インテルのセンターバックコンビが1シーズンで解消?マタとのトレード案浮上【160328】

2017年4月5日

1 :2016/03/28(月) 17:18:30.90

マンUから狙われる2人

今季インテルで鉄壁のコンビを築いているDFジョアン・ミランダとジェイソン・ムリージョの2人は、マンチェスター・ユナイテッドの今夏の補強リストに挙がっていると伝えられている。ミランダについては来季からマンUで指揮を執ると噂されるジョゼ・モウリーニョが好んでいるようで、インテルは今夏に守備の柱2枚を失うことになるかもしれない。

そこでインテルは、すでに彼らの後釜確保に向けて動いている。伊『Football ITALIA』によると、インテルが狙っているのはシャルケMFロマン・ノイステッターとPSVのDFジェフリー・ブルーマだ。ノイステッターは中盤の選手だが、シャルケではセンターバックも兼務している万能型だ。ブルーマはPSVでも評価を高めており、まだ24歳と若いことも魅力だ。

さらにインテルは、マンUにミランダを売却する際にはMFファン・マタの獲得を希望しているという。マタはモウリーニョとの関係が未だ不透明で、指揮官の交代で立場が変わる可能性も考えられる。インテルは中盤で違いを作れる選手が欠けているため、マタは理想的な選手となるだろう。

インテルにとって堅守を築いているセンターバックコンビを1シーズンで失うのは痛いが、今夏マンUとインテルの間 で動きはあるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00010017-theworld-socc

 

4 :2016/03/28(月) 17:28:16.09

マタ不運やな

 

5 :2016/03/28(月) 17:32:38.30

マンチがマタなんて欲しがる訳ね~だろ、アホか

 

7 :2016/03/28(月) 17:34:46.13

インテルここ数年の補強で最大の当たりなのにな。

 

8 :2016/03/28(月) 17:47:52.43

モウリーニョはチェルシー離れてもまだアトレティコの選手好きなんか

 

12 :2016/03/28(月) 18:16:44.67

ムリーニョはいらん
ミランダはやらん

 

2 :2016/03/28(月) 17:22:14.30

欧州サッカーってもっとトレードがたくさんあってもいいのに、大抵は野球で言う金銭トレードなんだよな

 

9 :2016/03/28(月) 18:01:36.74

>>2
野球とサッカーの違いは役割や戦術の違いが大きい
サッカーは前のチームと同じポジション、役割、戦術になる可能性は低いが
野球はその辺は同じでワンプレーごとに指示も出来るから適応も早い
チーム毎に求めるモノが違いすぎてトレードは難しいと思うよ

 

11 :2016/03/28(月) 18:04:18.69

>>9
一理あるが、根本は白人の人身売買の歴史かと

 

10 :2016/03/28(月) 18:04:16.51

>>2
選手の権利が強いからね
関係者が全員合意したら人的保証も無くはないけど個別に金銭で纏めるほうがスムーズに行く

 

14 :2016/03/28(月) 19:40:47.24

>>10
よく考えたら選手の意思を全く無視して成立する野球式トレードのが異常な事に気付いた
人権厨とさえ言えるアメリカでも容認されてるってスゲーな

 

15 :2016/03/28(月) 20:21:23.01

>>14
サッカーも南米はパスと呼ばれてる保有権を代理人やクラブが持ってるケースがある
これは欧州では認められてない
両クラブ、本人の三者が同意しないと移籍は成立しない
ただし残り一年になるまで在席クラブは
選手型のクラブと交渉することを拒絶できる
移籍じゃなくて対話を拒絶できる
その代わり長すぎる契約は実際交わされていても無効になる判決が出てる

 

http://ux.nu/2eeYa