レスター史上最大の挑戦へ、ヴァーディや岡崎ら代表組が経験持ち帰り一層強力に【160401】

2017年4月5日

1 :2016/04/01(金) 17:18:29.82

 イングランド・プレミアリーグは、代表ウィークによる中断期間を経て今週末に試合が再開。初優勝を目指して首位を走るレスターでは所属選手が代表戦で活躍を見せており、いい雰囲気で“史上最大の6週間”に臨めそうだ。

 クラブ132年の歴史で最大の挑戦に向け、ラストスパートに入っているレスター。現地時間3日(以下現地時間)のサウザンプトン戦に勝利すれば、タイトルまで残り6試合となる。こうしたなか、レスターでは3選手が代表初ゴール、デビュー、初先発とうれしい記録を刻んだ。日本代表FW岡崎慎司も節目の一戦に臨んだ。

 3月26日の国際親善試合では、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが初ゴールをマーク。続く29日のオランダ戦では、MFダニー・ドリンクウォーターがイングランド代表デビューを果たし、ヴァーディが2戦連続弾を挙げた。

 一方、フランス代表では、29日に25歳の誕生日を迎えたMFヌゴロ・カンテが、同日のロシア戦で初先発を果たし、さらにバースデーゴールも記録。岡崎も負けていない。同選手は24日のアフガニスタン戦で1ゴールを挙げると、29日のシリア戦ではキャプテンマークを巻いてピッチに立ち、代表100キャップを記録した。

 イングランドサッカー界のみならず、国際舞台でも実力を発揮しているレスターの選手たち。3年前までフランス2部のカーンでプレーしていたカンテは「あっという間だった」と、そのキャリアを振り返る。かつてはカーボンファイバーの工場勤務だったヴァーディも、「4、5年前には、こんなことが可能だなんて口にもしなかっただろう」と、自身のシンデレラストーリーについて語っている。

 短期間で大きなステップアップを遂げたと振り返るのは、レスターというチームを愛するファンも同様だろう。昨シーズン、終盤9試合のラストスパートで辛くも降格を免れたチームは、今季は一転して優勝を争う立場へと変貌。上位争いが激化するなか直近の3試合をいずれも1対0でモノにするなど、プレッシャーに対処できることも示した。そのチームに今度は代表戦で自信と手応えを得た選手たちが経験値を手に戻ってくる。

 なお、プレミアリーグ再開を前に、元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏は、英『スカイ・スポーツ』に対し、「彼らは今季ずっとベストを保っている。それは疑いようがない」とコメント。「タイトルに値する」と、レスターが王者に相応しいチームだと賛辞を送っている。(STATS-AP)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000016-ism-socc

 

3 :2016/04/01(金) 17:25:57.45

得たものは代表疲れの疲労で思うように動けない、とか現実的なオチじゃあないのかね

 

4 :2016/04/01(金) 17:26:36.48

普通に考えて疲労のがでかいだろ

 

10 :2016/04/01(金) 17:44:26.08

レスターの強みの一つに代表選手が少ない事が挙げられると思うけど、
代表選手が増えるとレスターの選手層じゃドルトムントみたいにボコボコになるんじゃねーの。
代表ウィーク後、疲労で、代表選手が少ない下位クラブに負けるっていう

 

6 :2016/04/01(金) 17:33:19.66

岡崎週末はベンチスタートかな
無理させるとその先がやばい

 

9 :2016/04/01(金) 17:43:19.92

最後のスパートで岡崎には点取りまくって活躍して欲しいなあ

できれば優勝を決める試合で点とって欲しい
そうすりゃ必ずそのシーンも振り返られるからな

 

14 :2016/04/01(金) 17:47:21.36

優勝してほしいなあ

 

17 :2016/04/01(金) 17:57:54.19

あと4勝でほぼ決まる!岡崎頼むぜー。

 

http://ux.nu/hdOU6