香川真司 スランプに喘いだ昨季からなぜ復活できたのか?本人が語る「アジアカップ後の“変化”」【160113】

2017年4月4日

1 :2016/01/13(水) 21:31:33.37

「地道な努力が今は結果として表われている」

 2015-16シーズンのブンデスリーガ前半戦で大活躍した香川真司。スランプが囁かれた14-15シーズンから、このアタッカーにどんな変化があったのか。ドルトムントの地で、本人に話を訊いた。

──ベスト8で敗れた2015年のアジアカップの後、サッカーへの取り組み方は変わりましたか?

「それまで以上に集中し、確かな目標を持って毎日トレーニングに励む。それが、結果を残すための一歩だと思うようになりました。小さな取り組みの一つひとつが力になって、そうした地道な努力が今は結果として表われている気がします」

──「小さな取り組み」を、具体的に教えてもらえますか?

「チームトレーニング以外のところでの時間の使い方が、上手くなってきたと思います。試合に向けての取り組みも変わりました。例えば、週明けに少しハードなトレーニングをするようになりました。

そして試合が近くなったら、トレーナーと話し合いながらコンディションを整えています。加えて、ストレッチやマッサージも欠かさずやるようになりましたね」

──他には?

「イメージトレーニングもしています。身体のコンディションに限らず、メンタルを良い状態にする作業は大切です」

ドルトムントで「伸び伸びやれている」理由とは?

──どんなイメージを持って試合に臨みますか?

「今季のドルトムントでは、4-3-3システムのインサイドハーフを任されています。3トップをどう活かせば、自分も活きるのか。そのあたりを、マッチアップする相手なども考えながらイメージしています」

──そのイメージを実践するために心掛けていることは?

「例えば、(CBのマッツ・)フンメルスからショートパスをもらった後の展開です。後ろからの組み立てを想定して、ロングボールの練習に時間を割く時もありますね。

 それから、ファイナルサードでボールを受けた際のプレーも重要。僕はスピードに乗った状態でボールをもらうことが多いので、そこからシュートにどう持ち込むか、パスならどこに出すかを考えながらやっています。試合のなかでそれらを判断できるようになってきたのは、練習の賜物です」

──そうしたトレーニングは全体練習の後にやるんですか?

「はい。ドイツでは自主トレを禁止する監督も少なくないですが、トゥヘル監督は違います」

──選手の自主性を尊重してくれる方針が良かったというわけですね。

「すごく嬉しいです。全体練習後の自主トレで試合に向けてイメージを掴む作業は、とても大きな意味を持っていますから。スキルアップにもつながるし、伸び伸びやれる環境にいるなと実感しています」

香川の不安を払拭してくれたのは…

──ここまで素晴らしい活躍を見せていますが、シーズンインした当初(15年7月)、クロップからトゥヘルに監督が代わって不安はありませんでしたか?

「ありましたよ。クロップ監督の時と同じサッカーをやり続けるのかという不安が。チームに変化が必要なタイミングだったので」

──確かに、14-15シーズンのドルトムントには停滞感が漂っている印象もありました。トゥヘル監督がクロップと同じようなサッカーを標榜すれば、チームとして成長できなかった可能性はありました。

「ところが、そんなことはなかった。もちろん、攻守の素早い切り替えは以前と変わらず求められます。でも、それは近代サッカーの基本でもあり、ゲーゲンプレッシング(ゲーゲンはドイツ語でカウンターの意)もそうです。トゥヘル監督の下では、そのうえでポゼッションにもこだわり、コンビネーションを高めるサッカーになりました」

──戸惑いはありませんでしたか?

「トゥヘル監督の求めるものは、チームにすぐ浸透しました。練習やミーティングで、何度も言われていますからね。監督は明確に意図を伝えてくれるので、僕たち選手も楽しくプレーできています」

取材・文:ミムラ・ユウスケ(フリーライター)

SOCCER DIGEST Web 1月13日(水)17時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160113-00010006-sdigestw-socc

 

5 :2016/01/13(水) 21:38:08.30

アジアカップで負けて日本代表では露骨にサボるようになったね
本当に動かない選手

 

40 :2016/01/14(木) 08:15:51.54

>>5
いいよ、今のフル代表に魅力ないし。

 

10 :2016/01/13(水) 21:50:22.09

職業人としては給料でてるクラブ優先なんだろうに
ボランティアで参加してるにすぎない代表の方が比重重くなるのってなんでだろうな

 

15 :2016/01/13(水) 22:04:29.83

ドルトムントの優秀なメンバーが介護してくれているだけ
代表では対人が弱くてカンボジアにも通用しない

 

26 :2016/01/13(水) 22:42:57.55

でも1対1に異常に弱くなったのは改善されてないから日本代表じゃ使えないよね

 

28 :2016/01/13(水) 22:55:11.67

>>26
試合見てないのか?
サイドなんかで1対1なら普通に仕掛けてクロスまで持っていけてるし
中央でも前を向いて持ったときはドリブルを意識させてパスを出したり色々やってるぞ
まぁ無意味なレッテルを貼りたいだけのksに言うだけ無駄か

 

18 :2016/01/13(水) 22:09:57.92

丹羽大輝が香川の復調アドバイス 散歩中に悩み相談

G大阪の日本代表DF丹羽大輝(29)がMF香川の復調の秘密を明かした。
イラン遠征から帰国し、チームに合流。今回代表で2番目の年長者だった29歳のDFは、8日のアフガニスタン戦前の散歩で香川から相談を持ちかけられたという。
「代表とクラブでは、プレッシャーが違うと悩んでいた。特に試合の入り方での精神の持ち方をアドバイスした」。
結果、香川は前後半の開始10分以内に1得点ずつを挙げた。「試合が終わった後『ありがとう』と言われました。決めるべき選手が決めたから、チームが乗れた」と、笑顔だった。
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1536279.html

 

31 :2016/01/13(水) 23:22:19.09

まさかニワールドが効果を発揮するとは。

 

3 :2016/01/13(水) 21:36:24.44

しかし、昔のドルトムントのようにはできないって言ってたけど
どういう事かな?

 

20 :2016/01/13(水) 22:11:22.42

>>3
同じやり方では通用しないってことだろ。
単純に高い位置からハードプレスしてるだけじゃ、逆に相手に引かれて
プレスで動いたスペースを突かれてアッサリやられてしまうところとか

 

8 :2016/01/13(水) 21:42:56.57

香川って平気な顔でこういう発言するんだよ
悪気はないんだろうけど
クロップかるくディスってるけど
もっと柔らかい言い方できないのかな

 

29 :2016/01/13(水) 23:05:45.36

>>8
頭悪いからね、仕方ないよ

 

11 :2016/01/13(水) 21:51:38.88

クロップは自分に限界感じてクラブの為にトゥヘルを選んで退いたんだよね
モイーズに引き継いだファギーの100倍有能だよなぁ

 

25 :2016/01/13(水) 22:17:19.79

香川にとって監督変わってよかったな

 

9 :2016/01/13(水) 21:45:07.40

もとからやっとけたこすけ

 

24 :2016/01/13(水) 22:14:59.60

むしろ今まで何もしてこなかっただけでは

 

27 :2016/01/13(水) 22:49:31.50

今の香川はどこにでもいる、パスプレイヤーの一人だからなあ。
ドイツ初期のころのほうが、断然よかった。

 

41 :2016/01/14(木) 08:43:58.12

>>27
どこにでもいないよ
香川みたいなパスセンスとテクニック持ってる選手は

 

33 :2016/01/13(水) 23:28:32.51

原動力はうどんです

 

http://ux.nu/BOFfX