ブンデス史上最年少の28歳指揮官が誕生…来季より就任予定が前倒し【160212】

2017年4月5日

1 :2016/02/12(金) 12:00:28.284624

 ホッフェンハイムが11日、ユースチームを率いていたユリアン・ナーゲルスマン監督(28)のトップチーム指揮官への昇格人事を発表した。同チームは10日にフーブ・ステフェンス監督の健康上の理由による辞任を発表していた。

 ナーゲルスマン新監督は1987年7月23日生まれの28歳。昨年10月に来季よりトップチームを率いることが発表になっていたが、予定が前倒しとなった形だ。

 ブンデスリーガ史上最年少指揮官は、クラブ公式サイトで「大きな挑戦であることは分かっている。そして現在のポイント(18チーム中17位)がより困難なものにしている。ただ私は新たにチームに刺激を与えることができると信じ、そして楽しみにしている。心配はありません」とコメントしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-01616416-gekisaka-socc

 

3 :2016/02/12(金) 12:02:36.665654

楽しみだな
かつてユース監督時代にバイエルンが引き抜こうとした監督だ

 

5 :2016/02/12(金) 12:06:50.250730

データだのIT誇ってるけど今のところ効果が出てないんだな

 

7 :2016/02/12(金) 12:13:13.453394

>>5
ユースは結果出てる
ここ数年はバイエルンいる地区リーグで優勝してる
シャルケユースとも張り合う程で最近の世代別はホッフェン出身も何気に多い

 

2 :2016/02/12(金) 12:01:45.082064

28歳の監督?
年上の選手が言う事聞かないだろ

 

9 :2016/02/12(金) 12:26:54.315996

ここは元々若手の育成に重点を置いたチームだったし
28歳でもそこまで問題ないんじゃね

 

13 :2016/02/12(金) 12:29:54.020807

調べたら今のホッフェンは28歳以上が5人しかいない

 

19 :2016/02/12(金) 13:08:22.525765

元選手が監督である必要ないとはいつも思ってる
ずっと監督の勉強だけして、監督やるパターンとかあってもいいと思う

けどやっぱり机上の空論的な感じになったり、選手が従わなかったりするのかな?

 

20 :2016/02/12(金) 13:17:36.039743

>>19
そりゃ結果も残してる方がいいに決まってる
サラリーマンでも職人でもそうだが、経験や結果残してないと簡単には現場は動かんよ
あいつは何かしたのか?みたいなもんだ
デパイがファンペルシーに似た様な事言ってただろ

 

21 :2016/02/12(金) 13:20:05.632302

デパイの方が何もしてないだろ・・

 

22 :2016/02/12(金) 14:05:56.629541

>>19
サッカー理論は勿論カリスマ性が必要だな
ただ若すぎる
アシスタントコーチを3年くらいやってからの方が良い

今回は外部から招聘すると金がかかるからだろうな
妥協の人事だな

 

http://ux.nu/WazP6