガンバ以外もあるか…

 

27 :2016/04/02(土) 02:11:30.53

鹿島の鈴木は本当に19歳なのか?
十代とは思えないポジショニングするよな

 

http://ux.nu/QC6KL