高知県で室戸少年サッカーが30年ぶりに復活【160324】

2017年4月5日

1 :2016/03/24(木) 13:57:23.18

2016年03月23日08時16分

 小中学校のサッカーチームがなかった高知県室戸市に1年前、少年サッカークラブが誕生し、裾野が広がっている。地元の男性会社員(35)が立ち上げた「室戸アンビシオンFC」で現在、市内の小学生44人が所属し、室戸市浮津の室戸小学校グラウンドなどで熱心に練習に励んでいる。関係者によると、室戸市のサッカークラブ設立は約30年ぶりで、競技に興味を抱いていた子どもたちの受け皿になっている。

 少年サッカークラブを立ち上げたのは室戸市室戸岬町の坂本柔剛(じゅうごう)さん。室戸市出身で10歳のころ吾川郡いの町に引っ越し、中高ではサッカー部に所属した。高校卒業後に室戸へ戻った。

 2013年暮れ、知人から「子どもにサッカーを教えてほしい」と頼まれて教室を開いたところ、予想を超える15人以上が集まった。「サッカーをやりたい子がこんなにおったがや」。室戸には当時、少年野球やバスケットボールのクラブはあったが、サッカーはなかった。

 その後、週1回の練習を開くようになり、2014年秋には児童が40人を超えた。2015年4月には、県内の各種大会出場をにらんで高知県サッカー協会に登録し、以降の練習日も週4日に増やした。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:高知新聞 http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=354055&nwIW=1&nwVt=knd

 

2 :2016/03/24(木) 13:59:08.26

>>1の続き

 初の対外試合となった安芸市春季大会は、5年生チームが0対14で敗れるなど、厳しい結果に終わった。しかし5月に高岡郡日高村で開かれた高知県サッカー協会主催の大会では3年生が2勝。5年生も秋の香南市長杯で1勝し、メンバーはレベルアップを実感している。

 キャプテンの浜田克哉君(12)=室戸小学校6年=は「遊びでやるのとコーチに教えてもらうのでは全然違う。友達も増えて楽しい」。幼少のころからサッカーに興味があったという副キャプテンの増田拓巳君(12)=室戸小学校6年=も「サッカーができて本当にうれしい。中学でも続けたい」と夢中で練習に励む。

 室戸市内の中学校にはサッカー部がなく、2016年度からはクラブに中学生も受け入れるという。坂本さんは「子どもが好きなこと(サッカー)を続けられるよう、全力で応援したい。将来は中学校にサッカー部ができれば」と期待している。

 

4 :2016/03/24(木) 14:00:23.16

カツオーレ高知ってJFL?のチームも出来たんだろ?

 

10 :2016/03/24(木) 14:26:58.69

>>4
アイゴッソ高知 + 高知UトラスターFC = 高知ユナイテッドSC

http://kochi-usc.jp/news/wp-content/uploads/2016/02/cropped-cropped-app_ico.png

今はJFLの一つ下、四国サッカーリーグ所属です。

 

11 :2016/03/24(木) 14:27:53.15

アンビシオンって何?

 

15 :2016/03/24(木) 14:51:55.28

>>11
野心・野望(やしん・やぼう)のフランス語
アンビシオン
ambition

野心・野望(やしん・やぼう)のスペイン語
アンビシオン
ambición

 

5 :2016/03/24(木) 14:02:51.05

人口も減ってるんだしいつまでも辺境に閉じこもってないで本州に集まればいいのに

 

7 :2016/03/24(木) 14:05:28.09

室戸市の人口
1970年 27,445人
1975年 26,660人
1980年 26,086人
1985年 25,309人
1990年 23,308人
1995年 21,430人
2000年 19,472人
2005年 17,490人
2010年 15,210人
2016年 14,445人

 

8 :2016/03/24(木) 14:06:06.59

野球なんてやってる場合じゃねー

 

14 :2016/03/24(木) 14:43:17.69

(1)「廃部」「休部状態」次々 1000人割れ、目前
http://www.kochinews.co.jp/15gekigen/150629gekigen01.html

 

19 :2016/03/24(木) 22:02:07.47

高知新聞の記事にでてたサッカーチームだな
「室戸の野球関係者がききを募らせている」とも書いてあった
おそらく相当な嫌がらせがあったはずだが、よくがんばってるね

 

35 :2016/03/24(木) 23:47:01.43

>>19
激減!県内少年野球(4)高知県東部 わずか4チーム 速い流れに打つ手なし
http://www.kochinews.co.jp/15gekigen/150703gekigen01.html

 では、2番目の人口の室戸市(約1万4千人)はどうか。ここはかつて、市内に5チームあったが、3年前から「うきつ」と「吉良川御田」の二つとなり、今季の部員数は13人と15人だ。

 「うきつ」で監督を12年務め、今季からコーチに回った西村啓志(けいし)さん(46)はこう嘆く。「底辺を広げないかんと思いつつ何もできてないんです。保護者に聞くと『野球部に入ったら忙しくなるので、よう預けん』なんですわ」

 高知市の大会の開会式に出るとなると午前5時半出発。勝ち上がれば週末ごとに子どもの送迎と応援で1日がかりとなる。親にとっては、わが子の成長は楽しくもあるが負担も大きい。

 そこへ昨秋、室戸市に初の少年サッカーチームが誕生した。安芸市と室戸市の間の中芸地区では2009年、やはりサッカー兼フットサルチームが誕生し、その影響からか2012年に田野小学校、2013年には奈半利小学校の野球部が休部状態に陥っているだけに、室戸の野球関係者は危機感を募らせる。

 「しかし」、と話を聞きながら疑問が湧いた。大会出場における郡部チームの大変さはサッカーも同じではないか。そう思ったが、違っていた。少年サッカーは野球の「常識」を覆していた。

 

9 :2016/03/24(木) 14:10:26.75

10歳ごろの刷り込みは一生物

 

13 :2016/03/24(木) 14:41:04.90

サッカー部のない中学校なんかがあるんだ
どんどん規模大きくなりそうで大変そう
こんなのこそJFAが手伝ってあげればいいのに

 

29 :2016/03/24(木) 22:31:48.24

各市町村に最低1クラブ、中学校は全中学校にサッカー部は設置すべき
協会はこういうところにカネ使えよ
このクラブも来年度から中学生受け入れ始めるから、監督コーチの負担半端ないぞ

 

33 :2016/03/24(木) 23:43:23.19

>>13
激減!県内少年野球(7)サッカー したたか 園児にまで食い込む
http://www.kochinews.co.jp/15gekigen/150707gekigen01.html

 だが、もっと驚いたのは、この夜間教室とは別に、サッカー部は高知県内全域の幼稚・保育園へ無料の出張指導もしていたのだ。希望を募り、高知県協会所有のワゴン車で出向く。ボールやゴール、ビブス(敵味方判別用のベスト)も持参する。これも日本協会の補助があり、学生には日当が出る。

 「子どもの体と脳が刺激を受けるから、発達に相当いいと思いますよ。中には『週1回、月1回、定期的に来てほしい』という園もある。そういう場合は、学生に謝金を払ってもらうんです」と野地監督。

 サッカー部員は教職志望の教育学部生も多い。「学生にとってもいい経験です。教えることの面白さと難しさを肌で知る。教えすぎると型にはまってしまう。個性を生かすのは非常に難しい。教師として、社会人として自立する準備も兼ねているんです」

 教育実習も兼ねたような理にかなった幼児の“囲い込み”戦略だった。

 

32 :2016/03/24(木) 22:48:17.34

とにかくサッカーはクラブにしても部活にしてもチーム数が少な過ぎるんだよ
がんばってチームさえ立ち上げられれば子供達は勝手にどんどん入ってくれる
子供達は本当にサッカー大好きだから

 

37 :2016/03/25(金) 03:35:23.93

チーム増やすのが普及活動の生命線
チーム増やせば選手は勝手に増えるから

JFAはGM養成講座とかやってる暇があったら
サッカー部創部講座かサッカークラブ創設講座を開催した方がずっといいのにねえ

 

40 :2016/03/25(金) 08:18:47.39

理想は各中学校区に1クラブ
最低でも吉良川には1クラブつくりたい

 

41 :2016/03/25(金) 13:03:48.33

室戸と安芸にはサッカークラブあるけど、四万十とか宿毛、土佐清水あたりにはあるのか?

 

42 :2016/03/25(金) 13:20:55.93

>>41
四万十にはあるよ

“高知県”のサッカーチーム一覧
http://www.lala-jsoccer.net/team/list/pr39

中村少年サッカークラブ
高知県 四万十市
http://sports.geocities.jp/nakamura_jsc/

 

43 :2016/03/25(金) 13:29:25.41

>>41
土佐清水にもあった

特定非営利活動法人スポーツクラブ スクラム
高知県土佐清水市清水字笹原谷853-3 市民体育館内クラブハウス

スポーツクラブ スクラムは、スポーツ振興くじ(toto)の助成金と会員のみなさんの会費によって運営される、スポーツ振興と世代間交流、健康促進を目的とした特定非営利活動法人です。
http://www.scrum-2004.net/circle.html#okugai
少年サッカー 清水JFC

 

44 :2016/03/25(金) 13:37:48.42

>>41
宿毛にもあった

宿毛FC
http://www.4riki.com/contents/59/index.php?ref=rss
宿毛FCは2006年3月12日、前宿毛FCと宿毛少年サッカークラブが合併し、多世代総合型サッカークラブとして誕生しました。高知県サッカーリーグ発足当時に設立し歴史のある社会人チームは、2014年3月で活動休止となっていますが、シニアチームは現在独自でチーム運営をしています。宿毛FC少年チームは1980年に発足。練習は、2年生以下が毎週日曜日に、3年生以上は毎週土日に、4年生以上から希望者による水曜日練習を高砂天然芝グラウンドでおこなっています。少年はこれまで全国大会に2回、四国大会に6回出場しています。ホームグラウンドは、少年クラブが整備し教育委員会が管理する高砂天然芝グラウンドを使用。ゲームは総合運動公園に整備した全面天然芝少年サッカー場(補助グラウンド)、陸上競技場ほかを利用しています。

 

47 :2016/03/25(金) 18:13:41.49

西部にはサッカークラブあるんだね
ここから人数増えて女子も増えてくるといいね

 

48 :2016/03/25(金) 19:52:16.60

監督大変そうだけどがんばってほしいね

 

51 :2016/03/25(金) 21:11:14.82

学年別の44人を一人で見るのキツイだろうに
あとコーチ2人ぐらいいないと

 

http://ux.nu/Yb9Ab

未分類

Posted by 管理人