バイエルンのルンメニゲCEO「土曜日の試合(ドルトムント戦)は絶対に負けられないものとなった」【160303】

2017年4月5日

1 :2016/03/03(木) 22:28:29.07

バイエルン・ミュンヘンは2日に行われたブンデスリーガ第24節、マインツとのホームマッチを1-2で落とした。カール=ハインツ・ルンメニゲCEOはボルシア・ドルトムントとの天王山について「絶対に負けられない」と意気込んでいる。

今季初めてアリアンツ・アレーナで黒星を喫したバイエルン。マインツMFハイロ・サンペリオのゴールにより0-1で前半を折り返すと、後半FWアリエン・ロッベンが同点弾を決めたが、終盤にマインツFWジョン・コルドバに勝ち越しゴールを許し、そのまま試合終了の笛を迎えた。

ルンメニゲCEOは試合後、マインツの勝利は「奇跡ではなかった」と述べ、バイエルンの出来が悪かったことを認めた。ドイツ『シュポルト1』のインタビューで以下のように語っている。

「奇跡ではなかったよ。マインツはとても上手いプレーを見せたと思うね。それに対し、我々はあまり上出来だったとは言えないだろう。マインツのプレーを見れば、この結果は不運ではなく妥当な敗戦だったね」

「1-1の後、もう1点決めることを祈っていたが、今日は調子が悪かったのかもしれない。この試合をひっくり返すために必要な努力を見せられなかった。そうなれば、久々にホームマッチを落とすことだってあり得る」

マインツ戦に臨む前、2位ドルトムントとの勝ち点差は8ポイントだった。その差がチームを油断させたのだろうか。

「いや、それはないと思う。8ポイントの差はここしばらくあったもので、今日の問題はそれではない。何人かが土曜日の試合のことを考え過ぎて、今日の試合が簡単だと思っていたのかもしれない。だが、マインツはだてに5位につけているわけではないし、良いシーズンを送っている」

この敗戦で、ドルトムントとの勝ち点差は5に縮まった。5日には、そのドルトムントとの直接対決が控える。敗れればタイトルレースがオープンになってしまうだけに、同CEOは次のように強調した。

「今日、3ポイントを加えていたら、順位表の眺めが我々をよりリラックスさせただろう。だが敗戦したため、土曜日の試合は絶対に負けられないものとなった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00000026-goal-socc

 

2 :2016/03/03(木) 22:32:06.17

面白い展開だよね

 

4 :2016/03/03(木) 22:33:35.17

まさかマインツがやってくれるとは思わなかったで・・・
また年明け前のあの勝ち点5の状況にもどって、
なんとなんと次が直接対決とはww

 

8 :2016/03/03(木) 22:38:13.26

万が一ドルトムントが勝ったら面白くなるな
無理だけど

 

19 :2016/03/03(木) 23:19:30.55

2試合連続での温存はないだろうから
ガチ試合での香川を見れるのは楽しみだ

 

29 :2016/03/04(金) 00:34:23.74

香川が出たら今まで温存してただけ、出なかったらもういらない子。

 

30 :2016/03/04(金) 00:40:55.78

スタメンで標的にされて、ボッコボコに狩られれば
トゥヘル的には完全に見切りを付ける絶好の場ともいえる

 

33 :2016/03/04(金) 01:14:20.63

どこファンとかの前に
バイエルンが勝つと残り試合から言っても
ブンデス自体終戦になるから最悪でも引き分けて欲しいね

 

36 :2016/03/04(金) 01:26:59.01

モチベーション違うし
バイエルンが勝つだろよくて引き分けだな

 

37 :2016/03/04(金) 10:24:45.07

十中八九バイエルンが勝つだろうなぁ
カウンターに徹すれば…

 

http://ux.nu/ZiKBq