なぜスポーツ推薦入学の室屋が在学途中にプロ転向できたのか【160208】

2017年4月5日

1 :2016/02/08(月) 17:05:31.31

 リオ五輪アジア最終予選、イランとの準々決勝の延長前半6分――。右サイドで相手選手と1対1になった室屋成(21)がフェイントを仕掛けて左足から鋭いクロスを放ち、豊川雄太のヘディングゴールを導いたシーンは、今大会における手倉森ジャパンのハイライトのひとつである。

 その室屋が2月6日にFC東京とプロ契約を結び、8日に在学中の明治大で会見を行なった。
 4月から新4年生となる室屋は、明治大体育会サッカー部を退部するものの、大学には籍を置いたまま、大学生Jリーガーとなる。
 大学生Jリーガーとして記憶に新しいのは、長友佑都(元明治大)と武藤嘉紀(元慶應義塾大)だろう。長友は08年に、武藤は14年に、いずれもFC東京と卒業を待たずにプロ契約を結び、レギュラーとして活躍した。
 室屋も彼らと同じように在学中にプロ選手になったが、ふたりとは事情が異なる。
 
 長友は東福岡高から指定校推薦で入学、武藤は慶應義塾高から内部進学だったため、サッカー部と話し合って退部が認められさえすれば、プロに進むことに障害はなかった。ふたりはいずれもその後、大学を卒業している。

 一方、室屋の場合はスポーツ推薦での入学、つまり、4年間、サッカー部で活躍することが前提の入学なのだ。室屋自身も常々「上でやりたい気持ちはありますけど、僕はサッカー推薦なので、話し合ってみないことには、どうなるか分かりません」と語っていた。それでも今回、円満にプロ入りが認められたのは、「大学側の理解が大きい」とサッカー部を率いる栗田大輔監督は説明する。

「スポーツ推薦で入った選手がサッカー部を途中で退部してプロに行くのは初めてのケース。ただし、彼は1年の頃からしっかり単位を取得してきたし、オリンピックは年齢制限があって一生に一度だけ。その大きなステージを経験させてあげたい。それを学長、理事長も含めて大学側に順を追って説明し、ご理解をいただき、プロ入りが実現しました」

 室屋も「監督をはじめ、サッカー部の関係者、大学の関係者のおかげです」と改めて感謝の気持ちを表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160208-00000002-wordleafs-socc

 

7 :2016/02/08(月) 17:14:16.60

大学側もプロに行ってくれた方が宣伝になるしwinwin

 

12 :2016/02/08(月) 17:43:38.87

学校の宣伝はアホ程できた事だし
推薦の役割は十分に果たしたと言えるだろう
逆に金貰っても良いレベル

 

33 :2016/02/09(火) 00:48:28.87

大学としては、大学の宣伝になるからに決まっている。
美談でも何でもないし、驚く事でもない。

 

35 :2016/02/09(火) 00:51:24.01

>>33
他の部では在学中にプロ契約する競技もないし、
少し前まで大学は高卒でプロになれなかった選手の受け皿ってポジションだったからな
今後は増えるかもしれんね

 

37 :2016/02/09(火) 01:00:15.03

>>35
増えるわけなんかない
室屋の場合は五輪があってほぼレギュラーだから特例になっただけ
最初で最後

 

44 :2016/02/09(火) 02:17:55.22

当初はダメだって言われたんだし室屋の退部が認められたのは特例
大学だってリーグ戦があるわけで、4年間居ることを前提としたスポーツ推薦枠で
特に重要戦力になる3年4年時にレギュラーに辞められたら溜まったもんじゃない
大学の監督が理解してくれて動いてくれたお陰
ttp://www.meispo.net/news.php?news_id=9324

 

6 :2016/02/08(月) 17:12:33.87

答えは今年の明治のスポーツ推薦にある
スポーツ推薦15人中3人もFC東京U-18出身
さらにFC東京からコーチも明治大学に派遣している
表立ってはいないけど提携しているようなもんだ
これが他のチームへなら不可能

 

8 :2016/02/08(月) 17:17:31.75

ちなみに例年ならスポーツ推薦は各チームから1人ずつが慣例
それが今年から急にFC東京U-18から3人に
もう東洋大学と大宮アルディージャみたいに正式に提携していると発表したら良いのに

 

17 :2016/02/08(月) 19:01:18.34

まぁでも瓦斯から寄付金と言う名の移籍金は支払われていると思うけどね

 

http://ux.nu/m3Sut