本田&酒井宏の右サイド2人攻略計画【150907】

2017年5月7日

1 :2015/09/07(月) 16:41:58.55

 9月3日に行なわれたカンボジアとの一戦で、前半の攻撃の中心となったのが右サイドだった。

 試合序盤のように、本田圭佑の外側を酒井宏樹がオーバーラップしてクロスをあげるようなシーンもあれば、本田が開き気味のポジションをとると、その内側を酒井宏がかけあがってパスを受けたり、相手ディフェンスを引きつけるようなシーンもあった。

 オーソドックスにサイドのMFが持って、その外側をサイドバックが淡々と追い抜いていくばかりではない。果たして、そこにはどんな狙いがあったのだろうか。試合後に酒井宏に話を聞くと、本田との間で明確な意図をもって試合に臨んでいたことが明らかになった。

 「圭佑くんと“2対2の崩し”をしたいという話をしていたんです」

 この日の狙いについて問われると酒井宏はそう切り出した。
「『俺を頼りすぎ!』と言われましたけど(笑)」

 しかし、この試合でのサイドを崩していくプレーについて、十分に満足はしていない。

 「前半の最初のほうはシンプルに、僕が圭佑くんの外側を越えていくようなプレーが通用したので、それをやりました。ただ、途中から相手にそういう形をケアされ始めてからは、圭佑くんとの間で簡単にワンツーをするだけではなくて、そこで1回引いて、ちょっと時間を置いてから再び崩すようなプレーもしていったり、色々と試してみました。

 圭佑くんから『俺を頼り過ぎ! 』と言われましたけど(笑)、彼はボールを持てる選手ですし、アイデアが豊富な選手なので一緒にやっていてやりやすいですし、勉強することも多いですね」

 サイドバックとサイドハーフとの間のコミュニケーションについて、酒井宏はこう話す。

 「サイドバックからサイドハーフの選手に対して何かを要求するのは、守備のときくらいです。逆に攻撃のときにはむしろ、サイドハーフが動いてほしいところに、しっかり動くのがサイドバックだと思いますね」
2人は以前から、攻撃に「狙い」を作ってきた。

 この2人は以前から、事前に入念にコミュニケーションをとってから試合に臨むことがよくある。例えば、ブラジルW杯後の初めての代表戦となった’14年9月5日のウルグアイ戦でもそうだった。

 本田は基本的に外に張り出していたが、右のセンターバックである吉田麻也がボールを持ちあがると中に入っていき、それに合わせて酒井宏が縦に出ていく関係を構築していた。

 当時チームを率いていたのはハビエル・アギーレ監督であり、サイドハーフのポジションもビルドアップの形も現在とは異なるのだが、試合後に酒井宏が「圭佑くんが中に入っていくタイミングと、オレが外から上がっていくタイミングというのがすごく上手くいっていたんです」と話していた。

 結果的には酒井宏のクリアミスから失点を招いてしまい、そのことばかりがクローズアップされることになったが、2人の間ではいつも狙いがあったのだ。

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150907-00824103-number-socc

 

2 :2015/09/07(月) 16:45:00.94

ゴリじゃむり

 

5 :2015/09/07(月) 16:47:54.69

内田やゴウトクのほうが本田とは合ってる

 

3 :2015/09/07(月) 16:45:09.68

↓内田が一言

 

4 :2015/09/07(月) 16:45:39.85

酒井は上がりすごいけど
クロスがひどいよな

本田はなんかまたパス出しがモッサリしてきてる気がして
案外うまくゴリとからめてない気が
その上左足だしなぁ

 

8 :2015/09/07(月) 17:01:38.29

まあ正直見直したというか、カンボジア戦は良かった。
相手がサンドバック状態で好き放題上がれたからだろうけど

 

9 :2015/09/07(月) 17:04:49.95

ゴリに出すか、本田が切り返してクロスあげるかって2パターンでしつこく攻めてたから
相手が守りやすそうだったな
それよりサイド変えたり振り分けないとな
長谷部が奴隷のように本田にだけパス出してるのみてあきれたわ
展開力なさすぎる

 

14 :2015/09/07(月) 17:20:28.94

>>9
長友不調なのに武藤がゴール前貼りつきっぱなしだからしょうがないじゃん

 

23 :2015/09/07(月) 17:42:12.08

>>9
やべっちFCでのゴン「長谷部のアーリークロス、長谷部からの縦パス、本田のミドル」

 

7 :2015/09/07(月) 16:59:52.17

本田はゴリがお気に入り

 

16 :2015/09/07(月) 17:23:44.92

本田も内田の時は何度上がっても無視してボール出さなかったのにゴリには出すんだなw
内田のほうがうまいとばれたらヤバイからか?

 

34 :2015/09/07(月) 18:21:36.48

>>16
内田が上がると相手が釣られて本田のマークが外れるから本田が攻撃できるんだよ
ゴリじゃカンボジア相手でさえマークが外れないから、結局本田が相手を釣って
ゴリがどフリーでクロス上げられるんだよ
そんな事も分からないならサッカー見るのやめとけ

 

33 :2015/09/07(月) 18:21:06.15

ここの住人は元柏コンビのレアンドロと酒井の右サイドでの絶妙のコンビを見たことがないのか、
記憶に残っとらんのか知らんが、評価するご仁がおらんのお。
レアンドロあっての酒井という関係ではあったが、
使いようによっては酒井が一番力を発揮してた時期だと思ってるんだがなあ。
あまり評価する奴がおらんようだな、残念ながら。

 

35 :2015/09/07(月) 18:22:45.21

>>33
ゴリなんてレドミありき

 

44 :2015/09/07(月) 18:45:06.69

>>33
おまえこそ見てないだろ
酒井は、レドミが絶妙なタイミングで返してくれるワンツーを
ダイレクトで蹴るパターンしかできなかったぞ

酒井はボール持ってもロクにドリブルもできずにレドミにワンツーで助けを求めるだけ
それを優しく絶妙なタイミングで返してくれるリーグMVPのレドミ
あんなもんはコンビとは言わん。先生と生徒だ

 

40 :2015/09/07(月) 18:39:53.40

>>33
あの頃の柏と酒井は輝いていたけれど、所詮はリーグ限定なんだよ。
アジアレベルじゃ最初から引いてゴール前をガチガチに固めてるから
酒井持ち味の低くて早いクロスを入れるスペースがそもそも無いし、
じゃあ高い方で合わせようとしても酒井と前線のクオリティの問題でアジア相手ですら機能しない。
格上相手になると今度は酒井の戻りの遅さ、対人守備の弱さがネックになってそもそも上がれない。
ボランチや前線(SH、FW、トップ下)との連携の精度もあるだろうけど、
結局のところ酒井自身がずっと帯に短し襷に長しの状態なんだよなぁ。

 

41 :2015/09/07(月) 18:40:41.55

>>33
ゴリは低めで速いのが蹴れるってだけで精度はカス
現に、あいつのクロスからの得点は年に1回あるか

 

43 :2015/09/07(月) 18:44:56.51

ゴリラーズが戯れてると見せかけて
うどんが左からライン深くへ走ってもらいにくるプレーはなんか良かったな。
スレ違いだけど。

がんばれゴリラーズ!

 

56 :2015/09/07(月) 19:23:02.21

本田 ドンキーコング
長友 ディディーコング
酒井 ディンキーコング

 

63 :2015/09/07(月) 20:26:26.75

印象だけで語るやつ多すぎだろ
カンボジア戦に関してはゴリのクロスから得点チャンスが3回はあった
香川はゴール外、武藤はまともにシュートできずだったけどな
ブンデスで試合に出られないゴートクは論外

 

36 :2015/09/07(月) 18:29:00.06

ゴリちゃんは上がってクロス上げたら仕事した~っていう充実感で完結しちゃう感じがなぁ

 

69 :2015/09/08(火) 00:15:14.98

右はいざとなればベハセがいるからいいんじゃね。
ゴリボーイにもがんばって欲しいけどな!

 

70 :2015/09/08(火) 01:46:04.08

酒井評価してんのなんて柏サポだけだろ
頭が悪すぎてSB向いてないよ

 

72 :2015/09/08(火) 06:03:23.53

>>69>>70
それ、それ~もう長谷部でいいやw
右サイドバックは碌なのがいねーから諦めて長谷部に代わるボランチ探した方が早そう

 

71 :2015/09/08(火) 06:01:07.61

SBは一番頭使わないポジションだよ
内田が異質なだけ

 

http://ux.nu/ZZlzq