ドルトムント開幕5連勝、香川真司が語る2つの攻撃パターン【150922】

2017年4月3日

1 :2015/09/22(火) 16:14:19.67

 ドルトムントが好調を維持している。レバークーゼン(昨季4位)を3-0で破り、公式戦11連勝、ブンデスでは開幕から5連勝。11連勝には香川真司が「数に入れていない」と言うヨーロッパリーグ(EL)3回戦とプレーオフ、ドイツ杯1回戦が含まれている。だがリーグ戦の5連勝はそれなりに誇れる数字だ。

 例えば、ドルトムントが2連覇を果たした最初の2010‐11シーズンは、開幕戦でレバークーゼンに敗れている(その後、7連勝を遂げた)。続く11‐12シーズンは、第2節でホッフェンハイムに敗れている。最終的にバイエルンを圧倒的に引き離したように見えたシーズンも、開幕5試合を見ると2勝2敗1分と、出だしには苦しんでいた。クロップ前監督が率いて3シーズン目と4シーズン目の話である。

 今季はメンバーの大幅な入れ替えはなかったとはいえ、監督を交代して迎えたシーズンだ。しかもクロップはクラブ躍進の象徴であり、シンプルに人気者でもあった。顔と言えるその存在を失って迎えた今季の好調ぶりは、あらためて評価に値するはずだ。

 好調の理由を分析すると、既存の選手だけでなく、新加入選手がうまくフィットしているというのが最大の特徴だろう。新加入でスタメンをつかんだのはGKビュルキとボランチのヴァイグル。彼らがストライカーのような個の力でどうにかするポジションではなく、連係が重要なポジションでフィットしていることに意味がある。

 また、すでにシーズンが始まり、移籍市場が閉じる間際に獲得されたヤヌザイ、パク・チュホらも、トゥヘル監督はELなどで機を見て先発起用している。

 昨季までの「プレッシングサッカー」という前提は残しつつ、少し違うサッカーを見せることにも成功している。

 レバークーゼン戦でも4-3-3のシステムで、「中盤で主導権を握ろうとするサッカー」を見せた。当然、相手はそれをわかったうえでプレスをかけてくる。すると、「カウンター」との使い分けが効いてくるのだ。

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150922-00010003-sportiva-socc

 

5 :2015/09/22(火) 16:24:58.95

バイタル閉じられたらFWが裏一発を狙い。裏一発が警戒されたら、
バイタルにMFが突っ込んで崩す。まあ、合理的。ポストプレートか不要。

 

9 :2015/09/22(火) 16:30:53.84

2010-2012 CFとトップ下がポストでストライカー、サイドはMF
2012-2014 ポストはCFだけでサイドとトップ下はストライカー色が強くなる
2014-2015 ポストのCFいない状態で前半はgdgd、後半からトップ下香川のポストが効く様になった
2015-現在 フォーメーションの流動性を加えて連勝中

 

2 :2015/09/22(火) 16:18:13.76

昨季クロップドルトムントを苦しめた各クラブのドン引きGプレス封じは
攻略できたって事なの?

 

6 :2015/09/22(火) 16:26:48.64

>>2
蓋を開けてみれば案外簡単だった

「大外へのクロス」

今期のドルはこれが猛威を振るってる

 

12 :2015/09/22(火) 16:39:41.26

>>6
ヴァイグルのお陰か

 

15 :2015/09/22(火) 16:42:59.89

>>12
ヴァイグル効果は、むしろ守備というか失点の減少じゃないかな
ヴァイグル君のアホみたいなパス成功率のおかげで、
パスカットからのカウンター食らう場面が激減してる

大外クロスは今のところ超うまくいってるけど、
それをやるために今は両SBを上げる場面が目立つ
要するにサイドがら空き

ここを徹底的に狙われ始めるとどうなるかなーと思う

 

22 :2015/09/22(火) 16:53:10.91

>>15
そこを狙うと言う事はドン引きじゃなくなると言う事だからレバクみたいにボコボコニされそう
バイエルンレベルのチームなら別だけど

 

25 :2015/09/22(火) 16:59:22.60

>>15
右のギンターが上がった裏を狙われるケースはもう出てきてるけど
ソクラティスが好調なんで事なきを得てる感がある。おかげで
ヴァイグルも真ん中から右のケアに集中できてる。
このバランスが崩れたらどうなるだろうなぁ。

あとシュメルツァーが怪我してチュホに変わったりしたら左はいよいよ
フリーウェイ状態になるだろうし。

 

28 :2015/09/22(火) 17:08:20.06

>>15
パスのうまさに加えて危機察知とフォローが的確だとレバク戦みて思った
前半は特にギンターの守備範囲へのフォローが素晴らしかった

 

7 :2015/09/22(火) 16:27:45.95

普通にバイエルンも5連勝なんだな

 

14 :2015/09/22(火) 16:41:58.91

次節バイエルンがヴォルフスブルグ戦だから注目だな

 

27 :2015/09/22(火) 17:05:45.51

この前のバイエルンのゲーム観たけどやっぱり迫力が違う
遠目からもズドンと決める力もあるし、フィジカルにも長けている
キープ力も高いし、やっぱり今までの対戦相手とは数段違うね

間違いなくドルの中盤も自由さはかなり制限され、サイドは押し込まれて上がれないかもね
上がったらカウンターで裏のスペース思いっきり突かれそう

恐さしかないんだが、ドルがそれを感じずに戦えたら良いゲームになりそう
恐いけど楽しみだよ

 

30 :2015/09/22(火) 17:10:56.57

>>27
レバ・ミュラー・コスタ・ビダルだもんな
どんな形でも得点狙えるメンツだし厄介だわ

 

38 :2015/09/22(火) 18:02:26.60

>>30
正直その4人からしたらドルの攻撃陣4人は1段階レベルが落ちるよな。
ロイスは0.5落ちる感じ。他3人は1~1.5段階落ちる。
薬屋とバイヤンだと違いすぎる。
鍵はヴァイグルとギュンだと思う。あとはDFがどんだけ頑張るか。

 

40 :2015/09/22(火) 18:29:26.39

>>38
ギュンヴァイグルが完調なら十分渡り合えるだろうが
疲れ残した状態だと一気にやられそうだ
香川も守備に回る機会が増えそう

 

http://ux.nu/F0bTK