G大阪ACL4強、“救世主”米倉の軌跡…攻撃的MFからSBへのコンバートが広げた未知数の可能性【150917】

2017年4月3日

1 :2015/09/17(木) 22:03:02.86

サッカー人生のターニングポイントを迎えた2013年

 開幕ダッシュに失敗した上に、主力選手が故障で離脱する。チームを襲った緊急事態が自らのサッカー人生のターニングポイントとなるとは、当時の米倉にとっては夢にも思わなかったはずだ。

 2013年3月31日。ホームにギラヴァンツ北九州を迎えたJ2第6節。11位に甘んじていたジェフユナイテッド千葉は、右サイドバックとして開幕から5試合連続で先発フル出場してきた高橋峻希(現ヴィッセル神戸)を故障で欠いて臨むことになった。

 果たして、代役は誰になるのか。鈴木淳監督(当時)が指名したのは、それまでサイドハーフとして同じく5試合連続で先発してきた米倉だった。

「僕がひとつ下がって、という感じだったんですけど」

 練習では何度か経験があったものの、実戦では文字通りのぶっつけ本番となる。求められる仕事も、目に映る光景も、サイドハーフとサイドバックとではすべてが異なる。

 青天の霹靂だったのでは、という質問をぶつけたことがある。米倉は「そうですね」と苦笑いを浮かべながら、2年半前に抱いた偽らざる本音を打ち明けてくれた。

「そのときは背番号も『11』だったので、『11』番でサイドバックって何なんやという感じでしたけど…」

 もっとも、実際にキックオフを迎えればボヤくことも、泣きごとを言うことも許されない。守備で体を張った上で、自身のストロングポイントを前面に押し出していくしかない。

 いい意味で開き直り、闘うことができるのが米倉の最大の武器といっていい。6ゴールを奪って快勝したギラヴァンツ戦。積極果敢なオーバーラップから放つクロスで、開始4分の先制弾につながるチャンスを演出し、後半終了間際のMFジャイールのダメ押弾をアシストしたのは米倉だった。

 マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍とともに、米倉は右サイドバックとして完全に定着。けがから復帰した高橋は左サイドバックに回っている。

ジェフ千葉での活躍に熱視線を送ったG大阪

 不慣れなポジションながら、このシーズンでマークしたゴールは「6」を、アシストに至っては「13」を数えた。千葉の強豪・八千代高校からジェフに加入して7シーズン目にして、米倉は自らの体に脈打つ新たな可能性に気がついたという。

「やってみたら、これが楽しいんですよ。自分の攻撃力が意外と生きるし、守備の持ち味でもあった1対1の強さというものも出せる。試合を重ねていったなかで、サイドバックとしてもっと、もっと上を目指したいという気持ちになったんです」

 そして、サイドバックとして覚醒していく米倉を、同じJ2の舞台で目の当たりにしていたのがガンバだった。

 当時のガンバはトラウマと懸案事項を抱えていた。まさかのJ2降格を喫した2012年シーズン。不動の右サイドバック加地亮(現ファジアーノ岡山)が故障を繰り返し、わずか16試合の出場に終わったことで、攻守両面で右サイドが機能不全に陥っていた。

 加地の後継者となる人材を、急いで探さなければならない。さらに、加地自身は現役生活を海外リーグへの挑戦で終えたい希望を抱いていた。

「オファーがきたときには甘えさせてほしい」

 実際に契約更改の席でフロントにこう要望して、梶居勝志強化本部長も長くチームに貢献してきたベテランの意思を尊重する方針を固めていた。

 そうした状況下で、ジェフで米倉が右サイドバックにコンバートされた。0対3の完敗を喫した7月7日の直接対決では、前半12分に鮮やかな先制ゴールも決められている。

 梶居強化本部長は、2014年シーズンへ向けた補強リストの筆頭に米倉の名前を書き記すことを決めた。

「実は以前から、米倉のことは注目していました。2013年シーズンの途中から右サイドバックにコンバートされたことで、鍛えれば十分にいけるという考えのもとで、常にプレーをチェックしてきたんです」

続きは↓の記事から
http://www.footballchannel.jp/2015/09/17/post108664/2/

 

2 :2015/09/17(木) 22:05:07.67

犬サポさんたちも誇らしかろう

 

3 :2015/09/17(木) 22:07:03.55

八千代市民の俺としては感慨深い

 

18 :2015/09/17(木) 22:28:50.54

しかし八千代の時は典型的な10番タイプだったのによく変われたな…

 

21 :2015/09/17(木) 22:32:39.35

千葉なのはな最強世代だね
最後に鹿島JYに負けた試合見に行ったけど米倉は全く記憶に無い

 

33 :2015/09/17(木) 22:57:51.12

米倉と山崎とあと誰だっけか?

 

37 :2015/09/17(木) 23:25:42.91

八千代時代は地蔵っぽい印象で
山崎の方がプロでは通用しそうって思ってた

 

39 :2015/09/17(木) 23:35:25.11

別に千葉県民でも八千代のファンでも無いのに
なぜか選手権の時の記憶がある
大雨でたしか準決勝だったと思うが試合終了間際のCKでGKのポロリで負けたような…
米倉と山崎のチームだった

 

41 :2015/09/18(金) 08:46:31.88

ああ9年前の選手権八千代がベスト4行った時のメンバーか
当時の高3がもう27か・・・時が経つのははえーな

 

6 :2015/09/17(木) 22:10:44.60

確かにジェフでコンバートされた時の米倉めっちゃ凄かったもんな
点もアシストも取りまくった

 

8 :2015/09/17(木) 22:14:00.32

もうちょい若かったらなあ・・

 

14 :2015/09/17(木) 22:24:03.74

>>8
ジェフが監禁してなけりゃ代表入りも早かったかも

 

26 :2015/09/17(木) 22:41:21.71

>>14
監禁て…
米倉の芽の出なさっぷり見てたらそんなこと言えんわ
一時期FWとしてレギュラー掴みかけたときとかに怪我してそのままスタメン落ちしたりするし
サイドハーフとしては今ひとつといったところだったしな
たまたまのSBコンバートがなけりゃ今でも千葉にいただろうよ

 

29 :2015/09/17(木) 22:46:32.72

ジェフサポだった母との約束だったJ1昇格を見捨ててまでガンバ選んだから
失敗できないプレッシャーはあったろうな

 

7 :2015/09/17(木) 22:12:34.22

コケないで蹴り込んだのが素晴らしい
宇佐美とか大久保だとかだったらPK取りに行ってた

 

http://ux.nu/vPv9j